FC2ブログ
マンドレイクの植え換え作業をスプラウト先生は1人ですんなりとやってしまいました。それに対してハリーを含めた2年生たちは4人がかりでやったのに苦心惨憺させられる事になりました。ところがさらに厄介な作業をする事になったのです。それは天候のせいでした。でもその苦労が報われて・・・(全3項目)

3-1.誰にも任せられない
こうして2年生になって最初の授業すなわち「薬草学」で初めて3号温室に足を踏み入れマンドレイクの植え換え作業をやったハリーだったのですが学期が始まる以前つまりは夏休み中から1つの懸念材料を抱えていたんですよね。

それは12才の誕生日に屋敷しもべ妖精のドビーがハリーの部屋にやって来て今学期ホグワーツにはそれはとても恐ろしい罠が仕掛けられているのでハリーは絶対に学校に戻ってはいけないとそう警告をされてしまったんですよね。

最初の事件は10月31日ハロウィンに起きました。何とハリーにロンとハーマイオニーが第1発見者になってしまいました。それはグリフィンドール塔付きのゴースト「ほとんど首なしニック」の「絶命日パーティ」の帰りでした。

石のように固まって松明の腕木に尻尾を絡ませてぶら下がっている管理人フィルチの飼い猫ミセス・ノリスを見つけたのです。ところがその犯人がハリーなのではと学校中から疑いの目を向けられる事になってしまったのでした。

きっかけはギルデロイ・ロックハートの主宰で行われた「決闘クラブ」でした。そこでハリーが蛇語を操る事が明らかになりハリーがスリザリンの継承者なのではとそう恐れられる事になったのでした。ところがその翌日でした。

ハリーはジャスティン・フィンチ・フレッチリーがドラコ・マルフォイが作り出した蛇に襲われそうになっているのを助けました。その際ハリーは蛇語を話しました。明日「薬草学」の授業があるからその時に説明をすればいい。

そう思っていたらクリスマス休暇前最後の「薬草学」の授業は休講になってしまいました。前夜降り出した雪が大吹雪になってスプラウト先生はマンドレイクに靴下を履かせマフラーを巻く作業をしなければならなくなりました。

厄介な作業なので他の誰にも任せられないのだそうです。特に今はミセス・ノリスにコリン・クリービーを蘇生させるためマンドレイクが一刻も早く育ってくれる事が重要でした。そしてその日新たな犠牲者が出てしまいました。

ジャスティン・フィンチ・フレッチリーに「ほとんど首なしニック」の2人でした。ハリーは再び第1発見者になりました。そのためその場に駆けつけたアーニー・マクミランからは「現行犯だ!」と言われてしまったのでした。

3-2.順調に成長
ハリーがスリザリンの継承者で一連の襲撃事件の犯人であるはずがない。ロンにハーマイオニーさらにはフレッドにジョージを含めたクィディッチのグリフィンドール・チームの面々はそう確信をしていました。その理由とは?

それはハリーには確固たるアリバイがあったからです。ハリーは対スリザリン戦で右腕を骨折した挙句にロックハートに骨抜きにされてしまい骨を再生させるために病棟に入院していました。その最中に新たな犠牲者が出ました。

それがコリン・クリービーでした。そこでハリーたち3人が疑いの目を向けたのがドラコ・マルフォイというわけです。そこでハーマイオニーの発案で他人の姿に変身する事ができるというポリジュース薬を創る事にしたのです。

スリザリンの談話室では今まさにマルフォイが実は自分だと自慢話の真っ最中かもしれない。それをスリザリンの誰かに成り済まして聞き届けようというわけです。しかしその結果マルフォイは犯人ではない事が確認されました。

ハリーとロンがマルフォイの腰巾着クラッブとゴイルになって目論見通りスリザリンの談話室に潜入して本人の口から継承者が誰なのか知っていたら手伝ってやれるのにと言うのを聞いたからです。ロンはとても落胆をしました。

一方ハーマイオニーはポリジュース薬に入れた毛が成り済まそうとしたミリセント・ブルストロードの飼い猫の毛だったようで今度はハーマイオニーがしかもハリーは翌日の朝に退院したのに長期間の入院になってしまいました。

その期間中にハリーはゴースト「嘆きのマートル」のいるトイレで50年前の日記を拾いました。そして2月の初めにはようやく姿形が元に戻ってハーマイオニーが退院しました。城の中には僅かに明るいムードが漂い始めました。

ジャスティンと「ほとんど首なしニック」が襲われてから事件がばったりと起きなくなったからです。そんな時にマンドレイクが情緒不安定で隠し事をするようになった。急速に思春期に入る所だとの情報が入って来たのでした。

「にきびがきれいになくなったらすぐ二度目の植え換えの時期ですからね。その後は刈り取ってとろ火で煮るまでもうそんなに時間はかかりません。ミセス・ノリスはもうすぐ戻って来ますよ」

ある日の午後マダム・ポンフリーがフィルチに優しくこう言っているのをハリーは聞きました。そして3月になると3号温室でマンドレイクが何本か乱痴気パーティを繰り広げたそうです。スプラウト先生はこれで大満足でした。

「マンドレイクがお互いの植木鉢に入り込もうとしたら完全に成熟したという事です。そうなれば医務室にいるあの可哀想な人たちを蘇生させる事ができますよ」

スプラウト先生がハリーにこう言ったのでした。

3-3.回復
一旦途切れていた襲撃事件はまたしても起きる事となりました。犠牲者になったのはレイブンクローの監督生のペネロピー・クリアウォーターと何とハーマイオニーでした。しかしそれが事件の真相を明らかにしてくれたのです。

「秘密の部屋」の怪物は毒蛇の王バジリスクだった。そしてそれをジニーを介して操っていたのはハリーが「嘆きのマートル」のトイレで拾った50年前の日記から出て来たトム・リドルこと後のヴォルデモート卿だったのでした。

途切れていた事件が再び起きてダンブルドア校長は停職に追い込まれました。そしてホグワーツが廃校するのかと思われたその時ハリーとロンが「秘密の部屋」に飛び込んでハリーがバジリスクとトム・リドルをやっつけました。

「秘密の部屋」を開かせ一連の襲撃事件が起きるようジニーの教科書の中にリドルの日記を忍び込ませダンブルドア校長の失脚を目論んだのはドラコ・マルフォイの父親のルシウス氏でした。ルシウス氏は理事の座を失いました。

ハリーとロンのお陰でホグワーツは廃校を免れたのでダンブルドアは2人に特別功労賞を贈り1人につきグリフィンドールに何と「200点」ものボーナス点を与えました。そしてその場でダンブルドアはこう言ったというわけです。

「マダム・ポンフリーはまだ起きておる。マンドレイクのジュースをみんなに飲ませた所でな。きっとバジリスクの犠牲者たちが今にも目を覚ますじゃろう」

ロンが「じゃハーマイオニーは大丈夫なんだ!」とうれしそうに言うとダンブルドアは「回復不能の障害は何もなかった」と答えました。こうして3号温室で育てられていたマンドレイクで全ての犠牲者が回復をしたんですよね。

スプラウト先生が1人でマンドレイクに靴下を履かせマフラーを巻くという厄介な作業をする苦労がこれで報われたというわけなんですよね。

今日の最後に
「にきびがきれいになくなったらすぐ二度目の植え換えの時期ですからね」マダム・ポンフリーはフィルチにこう言ってミセス・ノリスはもうすぐ戻って来ると言っています。ハリーたち2年生が植え換えたのは苗の時でしたね。

ハリーを含めた2年生が二度目の植え換えをしたという記述は出て来ないのでおそらくそれは上級生がやったんでしょうね。何せハリーたち2年生はマンドレイクがまだ苗で根っこの部分が赤ん坊でもひどく苦労されられました。

成長したマンドレイクの植え換え作業は6年生か7年生がやったんでしょうか?相当に大変な作業だと容易に想像できますからね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2033-0641d51c