FC2ブログ
ハリーたちが5年生になると魔法省の上級次官ドローレス・アンブリッジが「闇の魔術に対する防衛術」の教師としてホグワーツにやって来ました。魔法省は日に日に被害妄想になりホグワーツの生徒に闘う訓練をさせないようにしている。そこでハーマイオニーはこの科目を自習する事にして・・・(全3項目)

3-1.ホッグズ・ヘッドにて
事の始まりはハリー4年生の学期末です。三大魔法学校対抗試合の最終課題が行われた日にヴォルデモート卿が復活しました。優勝杯は「移動キー」でした。ハリーとセドリック・ディゴリーは見知らぬ所に連れて行かれました。

セドリックは殺害されそしてハリーはヴォルデモートの復活を見届けた後セドリックの亡骸と共に命からがらホグワーツに戻って来ました。しかし魔法大臣コーネリウス・ファッジはその事実を受け入れようとはしませんでした。

ハリーたちが5年生になると魔法省からドローレス・アンブリッジという上級次官が派遣されて「闇の魔術に対する防衛術」の教師になりました。アンブリッジは僕たちに魔法を使わせずつまらない教科書を読ませているだけだ。

ハリーとロンがこう言うとシリウスは「それで辻褄が合う」と言いました。何でも魔法省内部からの情報によればファッジは君たちつまりはホグワーツの生徒に闘う訓練をさせたくないのだそうです。一体いかなる理由なのか?

それはダンブルドアが私設軍団を組織して魔法省と抗争するつもりだとそう考えているからなんだそうです。ファッジは「ダンブルドアは権力を握るためにはあらゆる手段を取る」と考え日に日に被害妄想になっているそうです。

アンブリッジがホグワーツにいて「闇の魔術に対する防衛術」の教職に留まっている限り私たちはこの科目の勉強をちゃんとする事など到底望めない。そこでハーマイオニーはこの科目を自習しようと言い出したというわけです。

そして何とハリーが教えるべきだとも言い出したのです。そこで10月最初の週末はホグズミード行きが許可されているので関心がある人は集まって討論をしてみたらどうかしらとハーマイオニーはハリーに言ったというわけです。

討論の場にハーマイオニーが選んだのは「ホッグズ・ヘッド」でした。そこにはハリーたち3人の他には総勢25人もの生徒が押し寄せました。そこにはハンナ・アボットにジャスティン・フィンチ・フレッチリーと共に・・・

アーニー・マクミランもやって来たのでした。

3-2.満を持して?
会合はまずハーマイオニーの演説で幕を開けました。あの授業は誰が見ても「闇の魔術に対する防衛術」とは言えない。そこで自分たちで自主的にやってはどうかと考えました。つまりそれは適切な自己防衛を学ぶという事だ。

だけど君は「闇の魔術に対する防衛術」のふくろう試験もパスしたいんだろ?マイケル・コーナーにこう言われてハーマイオニーは「もちろんよ」と答えたその後に大きく息を吸い込み最後にこう言ったというわけなんですよね。

「何故ならヴォルデモート卿が戻って来たからです」

たちまち予想通りの反応がありました。金切り声を上げたり思わずびくりと痙攣したり身震いをしたりとそれぞれの生徒たちがそれぞれの反応でヴォルデモートに対する恐怖心を示し前にも増して目を輝かせてハリーを見ました。

しかしここでザカリアス・スミスという男子生徒がヴォルデモートが戻って来たという証拠がどこにあるんだ?ハリーの口からちゃんと聞きたいと言い出す一幕もありました。これほどの人数が集まったのはそういう事情でした。

この会合に参加をすればヴォルデモートがどのようにして復活をしたのか?詳しい話がハリーの口から聞けるかもしれない。みんなはそう考えて「ホッグズ・ヘッド」に来たのです。ハリーはそれを話す事を拒否したのでした。

有体の守護霊を創り出せるって本当なの?みんなが防衛術を習いたいのなら会合の頻度とか場所などを決める必要がある。ハーマイオニーがこう言っているとスーザン・ボーンズがこう訊いて来て生徒たちはざわめいたのでした。

リー・ジョーダンが心底感心したように「すげえぞハリー!全然知らなかった!」と言いました。ただでさえハリーは注意を引き過ぎるからお袋がロンに吹聴するなと言ったのさ。フレッドが知られていない理由を説明しました。

それをきっかけにしてハリーの数々の武勇伝が話題に上りました。それならハリーから習いたいという事で賛成なのね?ハーマイオニーが一同にこう訊くとガヤガヤと同意を示す声が上がりました。この後の事だったんですよね。

「その通り!個人的にはこれはとても大切な事だと思う。今年僕たちがやる事の中では一番大切かもしれない。たとえふくろうテストが控えていてもだ!」

これはかなり大切な事なのよ。ヴォルデモートの「死喰い人」から身を護る事を学ぶんですからね。ハーマイオニーがそう言うとアーニー・マクミランが大声でこう言いました。アーニーはもっと前に発言があって当然だった。

ハリーはそう思いました。アーニーはもったいぶってみんなを見渡しました。まるで「それは違うぞ!」と声がかかるのを待っているようでした。誰も何にも言わないのでアーニーは話を続けました。次にはこう言ったのでした。

個人的には何故魔法省があんな役にも立たない先生を我々に押しつけたのか理解に苦しむ。魔法省が「例のあの人」つまりはヴォルデモートが戻って来た事を認めたくないために否定しているのは明らかだ。そして最後に・・・

「しかし我々が防衛呪文を使う事を積極的に禁じようとする先生をよこすとは」

アーニーは大袈裟にこうボヤいてみせたのでした。

3-3.僕は監督生だから
会合の最後にハーマイオニーは羊皮紙と羽根ペンを取り出して一同に「私たちのしている事を言いふらさないと全員が約束するべきだわ」と言って「ここに全員名前を書いて欲しいの」と言いました。何故名前を書かせたのか?

名前を書けば私たちの考えている事をアンブリッジにも誰にも知らせないと約束した事になるからなんだそうです。でも何人かはリストに名前を連ねる事にあまり乗り気ではありませんでした。それはアーニーもだったんですよね。

アーニーは苦し紛れに「僕たち監督生だ」と言いました。だからもしこのリストがバレたら。ハーマイオニーも言っていたようにもしアンブリッジに見つかったりでもしたら立場上とっても困る事になってしまうというわけです。

「このグループは今年僕たちがやる事の中で一番大切だって君さっき言ったろう」

ハリーはこう言って名前を書くようにと迫りました。ハーマイオニーは苛立ち「私がこのリストをその辺に置きっ放しにするとでも思ってるの?」と言いました。ハーマイオニーがこう言ってアーニーは少し安心したようでした。

アーニーの後は不満気な表情を浮かべた生徒はいたものの誰も異議を唱えませんでした。最後に署名したのはザカリアス・スミスでした。ハーマイオニーはその羊皮紙を回収し慎重にカバンの中に収めたというわけなんですよね。

グループ全体に奇妙な感覚が流れました。まるで一種の盟約を結んだかのようでした。

今日の最後に
今学期最初の「薬草学」の授業前にアーニー・マクミランはハリーとダンブルドアのヴォルデモートは復活したという主張を信じると大袈裟に宣言してくれたんですよね。それを聞いて考えを変えたという生徒も実はいたのです。

ラベンダー・ブラウンもハリーは嘘つきでダンブルドアはボケ老人という「日刊予言者新聞」の記事を信じていました。しかしアーニーがハリーの言う事を信じ支持すると言った事で考えを変え「ホッグズ・ヘッド」に来ました。

それはアーニーが監督生だったからというわけです。ハーマイオニーが羊皮紙に名前を書いて欲しいと言った時にもアーニーが書いた後は誰も異議を唱えませんでした。それはやはりアーニーが監督生だったからなんですよね。

つまり監督生バッジの威力は絶大というわけです。アーニー様様というわけなんですよね。アーニーの「これでどうだ!」と言わんばかりのオーバーアクションでド派手で大袈裟な演説も私はとっても気に入っているんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2037-9cc65e28