FC2ブログ
ダンブルドア軍団の活動がアンブリッジに知れた事はダンブルドア校長がホグワーツを去るという事態に発展しました。校長になったアンブリッジは尋問官親衛隊を組織しスリザリン生たちによる権力の濫用という事になったのですが・・・(全3項目)

3-1.アンブリッジが校長に
こうしてハーマイオニーが発起人になって組織された「闇の魔術に対する防衛術」の自習グループは「ダンブルドア軍団」と命名されスタートを切りました。ところが何と裏切り者が出て活動が露見する事となってしまいました。

アンブリッジに密告をしたのはチョウ・チャンと共に参加していたマリエッタ・エッジコムでした。しかし幸いな事に捕まって校長室に連れて来られたのはハリーだけでした。ハリーは退学の瀬戸際に立たされたのですが・・・

その場に居合わせた騎士団員で闇祓いのキングズリー・シャックルボルトがマリエッタの記憶を修正してくれました。さらにはダンブルドア校長が身代わりになってくれてハリーを退学の危機から救ってくれたというわけです。

ダンブルドアはマリエッタがアンブリッジに告白した「ダンブルドア軍団」は自分が組織したものだと言ってハリーを助けたというわけなんですよね。ダンブルドアはホグワーツを去り代わりにアンブリッジが校長になりました。

メンバーが名前を書いた羊皮紙にハーマイオニーが呪いをかけていたのでマリエッタの顔には膿んだ紫色の出来物がびっしりと広がり「密告者」と文字を描いていました。それがためにマリエッタは医務室に行く事となりました。

翌日は城中がダンブルドア逃亡の話で持ち切りでした。つまり現場でダンブルドアが逃亡する瞬間を目撃した生徒はハリーとマリエッタだけという事になります。マリエッタは今医務室なので話せるのはハリーだけなんですよね。

ハリーはみんなに取り囲まれ直体験の話をせがまれる事となりました。アーニー・マクミランも「薬草学」の授業の帰りにハリーの話を熱心に聞く事になりました。ところがそこで思わぬ事態が勃発したというわけなんですよね。

3-2.尋問官親衛隊
僕たちが2年生の時だってそうだったのだから今度もダンブルドアはすぐに戻って来るさ。ハリーの話を熱心に聞いたその後にアーニーはこう言ったのでした。さらには「太った修道士」からも面白い話を聞いたのだそうです。

「太った修道士が話してくれたんだけど」こう言いながらアーニーが密談をするように声を落としたのでハリーたち3人はアーニーのほうに顔を近づけて聞きました。この「太った修道士」はハッフルパフ寮付きのゴーストです。

何でも昨日の夜アンブリッジが城内や校庭でダンブルドアを探した後に校長室に戻ろうとしたんだそうです。ところがガーゴイルの所を通れなかった。校長室は独りでに封鎖をしてしまいアンブリッジを締め出したのだそうです。

ここでアーニーはにやりと笑って「どうやらあいつ相当癇癪を起こしたらしい」と言いました。それを聞いてハーマイオニーは「あの人きっと校長室に座る自分の姿を見たくてしょうがなかったんだわ」と言ったその後に・・・

「他の先生より自分が偉いんだぞって。馬鹿な思い上がりの権力に取っつかれた婆ぁの」

ハーマイオニーがこう言った所でいつものようにクラッブとゴイルを従えたドラコ・マルフォイが扉の陰から姿を現しハーマイオニーに「おーや君。本気で最後まで言うつもりかい?」と顔を悪意で輝かせながら言ったのでした。

「気の毒だがグリフィンドールとハッフルパフから少し減点しないといけないねえ」

気取ってこう言うマルフォイにアーニーは「監督生同士は減点できないぞ」と即座に反論をしました。するとマルフォイはせせら笑って「監督生ならお互いに減点できないのは知ってるよ」と言うのです。それなら何故減点を?

マルフォイは「尋問官親衛隊」ならできると言うのです。マルフォイは監督生バッジのすぐ下に留めた「I」の文字が入った小さな銀バッジを指差しました。そしてハリーたちとアーニーにこう言ったというわけなんですよね。

「魔法省を支持する少数の選ばれた学生のグループでね。アンブリッジ先生直々の選り抜きだよ。とにかく尋問官親衛隊は減点する力を持っているんだ」

マルフォイはこう言うとハリーたち3人とアーニーに立て続けに減点を言い渡して思いっ切り笑いながら意気揚々と立ち去って行きました。アーニーはかなりショックを受けているようで愕然とした表情でこう言ったのでした。

「ただの脅しさ。あいつが点を引くなんて許されるはずがない。そんなこと馬鹿げてるよ。監督生制度が完全に覆されちゃうじゃないか」

ところが脅しではなく本当だったのです。

3-3.帰りのホグワーツ特急にて
その後はまさに尋問官親衛隊の独壇場でやりたい放題でした。尋問官親衛隊は当然スリザリン生のみで構成されていたのでグリフィンドールは目の敵にされて学期終盤には点はほとんどなく断トツの最下位を突っ走っていました。

ところが学期末試験つまりハリーを含めた5年生たちにとってはふくろう試験終了直後に形勢は一気に逆転しました。ハリーはヴォルデモートの仕掛けた罠に嵌ってしまい魔法省の神秘部に来て予言球を手にしてしまったのです。

自分を破滅に追い込んだ予言の全容が知りたい。そう思ったヴォルデモートはハリーに神秘部の「予言の間」にある予言が封印されたガラス球を取らせました。そのガラス球はその予言に関わる人間にしか手にする事ができない。

そこでヴォルデモートはハリーに取らせて配下の死喰い人たちに予言球を奪わせようとしました。しかし奪い合いの最中に予言球は一緒に来ていたネビルが蹴飛ばして壊してしまいました。予言球は破壊されてしまったのでした。

ヴォルデモートは予言の全容を知る事ができなくなりました。激高したヴォルデモートは魔法省に姿を現しハリーを殺害しようとしましたがダンブルドアが立ち塞がりそれを阻止しました。姿を現した事が実は問題だったのです。

魔法省に姿を現したヴォルデモート卿を魔法大臣コーネリウス・ファッジを含めた多数の魔法省の人たちが目撃してハリーとダンブルドアの「ヴォルデモートは復活した」という主張が正しかったという事が証明されたのでした。

「予言の間」でハリーが来るのを待ち構えていた死喰い人たちの中にはドラコ・マルフォイの父親のルシウス氏もいました。ドラコ・マルフォイはハリーにその仕返しをしてやろうとずっとチャンスを待ち続けていたんですよね。

そんなマルフォイがハリーを襲撃したのは帰りのホグワーツ特急内でした。ところがうっかりダンブルドア軍団のメンバーで一杯のコンパートメントのすぐ外だったため半端ない報復を受ける事となってしまったというわけです。

メンバーがハリーの救助に立ち上がってハリーの教えた数々の呪いを使い切った時マルフォイにクラッブとゴイルの姿は巨大なナメクジと化していました。それをハリーにアーニーとジャスティンが荷物棚に上げてしまいました。

「こう言っちゃ何だけどマルフォイが列車を下りた時の母親の顔を見るのが楽しみだなぁ」

棚でクネクネするマルフォイを見つつアーニーは少し満足気にこう言いました。アーニーは前述のようにマルフォイが審問官親衛隊だった時に自分つまりハッフルパフから減点したのに憤慨し決してそれを許していませんでした。

権力の濫用の結果がこれというわけなんですよね。

今日の最後に
アーニーはダンブルドア校長がホグワーツを去った時ハリーに「ダンブルドアはすぐに戻って来る」と言っていました。そしてまさにその通りになりましたよね。アンブリッジはホグワーツに於ける全ての役職を剥奪されました。

そしてその仕返しというか報復を帰りのホグワーツ特急内でしたというわけです。実はアーニーがされた減点はたったの「5点」だったのですがアーニーにしてみれば点の引き方そのものが許せなかったという事なんでしょうね。

ここにアーニーの正義感が滲み出ていると私はそう思いますね。だから許せなかったんだと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2038-66d328bc