FC2ブログ
ヴォルデモートが予言の全容を知ろうとして魔法省の神秘部の「予言の間」に置かれていた予言を封印したガラス球を手に入れようとした事でハリーには「選ばれし者」という新しい称号が加わりました。そしてダンブルドア校長亡き後はハリーが反ヴォルデモート派の旗頭になって・・・(全3項目)

3-1.戦いの時は来た!
トレローニー先生はハリーが生まれる直前に本当の予言をしていた。ハリーは3年生の「占い学」の学期末試験の際にトレローニー先生の本当の予言を聞く事になりました。これでトレローニー先生の本当の予言は2つになった。

ダンブルドアはハリーにこう言いました。その1つ目の予言こそが魔法省の神秘部の「予言の間」にあったガラス球に封印されていてヴォルデモートが知りたがっていたハリーと自分に関する予言だったというわけなんですよね。

その予言はダンブルドアがホッグズ・ヘッドにトレローニー先生を訪ねた時に告げられたためハリーはダンブルドアから直接聞いて予言の全容を知りました。しかしその事が「日刊予言者新聞」に掲載される事になったのでした。

予言がヴォルデモート卿を排除できる唯一の者としてハリーを名指しした。新聞にはそう書かれハリーには「生き残った男の子」に加えて「選ばれし者」という新たな称号がつけらける事となりました。そしてその時は来ました。

ハリーは6年生になるとダンブルドア校長の個人教授を受けヴォルデモート卿を真に滅ぼすためには4つの分霊箱を探し出し破壊しなければならないと教えられました。その分霊箱の最後の隠し場所が「ホグワーツ」だったのです。

そのダンブルドアはハリーの見ている目の前でセブルス・スネイプに殺害されました。ダンブルドア亡き後は「選ばれし者」のハリーが反ヴォルデモート派の旗頭として以前にも増してその存在を重要視されるようになりました。

ハリーがホグワーツに入ったのはヴォルデモートの分霊箱が隠されているためで必要に迫られての事でした。しかしそれを知らない他の人々にとっては反ヴォルデモート派の旗頭がホグワーツ入りをしたという事になるのです。

そこでアーニー・マクミランは?

3-2.大広間にて
ヴォルデモートがホグワーツに隠した分霊箱はレイブンクローの失われた髪飾りなのか?ホグワーツ入りを果たしたものの分霊箱は何なのか?そしてどこにあるのか?皆目見当がつかないためみんなに助けて貰う事にしました。

僕たちはある物を探している。それはヴォルデモートを打倒する助けになる物だ。しかしこのホグワーツのどこにあるのか分らない。レイブンクローに属する何かかもしれない。誰かそういう物の話を聞いた事はないだろうか?

例えば鷲の印がある何かをどこかで見かけた事はないか?ハリーは「必要の部屋」にいた一同の特にレイブンクロー生に期待を寄せながらこう問いかけました。それに答えてくれたのは何とルーナ・ラブグッドだったんですよね。

そのルーナが口にしたのがレイブンクローの失われた髪飾りだったのです。その髪飾りがどんな形をしているのかを見たかったらレイブンクロー寮の談話室に行けば見る事ができると言うのでハリーはルーナと共に向かいました。

そこにはハリーが来る事を予想してアレクト・カローが待ち受けていました。アレクトが「闇の印」を指で押したためそれを感じて兄のアミカス・カローが駆けつけアミカスが扉を破ろうとする音を聞きつけてもう1人来ました。

それがマクゴナガル先生だったのです。アレクトが「闇の印」を指で押してハリーがホグワーツにいる事をヴォルデモートに知らせてしまったのでハリーはマクゴナガル先生に生徒たちを避難させなくてはならないと言いました。

こうして雌雄を決する戦いが始まる事になりました。ところがハリーとルーナが「必要の部屋」に戻ってみるとロンとハーマイオニーの姿がないのです。2人は一体どこに行ったのか?ハリーは2人を探しに大広間に向かいました。

ハリーが大広間に入ると戦うために学校に踏み止まった先生方と戦いに馳せ参じた不死鳥の騎士団のメンバーが一段高い壇上に立っていました。さらにはマクゴナガル先生がそれぞれの寮生たちに避難の指示を出していました。

「でも残って戦いたい者はどうしますか?」

生徒の多くは恐怖ですくんでいましたがハリーが壁伝いに移動しながらロンとハーマイオニーを探しているとハッフルパフのテーブルからアーニー・マクミランが立ち上がりこう叫びました。するとパラパラと拍手が湧きました。

「成人に達した者は残っても構いません」

マクゴナガル先生はこう答えました。

3-3.守護霊を出し続けながら
ロンとハーマイオニーは何と驚く事に「秘密の部屋」に行っていたのです。あそこにはハリーが2年生の時に倒したバジリスクの亡骸があります。ロンがハリーの蛇語を真似して部屋に入りバジリスクの牙を手に入れたのです。

ヴォルデモートがホグワーツに隠した分霊箱はやはりレイブンクローの失われた髪飾りでした。そしてヴォルデモートはその髪飾りを「必要の部屋」に隠したのでした。ダンブルドアに就職を頼みに来た時に隠して行ったのです。

ところがハリーが髪飾りまであと3メートルに迫った時に邪魔が入りました。それはドラコ・マルフォイにクラッブとゴイルでした。しかしヴォルデモートの分霊箱はクラッブの放った「悪霊の火」によって破壊されたのでした。

ハリーたち3人が「必要の部屋」を出ると戦いはもう既に始まっていました。ところがここでハリーたちを絶望のどん底に突き落とす出来事が起きてしまったのでした。何とフレッド・ウィーズリーが死んでしまったのでした。

残っている分霊箱は蛇のナギニだけになりました。ヴォルデモートはそのナギニと共に「叫びの屋敷」にいました。ハリーたちは最後の分霊箱のナギニを目指して校庭に出ました。そこに3人の前に立ち塞がったのが吸魂鬼でした。

ハリーは杖を上げましたが絶望感が全身に広がっていました。フレッドは死んだ。それに自分の知らない所であと何人が死んでしまっただろう。百体を超える吸魂鬼がハリーの絶望感を吸い込みながら近づいて来ていたのでした。

ロンとハーマイオニーの守護霊も消え去って行きました。しかしその時です。銀の野ウサギに猪とそしてキツネがハリーたち3人の頭上を越えて舞い上がりました。吸魂鬼は近づく銀色の動物たちを前にして後退して行きました。

暗闇からやって来た3人が杖を突き出し守護霊を出し続けながらハリーたちのそばに立ちました。それはルーナにアーニーとシェーマス・フィネガンの3人でした。ハリーは力を振り絞って牡鹿の守護霊を創り出したのでした。

吸魂鬼は雲散霧消したのでした。

最後に
ハーマイオニーが発起人でハリーが教えた「ダンブルドア軍団」が最後に取り組んだのは「守護霊の呪文」でした。メンバーの多くがハリーに教えられて守護霊を創り出せるようになってアーニーもその1人だったというわけです。

メンバーの相当の人がハリーが守護霊を創れる事を知り「是非自分も!」と強く願っていたのがこの「守護霊の呪文」でした。アーニーもきっと「実戦で使う事ができる!」とそれはもう張り切って戦いに参加したんでしょうね。

だからこそいち早くマクゴナガル先生に「でも残って戦いたい者はどうしますか?」と訊いたというわけなんですよね。このようにしてハリーがダンブルドア軍団のメンバーに教えた事が自分自身を救う事になったんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2039-3eb11ff6