FC2ブログ
ドラコ・マルフォイは一体何のために1人でボージン・アンド・バークスに行ったのか?何かを直したがっていた。何かを売るなと言っていた。それらを含めた全ての真相が明らかになったのはハリーとダンブルドアがヴォルデモートの分霊箱を取って学校に戻って来た時の事でした。(全3項目)

3-1.ホラス・スラグホーンのクリスマス・パーティで
何故ドラコ・マルフォイはわざわざ母親を撒いて1人で夜の闇横丁のボージン・アンド・バークスに行ったのか?あの日を境にこの疑問がハリーの脳裏から離れる事はありませんでした。それは学期が始まってからもでした。

その理由はハリーの懸念がさらに増すような行動をマルフォイが取ったからです。ホグワーツ特急で来年自分は学校に戻らないかもしれないと言ってみたりクィディッチの試合を欠場して代理を立てるなどという事もありました。

他にも2人の女の子を引き連れ城内をうろついている所に遭遇したりもしました。そしてハリーは今学期「魔法薬学」の教師としてホグワーツの教壇に復帰したホラス・スラグホーンのクリスマス・パーティでも出くわしました。

マルフォイはスラグホーンのクリスマス・パーティには招待されてはいませんでした。ところがそのマルフォイをフィルチが連れて来てパーティに招かれたが出かけるのが遅れたと主張しているとスラグホーンに訴えたのでした。

「ああ僕は招かれていないとも!勝手に押しかけようとしていたんだ。これで満足したか?」

マルフォイが怒ったようにこう言うとフィルチは「何が満足なものか!」と言いながら顔に歓喜の色を浮かべていました。マルフォイが夜に校内をうろついていたので罰則を言い渡す絶好のチャンスが訪れたからなんですよね。

しかしスラグホーンはクリスマス・パーティに来たいというマルフォイの気持ちは判ると言って許してしまいました。するとその場に居合わせたスネイプがマルフォイに突然「話がある」と言い2人は部屋を出て行ったのでした。

ハリーは「透明マント」を被って2人を追いました。

3-2.後を追って行ったら?
ハリーは「透明マント」を被ると扉という扉に耳を押し付けながら廊下を疾走しました。すると廊下の一番端の教室で2人が話しているのが聞こえて来ました。2人のやり取りからその雰囲気は相当に険悪と察する事ができました。

「ミスは許されないぞドラコ。何故なら君が退学になれば」こう言うスネイプにマルフォイは「僕はあれには一切関係ない。判ったか?」と反論をしていました。それは10月半ばに発生したネックレス事件の事だったんですよね。

先週も取り上げたようにケイティ・ベルがホグズミードの「三本の箒」で服従の呪文をかけられ触れただけで死んでしまうネックレスを持たされた挙句にそれが手に触れて死亡は免れたものの聖マンゴに入院する事となりました。

「君が我輩に本当の事を話しているのならいいのだが。何しろあれはお粗末で愚かしいものだった。既に君が関わっているという嫌疑がかかっている」

スネイプがこう言うとマルフォイが「誰が疑っているんだ?」と怒ったように言いました。嫌疑をかけたのはハリーでした。事件発生直後にハリーがマクゴナガル先生に犯人はマルフォイだと思うと自分の見解を言ったのでした。

「もう一度だけ言う。僕はやってない。いいか?あのベルのやつ。誰も知らない敵がいるに違いない。そんな眼で僕を見るな!お前が今何をしているのか僕には判っている。馬鹿じゃないんだら。だけどその手は効かない」

こう言うと最後にマルフォイは「僕はお前を阻止できるんだ!」と言いました。何故ならマルフォイはベラトリックス・レストレンジに教えて貰って「閉心術」を習得したからなんだそうです。するとスネイプはこう言いました。

「ああ。ベラトリックス伯母さんが君に閉心術を教えているのか。なるほど。ドラコ。君は自分の主君に対してどんな考えを隠そうとしているのかね?」

これに対してマルフォイは「僕はあの人に対して何にも隠そうとしちゃいない。ただお前がしゃしゃり出るのが嫌なんだ!」と言い返しました。ハリーはドラコ・マルフォイのスネイプに対する口の利き方を聞いて驚愕しました。

これまで常に尊敬と好意まで示していたスネイプに対してマルフォイがこんな乱暴な物言いをする事が信じられませんでした。しかしここで問題なのはマルフォイがケイティ・ベルのネックレス事件には関わっていないと言った。

実はそれが嘘だったという事が後に明らかになったというわけなんですよね。

3-3.実際には、その2
ドラコ・マルフォイはケイティ・ベルのネックレス事件の影の首謀者だった。僕はやってない。誰も知らない敵がいるに違いないと言っていたのも実は嘘だった。それを含めて全ての真相が明らかになったのは学期末の事でした。

それはハリーとダンブルドアがヴォルデモートの分霊箱を取りに行って学校に戻って来た時の事です。天文台塔の上に「闇の印」が上っていて2人がそこに行くとマルフォイが駆け上がって来てダンブルドアの杖を奪ったのです。

マルフォイが直したがっていたのは「姿をくらますキャビネット棚」でした。ボージン・アンド・バークスにある棚とホグワーツにある棚が対になっていてこの棚を修理しさえすればそこを通ってホグワーツに入る事ができる。

だから死喰い人たちはマルフォイの応援にボージン・アンド・バークスからホグワーツに入り込む事ができた。賢い計画じゃ。実に賢い。マルフォイは敵方のダンブルドアに褒められた事で皮肉にも勇気と慰めを得たようでした。

しかし時には「キャビネット棚を修理できないのでは?」と思った事もあった。そこで粗雑で軽率な方法を使おうとした。どう考えてみても他の者に渡ってしまうのに呪われたネックレスをダンブルドアに送ってみたりもした。

「そうだ。だけどそれでも誰が仕組んだのか分らなかっただろう」

それ以外にもダンブルドアが飲む可能性はほとんどないのに蜂蜜酒に毒を入れてみたりもした。ダンブルドアがこう指摘をするとマルフォイはこう言ってあっさりと「実は自分がやったんだ」という事を認めたというわけです。

君の選択肢を話し合おう。こう言うダンブルドアにマルフォイは自分には選択肢なんかない。自分は杖を持ってここに立っている。校長を殺害しようとしている。ところがダンブルドアはそれは虚仮威しだとそう言ったのでした。

わしを殺害するつもりなら杖を奪った時にそうしていただろう。方法論をあれこれと楽しくおしゃべりして時間を費やす事はなかっただろう。そしてついにドラコ・マルフォイはダンブルドアの説得に屈してしまったのでした。

気持ちが挫けたマルフォイは激しく手が震え狙いを定める事さえできなくなってしまいました。そのドラコの目前でダンブルドアに向かって「死の呪文」を放ったのは罵倒の限りを尽くしていたセブルス・スネイプだったのです。

最後に
これまで常に尊敬と好意まで示していたスネイプの事をドラコ・マルフォイは激しく罵倒していてハリーは驚愕していましたよね。何でも父親のルシウス氏が監獄に入ってヴォルデモートの寵愛を失いスネイプがその座を奪った。

そう思ったからなんだそうです。その激しく憎悪するようになったスネイプにダンブルドア殺害を目前で横取りされホグワーツの戦いでは何とハリーに命を助けられた。ハリー・ポッターが命の恩人になってしまったんですよね。

さらに敵方のダンブルドアに褒められ皮肉にも勇気と慰めを獲た。ドラコ・マルフォイってとことん情けない男なんですよね。(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2047-723b2b28