FC2ブログ
先週は「ハリーはいかにして閉心術を自分のものにしたのか?」について紹介して来ました。今週は個々の登場人物と閉心術に開心術との関係について考えてみる事にします。まず今日はリーマス・ルーピンとこの2つの魔法との関係について取り上げてみたいと思います。(全3項目)

3-1.リーマス・ルーピンと閉心術、その1
ハリーが閉心術を覚えるためにスネイプの課外授業を受けるのに当たってグリモールド・プレイス12番地からホグワーツまで付き添ったルーピンはハリーにこう言って励ましの言葉をかけ奮起を促したというわけなんですよね。

「君がスネイプを嫌っているのは知っている。だがあの人は優秀な閉心術士だ。それに私たち全員がシリウスも含めて君が身を護る術を学んで欲しいと思っている。だから頑張るんだ。いいね?」

ハリーがアンブリッジの部屋の暖炉を使ってシリウスと話した時にはルーピンもその場にいました。ハリーにとっては意外な事にルーピンは課外授業を再開するようにと厳しく言い渡して来てハリーは驚かされる事になりました。

しかし夏休みに入って二週間後にプリベット通り4番地にハリーを迎えに来たダンブルドアが「ぴったり当て嵌まる言葉は大しくじりじゃろう」と言ってスネイプの課外授業はもう受けたなくてもいいと言ってくれたのでした。

それは自分の役目だと言っていたのでルーピンはスネイプに課外授業を再開しろと言っていたようです。でも多分ダンブルドアが「もはやその必要はない」と言ったんでしょうね。だからルーピンの説得も終了したんでしょう。

何故ルーピンはスネイプが優秀な閉心術士だとハリーに言う事ができたのか?それはルーピンが極めて優秀な開心術士だからだというわけです。そしてルーピンもまた閉心術を完璧に覚えていて役に立てているというわけです。

一体どのように役立てているのかというと・・・

3-2.リーマス・ルーピンと閉心術、その2
当サイトでは最近頻繁に取り上げていますがハリーが5年生の時に不死鳥の騎士団のメンバーは交替で魔法省の神秘部の入口を見張っていました。そしてクリスマス直前にアーサー・ウィーズリー氏が蛇のナギニに襲われました。

アーサー氏は瀕死の重傷を負って聖マンゴ魔法疾患障害病院に入院しました。マッド・アイとトンクスの護衛付きでハリーにウィーズリー一家一行が見舞いに行った時アーサー氏がいた病室には狼人間に噛まれた男性もいました。

聖マンゴの癒者はその男性に「ほとんど普通の生活を送れるようになる」と言って説得していたんだそうです。アーサー氏もまた狼人間を1人知っていて立派な魔法使いで自分の状況を楽々管理していると教えてあげたそうです。

クリスマスにハーマイオニーも加わって二度目の見舞いに行った時の護衛はマッド・アイとルーピンでした。アーサー氏がマグルの治療法に手を出しおばさんが激怒すると周りにいた人たちは一斉に避難をして部屋から出ました。

ルーピンは見舞い客が誰もいなくてアーサー氏の周りにいる大勢の見舞い客を羨ましそうに見ている狼人間のほうに歩いて行きました。私はこの時ルーピンはその男性に自分が実践しているその状況管理法を伝授したと思います。

アーサー氏がその男性に言ったという自分の状況を楽々管理する方法とは一体何なのか?アーサー氏が知っているというその狼人間は当然リーマス・ルーピンに他ならないですよね。つまりそれが閉心術というわけなんですよね。

そんなハリーとルーピンは翌年のクリスマス休暇は見舞いではなく「隠れ穴」で会う機会がありました。ウィーズリー夫妻が招待したのでしょうね。パーティの席ではセレスティナ・ワーベックの歌声が大音量で流れていました。

大きな木製のラジオからでセレスティナ・ワーベックはクリスマス番組で歌っていたのです。フラーはこの歌手がお気に召さないようで大声で話すのでウィーズリーおばさんがラジオに杖を向け音量をどんどん大きくしたのです。

しかしルーピンは暖炉のそばに座りセレスティナ・ワーベックの歌声など聞こえないかのようにじっと炎を見つめていました。ルーピンもこの歌手があまり好きではないので閉心術を使って聞こえないようにしていたんですよね。

ルーピンは満月の日には閉心術を使って「人を噛みたい」というその欲求を心の奥深くに封じ込めていた。これがアーサー氏が言っていたリーマス・ルーピンの自分の状況を楽々管理する方法に違いないと私はそう思いますね。

3-3.リーマス・ルーピンと開心術
先週の冒頭の記事でも言っていますし当サイトでは折ある毎にハリーは極めて優秀な開心術士だとそう指摘をしています。さらにリーマス・ルーピンもまた開心術に長けていて前述のように閉心術も完璧に覚えているんですよね。

つまりハリーもまたドビーの死に接する事によって閉心術を完璧に自分のものにした。すなわちハリーもルーピンも2人とも閉心術と開心術の両方を完璧に自分のものにしている。これもまた2人の共通点というわけなんですよね。

そんなルーピンが死喰い人の集団が急襲したビルとフラーの結婚式の会場を脱出してグリモールド・プレイス12番地に身を寄せていたハリーにロンとハーマイオニーを訪ねて来ました。その後の経過を3人に説明するためでした。

ところがここでルーピンは意外な申し出をして来ました。ハリーたち3人がダンブルドアから託された使命の内容は打ち明けなくてもいい。だから3人に同行をしたいとそう言って来たのです。受け入れたくなる申し出でした。

「言っておくが我々はほとんど誰も出会った事がなく想像した事もないような魔法と対決する事になるに違いない」

その際にルーピンは3人にこう言いました。ルーピンが言った事は正しかった。今まで出会った事も想像した事もない魔法がある。その後1つ目の分霊箱を入手した直後にハリーはルーピンのこの言葉を思い出す事になりました。

結局ルーピンはハリーたちに同行しない事になりました。トンクスが妊娠した事をルーピンが3人に打ち明けたのでハリーは「父親は我が子のそばにいるべき」と考え事実上ルーピンが自分たちに同行する事を拒否したからです。

何故ルーピンはこう指摘する事ができたのか?何故ならルーピンは開心術で3人の心を見通しダンブルドアから託された使命がヴォルデモートの分霊箱を見つけ出して破壊をする事だと知った。だからこう言う事ができたのです。

ダンブルドアはハリーに分霊箱を複数創ったという例は自分の知る限りヴォルデモート以外にはいないと言いました。そのためにルーピンはハリーたちに今まで一度も出会った事のない魔法と対決するだろうと言えたんですよね。

リーマス・ルーピンがハリーたちにそう言えたのは開心術に長けていたからというわけなんですよね。

今日の最後に
リーマス・ルーピンとハリーは共に閉心術と開心術の両方を自分のものにしました。しかしそのいずれも大きく異なる点がありますよね。まずハリーは自分自身が開心術に長けている事には全く気づいておらず自覚がありません。

それに対してルーピンのほうはおそらくは自身が開心術に長けている事を自覚しているでしょうね。なので分霊箱についてあれだけ的確な指摘をする事ができた。閉心術についても覚える時の気持ちが全く違っていたでしょうね。

ハリーの場合はどちらかと云えば当初は後ろ向きでした。覚えなければならない理由に納得していなかったからです。でもルーピンは満月になった時に「人を噛みたい」という欲求を抑えるのに閉心術が必要という事情があった。

そこが大きく違う点ですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2052-3712a2f0