FC2ブログ
スネイプと課外授業なんて自分はどうしてそんな目に遭わなくてはならないんだ?ハリーがそう思ったのに対してハーマイオニーはハリーがスネイプから閉心術を学ぶ事を全面的に支持しました。そのため課外授業が打ち切られた時にはハリーを激しく責め立てる事になったのでした。(全3項目)

3-1.ハーマイオニーと閉心術、その1
スネイプがグリモールド・プレイス12番地にハリーを訪ねてやって来た時にその場にいたのはシリウスだけでした。そしてその直後には聖マンゴ魔法疾患障害病院に入院していたアーサー・ウィーズリー氏が退院して来たのでした。

「ダンブルドアはあなたがヴォルデモートの夢を見なくなるようにしたいんだわ。まあねそんな夢。見なくても困る事はないでしょ?」

そこでハリーが夜の晩餐の席でロンとハーマイオニーに話すとハーマイオニーのほうからはこんな言葉が返って来ました。それに対しロンは「スネイプと課外授業?僕なら悪夢のほうがましだ!」と感想を述べたというわけです。

スネイプはハリーにクリスマス休暇明けから閉心術を学べと告げた際に閉心術の事を「世に知られていない魔法」だと説明しました。つまりこの閉心術という魔法は一般的ではなく魔法界でもあまり知られていないようですね。

ハリーとロンが知らない事でもハーマイオニーは大量の本を読んでいるので知っているという事はよくあります。でも残念ながらさすがのハーマイオニーも閉心術という魔法があったという事は知らずこれが初耳だったようです。

ハーマイオニーとてマグル生まれですからやはり「知らない事は何もない」というわけではありません。少なくとも3年生になった直後ハーマイオニーは吸魂鬼を追い払うための「守護霊の呪文」という魔法を知りませんでした。

「そしたら先生が何かブツブツ唱えて吸魂鬼に向かって何か銀色のものが杖から飛び出して」

学期初日にホグワーツ特急に吸魂鬼が入って来てルーピン先生は杖先から守護霊を出して吸魂鬼を追い払いました。その時の様子をハーマイオニーはこう説明しました。だからこの時ハーマイオニーはこの魔法の事を知らなかった。

同様に閉心術の事もあまり知らなかったのです。

3-2.ハーマイオニーと閉心術、その2
ハリーがスネイプとの最初の課外授業を終えた時ロンとハーマイオニーは図書室にいました。ハリーが2人の向かい側に腰掛けるとハーマイオニーは心配そうな顔で「どうだった?あなた大丈夫?」と声を掛けて来たのでした。

「そりゃ何度も繰り返して心を攻撃されたら誰だってちょっとぐらぐらするわよ」

ハーマイオニーはこうも言ってハリーの事を気遣ってくれました。しかしハリーにとっては不幸な事にハーマイオニーもまた閉心術という魔法の事はあまりというよりほとんど知識がなかったので的確な助言ができませんでした。

「多分病気の場合とおんなじじゃないかしら。熱が出たりなんかするじゃない。病気は一旦悪くなってから良くなるのよ」

ハーマイオニーはこうも言いました。いくら課外授業を何度も受け繰り返し訓練をやってもハリーは一向に閉心術を覚える事ができない。それどころかスネイプの課外授業を受ければ受けるほど下手になって行くような気がする。

そうなった事を受けての発言がこれだったのです。ハリーは毎晩のように神秘部の入口に続く廊下を歩く夢を見るようになっていました。毎晩あの廊下を歩くのはもううんざりだ。扉が開いてくれたらとハリーがボヤくと・・・

「冗談じゃないわ。ダンブルドアはあなたに廊下の夢なんか見ないで欲しいのよ。そうじゃなきゃスネイプに閉心術を教えるように頼んだりしないわ。あなたもう少し一生懸命練習しなきゃ」

ハーマイオニーはハリーにこう言うのです。それに対してハリーは「ちゃんとやってるよ!」と怒って言いました。何故なら授業のたびにスネイプが頭の中に入って来るのです。そんな事が楽しいわけがないからというわけです。

するとロンが「スネイプは本気でハリーを助けようとしていないのでは?」と言い出しました。ハリーの心をもう少し開いたほうがヴォルデモートには好都合だ。スネイプは死喰い人だった。こちら側の味方という証拠もない。

「ダンブルドアが信用しています。それにダンブルドアを信じられないなら私たち誰も信じられないわ」

本当にこっちの味方になったという証拠を見た事がないじゃないか。こう言うロンにハーマイオニーはこう言いました。実を言うとその証拠は他ならぬスネイプ自身が決して他言をしないで欲しいとダンブルドアに言っていた。

後にハリーはその事を知るんですよね。

3-3.ハーマイオニーと閉心術、その3
そして先週もお伝えしたようにハリーが閉心術を覚えるためのスネイプの課外授業はその目的を達成する事なく打ち切りという事になりました。そしてハリーはその理由をハーマイオニーに激しく問い詰められる事になりました。

ハリーはスネイプの課外授業が終わった理由を基本はもうできているので自分1人で続けられるとスネイプが考えたんだと説明しました。前述のようにロンは「悪夢のほうがまし」と言っていたので深くは追求しませんでした。

しかしハーマイオニーのほうはハリーの態度が煮え切らなかったという事もあり納得しませんでした。そのためスネイプはハリーが変な夢を抑えられると絶対に確信を持つまでは訓練を辞めるべきではないと言い出したのでした。

その後ハリーはアンブリッジの部屋の暖炉を使ってシリウスにその場に居合わせたルーピンと話しルーピンから閉心術の訓練を再開するよう強く迫られました。シリウスもスネイプに会って話すと立ち上がるほどだったのでした。

シリウスもまた訓練の再開を望んでいる。ハリーはそもそもロンとハーマイオニーに「何故シリウスと話したかったのか?」の本当の理由を打ち明けなかったために迂闊にもこの事を2人に話してしまい後悔する事になりました。

ハリーがアンブリッジの部屋の暖炉を使うためフレッドとジョージは東棟の廊下に「携帯沼地」を仕掛けてアンブリッジを部屋から引き離しました。しかしその騒ぎと引き換えに2人はホグワーツを去って行ったというわけです。

ハリーはロンとハーマイオニーに三大魔法学校対抗試合の優勝賞金一千ガリオンを悪戯専門店の開業資金として丸ごとフレッドとジョージに渡していた事を黙っていましたが「ここが話すタイミング」と2人に打ち明けました。

「いいえ違います!実はいつになったらスネイプの所に戻って閉心術の訓練を続けるように頼むのかってそれをハリーに訊こうと思ったのよ!」

ハーマイオニーはハリーがしたこの行為の事も怒っていました。ところがその事をまた言うのかと思ったらハーマイオニーはこう言って来ました。ハーマイオニーは決してこの事を忘れず不意を衝いて何度も蒸し返したのでした。

「変な夢を見なくなったなんてもう私には通じないわよ。だって昨日の夜あなたがまたブツブツ寝言を言ってたってロンが教えてくれたもの」

ハーマイオニーは今度はこう攻めて来ました。するとロンがハリーが言った寝言は「もう少し先まで」の一言だけだったと弁解がましく言いました。そこでハリーは「もう少し先まで」と言った寝言の理由をこう言ったのでした。

「君のクィディッチ・プレイを観ている夢だった。僕。君がもう少し手を伸ばしてクアッフルを掴めるようにしようとしてたんだ」

もちろんこれも嘘で実際にはハリーはまたしても神秘部の入口に続く廊下を歩いていました。ハーマイオニーは「心を閉じる努力はしているのでしょう?」とか「閉心術は続けているのよね?」とさらに追及をして来たのでした。

でもロンが話題を変えてくれたのでハリーはそれに有り難く乗ったというわけです。そしてふくろう試験がいよいよ近づいて来たのでハリーに対するハーマイオニーのこの執拗な追及もようやく終わったというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーが閉心術を覚えるためのスネイプの課外授業を巡るハーマイオニーの言動については何だかハリーを責め立てるばかりでハーマイオニーの悪い面ばかりが出る事態になってしまいました。ハリーにとっては不幸な事でした。

でも私はハーマイオニーもただハリーを責めるだけではなく何とか手助けをしてハリーが1日も早く閉心術を覚えられるよう参考になりそうな本を探して読むなどの事はしていたとそう思います。それが見つからなかったのです。

三大魔法学校対抗試合の「第2の課題」の時も同じような事がありました。水の中で1時間息をする方法がついに見つかりませんでした。この時と同じだったのです。ダンブルドアが関係する本を図書室から取り除いていたのです。

それはハリーにヴォルデモートの仕掛けた罠に嵌って欲しかった。そうなるためにはハリーにはむしろ閉心術を覚えて貰っては困るというわけです。それはヴォルデモートを魔法省に来させて多くの人々に目撃させるためだった。

こうしてヴォルデモートの復活は公になったのです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2053-8621ff09