FC2ブログ
そしてついに来訪当日となり魔法使いの一行が我が家にやって来るという事でダーズリー一家の緊張と苛立ちは極限に達していました。ところが車で来ると思いきやウィーズリー一家はハリーすら思ってもみなかった超意外な方法でプリベット通り4番地にやって来たのでした。その方法とは?(全3項目)

3-1.来訪当日になって
翌日の12時には学用品に加え一番大切な持ち物全部がハリーのトランクに詰め込まれました。例の緩んだ床板の下の隠し場所から食べ物を出して空っぽにし呪文集や羽根ペンを忘れていないか部屋の隅々まで念入りに調べました。

9月1日までの日にちを数える壁の表も剥がしました。ホグワーツに帰る日まで表の日付に毎日×印をつけるのをハリーは楽しみにしていたからです。一方プリベット通り4番地には極度に緊張した空気がみなぎっていたのでした。

魔法使いの一行が我が家にやって来るという事でダーズリー一家の緊張と苛立ちは極限に達していました。ウィーズリー一家が日曜日の午後5時に来訪するとハリーが告げるとバーノン叔父さんは間違いなく度肝を抜かれました。

「きちんとした身なりで来るように言ってやったろうな。連中に。お前の仲間の服装をわしは見た事がある。まともな服を着て来るぐらいの礼儀は持ち合わせたほうがいいぞ。それだけだ」

バーノン叔父さんにこう言われハリーはちらりと不吉な予感がしました。ロンにジニーそれにフレッドとジョージは休み中ならマグルの服を着ている事もありました。しかしウィーズリー夫妻がそういう格好をしていた事がない。

隣近所が何と言おうとも気になどならない。ただしもしもウィーズリー一家がいかにも「私たちは魔法使いです」というダーズリー一家が持つ最悪のイメージそのものの姿で現れたらダーズリー一家が失礼な態度を取るのでは?

ハリーはそれが心配でした。そしてこの日バーノン叔父さんは一張羅の背広を着ていました。他の人が見たら歓迎の気持ちの表れと思うかもしれません。でも本当は叔父さんは威風堂々又は威嚇的に見えるようにしていたのです。

一方ダドリーは縮んだように見えました。ついにダイエット効果が現れたと思いきや恐怖で縮み上がっていたのです。前回魔法使いに会った時ダドリーは魔法をかけられお尻から尻尾が生えて来るという目に遭ってしまいました。

そのため尻のあたりを頻繁に撫でながら蟹歩きで移動していました。昼食時にはほとんど無言が続きました。ダドリーはカッテージチーズとセロリおろしの食事に文句も言いません。ペチュニア叔母さんは何も食べませんでした。

すると叔父さんがこう吼えました。

「当然。車で来るんだろうな?」

3-2.ウィーズリー一家の来訪方法は?
「えーと」と生返事をしつつハリーはその時になって初めて「ウィーズリー一家はどうやって僕を迎えに来るのだろう?」と思いました。昔持っていた中古のフォード・アングリアはハリーとロンが行方不明にしてしまいました。

今はホグワーツの「禁じられた森」で野生化をしてしまっています。でも去年ウィーズリーおじさんは勤め先の魔法省から車を借りているから今日もそうするのだろうか?そこでハリーはバーノン叔父さんにこう答えたのでした。

「そうだと思うけど」

叔父さんは「フン」と言っただけで後は何も言いませんでした。いつもならどんな車を持っているのかと訊く所です。叔父さんはどのくらい大きくてどれだけ高価な車を持っているのかでいつも他人の品定めをするのが常です。

だからといってアーサー氏がたとえフェラーリを持っていたとしてもそれで叔父さんがアーサー氏の事を気に入るとはハリーは思えませんでした。そしてその日ハリーは昼食を終えた後はほとんどを自分の部屋で過ごしました。

ペチュニア叔母さんが数秒毎にレース編みのカーテンから外を覗くのを見るに堪えなかったからです。5時になる15分前にハリーはようやく自分の部屋を出て居間に入りました。5時が迫り居間には緊迫感が満ち満ちていました。

ペチュニア叔母さんは強迫観念に捉われたようにクッションの皺を伸ばしていました。バーノン叔父さんは新聞を読むふりをして全神経を集中し車の近づく音を捉えようとしていました。ダドリーは相変わらず尻を守っています。

ハリーはこの緊張感に耐えられず居間を出て玄関の階段に腰掛けて時計を見つめました。ところが5時になり5時を過ぎました。バーノン叔父さんは玄関の扉を開け通りを端から端まで眺めると急いで首を引っ込めこう言いました。

「連中は遅れとる!」

道が混んでいるとか多分そんなんじゃないかな。そんな事を言っている内に15分が経ち30分経って何と5時半になってしまいました。失礼ったらありゃしない。わしらに他の約束があったらどうしてくれるんだ。さらには・・・

ペチュニア叔母さんが「遅れて来れば夕食に招待されるとでも思ってるんじゃないかしら」などと言い出す始末です。するとバーノン叔父さんが「そりゃ絶対にそうはならんぞ」と言いながら居間を往ったり来たりしていました。

ところがその時です。ハリーは飛び上がりました。ダーズリー一家がパニックして部屋の隅に逃げ込む音が聞こえて来たのです。次の瞬間ダドリーが恐怖で引きつった顔をして飛び出して来ました。ハリーはこう訊いたのでした。

「どうした?何が起こったんだ?」

しかしダドリーは口も利けない様子です。相変わらず両手で尻をがっちりガードしながらダドリーはキッチンに駆け込みました。ハリーが急いで居間に入るとダーズリー一家3人が何故パニックになったのかの原因が判りました。

「あれは何なの?」

ペチュニア叔母さんは恐々暖炉を見つめ喘ぎながらこう訊きました。塞がれた暖炉の中から声が聞こえていたからです。アーサー氏ともう1人はフレッドのようです。ウィーズリー一家は煙突飛行粉でハリーを迎えに来たのです。

3-3.煙突飛行粉で
ジョージも加わったようで板を叩く大きな音がして「ハリー?聞こえるかい?ハリー?」と呼びかけて来ました。ダーズリー夫妻は2人揃って怒り狂いハリーを振り向くと叔父さんが「これは何だ?何事なんだ?」と訊きました。

「みんなが煙突飛行粉でここに来ようとしたんだ。みんなは暖炉の火を使って移動できるんだ。でもこの暖炉は塞がれてるから。ちょっと待って」

ハリーは吹き出しそうになるのをグッと堪えながらダーズリー夫妻にこう説明しました。そして暖炉に近づくと打ちつけた板越しに「ウィーズリーおじさん?聞こえますか?」と呼びかけました。すると叩く音が止んだのでした。

「ウィーズリーおじさん。ハリーです。この暖炉は塞がれているんです。ここからは出られません」

ハリーがこう言うとアーサー氏は「馬鹿な!暖炉を塞ぐとは全くどういうつもりだ?」と言いました。そこでハリーが「電気の暖炉なんです」と言葉を返すと若干機嫌を直したようで声を弾ませ「ほう?」と言って来たのでした。

「ここで何をもたもたしてるんだい?何か間違ったの?」

今度はロンの声が加わりこう聞こえて来ました。するとフレッドが皮肉たっぷりに「どういたしましてロン。ここはまさに俺たちの目指したドンヅマリさ」と言ったのでした。そして次にはジョージがこう言うのが聞こえました。

「ああ全く人生最高の経験だよ」

ジョージの声は壁にベッタリ押しつけられているかのようでした。するとアーサー氏が誰に言うともなく「まあまあ。どうしたらいいか考えている所だから」と言ったかと思うと「これしかない」と方法を思いついたようでした。

アーサー氏はハリーに「下がっていなさい」と言いました。そこでハリーはソファーの所まで下がりました。しかしバーノン叔父さんは逆に前に出て「ちょっと待った!一体全体何をやらかそうと?」と声を張り上げたのでした。

「バーン」という音と共に暖炉の板張りが破裂し電気ストーブが部屋を横切って吹き飛びました。瓦礫や木っ端と一緒にアーサー氏にフレッドとジョージにロンが吐き出されて来ました。ペチュニア叔母さんは悲鳴を上げました。

ペチュニア叔母さんはコーヒーテーブルにぶつかって仰向けに倒れましたが床に倒れ込む寸前にバーノン叔父さんが辛うじて支えました。そして叔父さんは大口を開けたまま物も言えずにウィーズリー一家を見つめたのでした。

ようやくご対面という事になったのでした。

今日の最後に
前日ハリーに送って来た手紙でロンは明日の午後5時に迎えに行くと書いていたものの「どうやって迎えに行くのか?」については明らかにしませんでした。おそらくは「驚かしてやろう!」とそう思って伏せたんでしょうね。

ところが煙突飛行粉を使ってプリベット通り4番地にやって来たら暖炉が塞がれているという予期せぬ事態が待ち受けていました。そのためハリーは吹き出しそうになるのを堪えなければならないという事になってしまいました。

しかし煙突飛行粉を使っての来訪という手段はアーサー氏のダーズリー一家に対する配慮が伺えますよね。ダーズリー一家は自分たちが魔法界と関わりを持っている事を隣近所に知られる事を極度に恐れています。それならば?

これなら隣近所のマグルの人たちに自分たちの姿を見られなくて済む。マグル好きのアーサー氏としてはダーズリー一家とはこれを機会に仲良くなりたい。そう思っていたでしょうからこれぐらいの事は当然と思ったんでしょう。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2064-e85dad71