FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

2年前からは「夏休みシリーズ」の後はこれをやる事になっています。ハリーがその第一報を聞いたのはプリベット通り4番地のキッチンでした。そのためその脱獄犯が魔法使いだと知った時には驚愕する事になりました。そして学期末試験最終日の夜に・・・(全3項目)

3-1.シリウス・ブラックの脱獄
シリウス・ブラックは自分の命を狙っているらしい。ハリーがこの脱獄犯の事を最初に聞いたのは何とプリベット通り4番地のキッチンでした。マグルのニュースで報道されていたのです。魔法使いだと知った時は驚愕しました。

そして自分の命を狙っているらしいと知ったのは夏休みの最終日の事です。滞在していた「漏れ鍋」の食堂でウィーズリー夫妻が言い争いをしているのを偶然聞いてしまいハリーはそこでこの事を知ったというわけなんですよね。

しかしその時はハリーはシリウス・ブラックの事を楽観視していました。それというのもシリウス・ブラックがヴォルデモートの腹心の1人だと魔法使いだと知った「夜の騎士(ナイト)バス」の中で聞かされたからなんですよね。

ヴォルデモートの右腕だと言うのなら当然シリウス・ブラックもダンブルドアの事を恐れているのでは?ウィーズリーおばさんも同意見でした。ところがシリウス・ブラックはダンブルドアを恐れる事など全くありませんでした。

10月31日のハロウィンにはグリフィンドール寮の門番を務める「太った婦人(レディ)」を襲ったりクィディッチのグリフィンドール対レイブンクロー戦が行われた日の真夜中には合言葉を入手して侵入して来たりもしたのでした。

そんな最中にハリーは知ってしまったのでした。シリウス・ブラックはハリーの父親のジェームズ・ポッターの無二の親友だった。そのシリウス・ブラックが裏切った事で自分の両親はヴォルデモートに殺害されてしまったんだ。

ところが実はシリウス・ブラックが命を狙っていたのはハリーではありませんでした。誰もその理由を見抜けなかったのは世間ではその男は死んだと思われていたからです。ハリーは学期末試験の最終日の夜にそれを知りました。

その出来事はハリーたち3人がハグリッドの小屋を出て城に戻る途中で起きたんですよね。

3-2.巨大な犬が現れて
ハリーたち3人は試験終了後「透明マント」を被ってハグリッドの小屋に行きました。ヒッポグリフのバックビークを処刑しないようにと魔法省の「危険生物処理委員会」の役人に訴えるためでした。ところがだったんですよね。

そこで驚くべき発見をしたのです。クルックシャンクスに食べられて死んでしまったと思っていたロンのペットのスキャバーズがミルク入れの中に隠れているのをハーマイオニーが見つけたのでした。しかしその直後の事でした。

ハグリッドが突然立ち上がって「連中が来おった」と言いました。ハリーたちが振り向くとダンブルドア校長に魔法大臣コーネリウス・ファッジと「危険生物処理委員会」のメンバー2人がこちらに向かって来るのが見えました。

ハグリッドはハリーたちが許可も貰わずに城の外にいるのを魔法省の役人が見たら厄介な事になると言って3人に城に戻るようにと言いました。ハリーたちは裏口から出て城に戻り始めました。その途中で事は起きたんですよね。

スキャバーズは恐怖に駆られたようにひたすら怖がっていました。ありったけの力で身をよじり握り締めているロンの手から何とか逃れようとしていました。しかしその時ハリーは地を這うように身を伏せ近づくものを見ました。

クルックシャンクスでした。近づいて来ているのに気づいたハーマイオニーが「あっちに行きなさい!行きなさいったら!」と言いました。しかしクルックシャンクスは徐々に近づいて来ました。その時の事だったんですよね。

スキャバーズはロンの指の間をすり抜け地面に落ち遮二無二逃げ出しました。クルックシャンクスがその後を追いました。ハリーとハーマイオニーが止める間もなくロンはマントをかなぐり捨て猛スピードで闇の中に消えました。

2人は顔を見合わせてそれから大急ぎでロンを追いかけました。マントを被っていては全速力で駆けるのは無理でした。2人はマントを脱ぎ捨ててロンを追って疾走しました。前方にロンが駆ける足音と怒鳴る声が聞こえました。

「スキャバーズから離れろ。離れるんだ。スキャバーズこっちへおいで」

「捕まえた!とっとと消えろ。嫌な猫め」

ハリーとハーマイオニーは暗くて姿が見えなかったためロンのぎりぎり手前で急ブレーキをかけました。ロンは地面に腹這いになっていましたがスキャバーズはポケットに収まりロンがそれを両手でしっかりと押さえていました。

3人は再びマントを被ろうとしました。ところが息を整える間もなく何か巨大な動物が忍びやかに走る足音が聞こえて来ました。暗闇の中を何かがこちらに向かって跳躍して来ます。巨大な薄茶色の目をした真っ黒な犬でした。

ハリーは杖に手をかけましたが駄目でした。犬は大きくジャンプして前足でハリーの胸を打ちました。ハリーは仰け反って倒れました。しかし勢い余って犬はハリーから転がり落ちました。ハリーは立ち上がろうとしたのでした。

ところが急旋回をしてやって来たと思ったら犬が噛んだのはハリーではなくて立っていたロンの腕でした。犬は安々とロンを引きずって連れて行ってしまいました。ハリーが杖先に灯りを点すと「暴れ柳」の根元に犬がいました。

根元に大きく開いた隙間にロンを引きずりこもうとしていました。ロンは激しく抵抗していましたが姿が見えなくなりつつありました。最後は足しか見えなくなりました。その足も銃声のような音と共に消えてしまったのでした。

ロンの足の骨が折れたのです。ハーマイオニーはハリーに「助けを呼ばなくちゃ」と言いましたがハリーは「駄目だ!あいつはロンを食ってしまうほど大きいんだ。そんな時間はない」と言って犬の後を追うと言い張りました。

しかし目の前には「暴れ柳」があります。

3-3.犬を追って行ったら
「あの犬が入れるなら僕たちにもできるはずだ」こう言うとハリーはあちらこちらと飛び回り凶暴な大枝の攻撃を回避できる道を何とかして見つけようとしました。しかし「暴れ柳」の根元に近づく事など全くできませんでした。

流石のハーマイオニーもその場でおろおろ走り回りながら「ああ誰か助けて」とか「誰かお願い」などと呟く事しかできません。ところがそこでクルックシャンクスが素早く前に出ると殴りかかる木の枝をすり抜けて行きました。

そして両方の前脚を節の1つに乗せました。すると何と摩訶不思議な事に「暴れ柳」はまるで大理石になったかのように動きを止めました。木の葉1枚たりとも全く動きません。それを見てハーマイオニーはこう呟いたのでした。

「クルックシャンクス!この子どうして判ったのかしら?」

この疑問にハリーは「あの犬の友達なんだ。僕2匹が連れ立っている所を見た事がある」と答えたその後に「行こう。君も杖を出しておいて」と言いました。2人が根元の隙間に近づくとクルックシャンクスが先に入りました。

狭い土のトンネルの傾斜を底まで滑り落ちるとクルックシャンクスが少し先を歩いていました。ハリーが先に立ちハーマイオニーが後ろから従いてクルックシャンクスを追うようにして2人は通路を奥へ奥へと進んで行きました。

「このトンネルどこに続いているのかしら?」

ハーマイオニーのこの問いにハリーは「忍びの地図」に書いてあるが分らない。フレッドとジョージはこの道は誰も通った事がないと言っていた。この道の先は地図の端からはみ出している。ホグズミードに続いているみたいだ。

こう答えました。2人はほとんど体を二つ折りにして急ぎに急ぎました。クルックシャンクスの尻尾が見えたり隠れたりしました。ハリーがかつて使っていたハニーデュークス店に続く通路と同じくらい長く感じられたのでした。

トンネルが上り坂になりました。やがて道が曲がりクルックシャンクスが見えなくなりました。その代わりに小さな穴からぼんやりした明かりが漏れて来てハリーの目に入りました。雑然とした埃っぽい部屋がそこにありました。

壁紙は剥がれかけ床は染みだらけで家具という家具はまるで誰かが打ち壊したかのように破損していました。窓には全て板が打ちつけられていました。ハーマイオニーがここは「叫びの屋敷」の中だとハリーに囁いたのでした。

頭上で軋む音がしました。何かが上の階で動いたのです。2人はできるだけこっそりと隣のホールに忍び込み崩れ落ちそうな階段を上りました。2人は杖先の灯りを消して扉の向こうから物音が聞こえて来る部屋に近づきました。

ハリーが扉を蹴り開けると埃っぽいカーテンの掛かった四本柱の天蓋ベッドにクルックシャンクスが寝そべっていました。そしてその脇の床に足を投げ出してロンが座っていました。ハリーとハーマイオニーは駆け寄りました。

ハリーが「犬はどこ?」と訊くとロンは「犬じゃない。ハリー罠だ」と答えました。あいつが犬なんだ。あいつは「動物もどき」なんだそうです。ロンはハリーの肩越しに背後を見つめました。ハリーはくるりと振り向きました。

そこにいたのは?

今日の最後に
当サイトでは何度も指摘している事なんですがハリーは極めて優秀な開心術士です。しかしハリー自身はその事を全く自覚していません。この場面でハリーは現れた犬の思いを見抜いて助けを呼ばずに後を追いかけたんですよね。

それは犬の「どうしてもハリーに伝えたい事があるんだ」という思いを見抜いたからというわけです。これと同時にハリーは意識の底で「この犬は絶対自分を傷つけない」と見抜いていた。だから助けは必要ないと思ったのです。

そういう事だったんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.