FC2ブログ
翌日ハリーたちが朝食を取りに大広間に下りて行くと例によって例の如くドラコ・マルフォイが嫌味なパフォーマンスでスリザリン生たちを沸かせていました。しかし前夜のマルフォイは「そんな事は言ってられない」という状況だったそうです。さらに10月31日には大広間でハロウィン・パーティが開催されて・・・(全3項目)

3-1.朝食に下りて行くと
翌日の朝ハリーたち3人が朝食を取りに大広間に下りて行くと最初に目に入ったのはドラコ・マルフォイでした。何やらスリザリン生を沸かせているようで3人が通り過ぎると馬鹿馬鹿しい仕種で気絶するフリをしていました。

ハリーのすぐ後ろにいたハーマイオニーが「知らん振りよ。無視して。相手にするだけ無駄」と言おうとしました。するとその言葉を言い終わらない内にスリザリンの女子生徒のパンジー・パーキンソンがこう言って来たのでした。

「あーらポッター!ポッター!吸魂鬼が来るわよ。ほらポッター!ううううううううう!」

囃し立てられて面白くないハリーがドサッと座ると隣にいたジョージが「3年生の新学期の時間割だ」と言って時間割を渡した後に「ハリー何かあったのか?」と訊いて来ました。それにロンが「マルフォイの奴」と答えました。

ジョージがスリザリンのテーブルに目をやるとマルフォイはまたしても気絶する真似をしていました。しかしジョージは「あのろくでなし野郎」と言いつつ落ち着いていました。昨夜はあんなに気取っていられなかったそうです。

ホグワーツ特急で吸魂鬼が近づいて来た時にフレッドとジョージがいたコンパートメントに駆け込んで来たんだそうです。半端ないほどの怖がりようだったのだそうです。でもフレッドとジョージもうれしくはなかったそうです。

あの吸魂鬼って奴らは恐ろしくて何だか体の内側を凍らせるんだそうです。だけどそれでも気を失ったりはしなかっただろう?ハリーが低い声でこう言うとジョージが励ますようにハリーに向かって「忘れろよ」と言いました。

ある日アーサー氏もまたアズカバンに行かなくてはならない事があったのだそうです。その時アーサー氏は「あんなひどい所には行った事がない」と言っていたそうです。帰って来た時はすっかり弱って震えていたんだそうです。

吸魂鬼って奴は幸福というものをその場から吸い取ってしまう。アズカバンじゃ囚人はだいたいが気が狂ってしまう。ジョージがこう言ってハリーを励ますとフレッドもまたこう言ってハリーを励ましたというわけなんですよね。

「俺たちとのクィディッチ第一戦の後でマルフォイがどのくらい幸せでいられるか拝見しようじゃないか。グリフィンドール対スリザリン。シーズン開幕の第一戦だ。覚えているか?」

去年ハリーとドラコ・マルフォイはクィディッチで初めて対戦をしました。その時マルフォイは自分のすぐそばにスニッチがあったのにそれに気づかずハリーにそのスニッチを取られてしまいました。つまりは完全な負けでした。

ハリーは少し気を良くしてソーセージと焼きトマトに手を伸ばしたというわけなんですよね。

3-2.いよいよ今日から授業という事で
「わあうれしい。今日から新しい学科がもう始まるわ」一方ハーマイオニーは今年度の時間割を見て幸せそうな声でこう言っていました。するとロンがハーマイオニーの時間割を肩越しに覗き込み顔をしかめるとこう言いました。

「君の時間割メチャクチャじゃないか。ほら1日に10科目もあるぜ。そんなに時間があるわけないよ」

しかしハーマイオニーはマクゴナガル先生と一緒に決めたんだから何とかなると言って意に介しません。するとロンは「でも。ほら」と言うと笑い出しました。今日の午前中は9時に3つもの科目を同時に受ける事になっています。

9時に「占い学」そして9時に「マグル学」さらに9時に「数占い学」と同時刻にこの3つの科目が並んでいるのです。君が優秀なのは知っている。だけど一体全体どうやって3つの授業に同時に出席をするんだとロンが訊くと・・・

「馬鹿言わないで。一度に3つのクラスに出るわけないでしょ」

ハーマイオニーは口早にこう答えました。ロンがさらに突っ込みを入れるとハーマイオニーは「ママレード取ってくれない」と言って話を逸らそうとしました。しかしロンが「だけど」と言うとハーマイオニーはこう言いました。

「ねえロン。私の時間割がちょっと詰まってるからってあなたには関係ないでしょう?言ったでしょ。私マクゴナガル先生と一緒に決めたの」

ハーマイオニーは「この話はこれで終わり!」と言いたげにびしゃりとこう言いました。その時ハグリッドが大広間に入って来ました。片手にケナガイタチの死骸をぶら下げて無意識にぐるぐる回しながら3人にこう言いました。

「元気か?お前さんたちが俺のイッチ番最初の授業だ!昼食のすぐ後だぞ!5時起きして何だかんだ準備してたんだ。上手く行きゃいいが。俺が先生。いやはや」

ハグリッドはいかにもうれしそうに笑い引き続きケナガイタチを振り回しながら教職員テーブルに向かいました。ロンの「何の準備をしてたんだろ?」と言う時の声は少々心配そうでした。しかし自分の時間割を見てみて・・・

「僕たちも行ったほうがいい。ほら占い学は北塔のてっぺんでやるんだ。着くのに10分はかかる」

ハリーたちは慌てて朝食を済ませフレッドとジョージにさらならを言って来た時と同じように大広間を横切りました。スリザリンのテーブルを通り過ぎる時にマルフォイがまたもや気絶するふりをして笑いを取っていたのでした。

3-3.ハロウィン・パーティ
それから2ヵ月の歳月が流れて10月31日の夜には大広間でハロウィン・パーティが開催されました。その日はロンとハーマイオニーにとってはうれしい事に今学期初めてホグズミード行きが許されて2人は行ったというわけです。

しかしハリーは1人取り残される事になってしまいました。バーノン叔父さんが許可証にサインをしてくれずハリーは「漏れ鍋」で会った際に魔法大臣コーネリウス・ファッジにも頼みましたがサインをしてくれなかったのです。

談話室にいると例によって例の如く崇拝者たちの好奇の目に晒されるのでハリーは談話室を出てうろうろしていました。するとルーピン先生がハリーを呼び止めてくれて部屋で紅茶を飲ませてくれました。ところがだったのです。

そこにスネイプが煙の上がるゴブレットを持ってやって来ました。ハリーがロンとハーマイオニーにその事を話すとロンは息を呑んで「ルーピンがそれ飲んだ?マジで?」と言いました。するとハーマイオニーがこう言いました。

「そろそろ下りたほうがいいわ。宴会があと5分で始まっちゃう」

3人は急いで大広間に向かいましたがハーマイオニーはあたりを注意深く見回して声を落とすとスネイプがルーピンに毒を盛るつもりならハリーの目の前ではやらないだろうと言ったのでした。そして3人は大広間に着きました。

大広間には何百ものくり抜きかぼちゃに蝋燭が点り生きたこうもりが群がり飛んでいました。燃えるようなオレンジ色の吹き流しが荒れ模様の空を模した天井の下で何本も鮮やかな海蛇のようにくねくねと泳いでいたのでした。

食事も素晴らしくロンとハーマイオニーはハニーデュークスの菓子でお腹一杯のはずなのに全ての料理をお代わりしました。ハリーは教職員テーブルのほうを何度もちらちら見ましたがルーピン先生の身には何事もないようです。

ルーピン先生は楽しそうで特に変わった様子もなくフリットウィック先生と何やら生き生きと話していました。ハリーは教職員テーブルに沿ってスネイプも見ましたがスネイプが不自然なほどにルーピン先生を頻繁に見ている。

ハリーにはそんな気がしましたが自分が気にし過ぎているのか?単なる錯覚なのかについては判断がつきませんでした。宴の締めくくりはホグワーツのゴーストたちによる余興でした。壁やテーブルなどから現れ出でると・・・

編隊を組んで空中滑走しました。グリフィンドール塔付きのゴースト「ほとんど首なしニック」は打ち首をしくじった場面を再現して大受けを取りました。生徒たちが大広間を出る時にマルフォイがハリーにこう言って来ました。

「ポッター吸魂鬼がよろしくってさ!」

しかしハリーの気分は壊れはしませんでした。そのくらいハロウィン・パーティが楽しかったからです。ところが思わぬアクシデントがグリフィンドール生を待ち受けていました。寮に入る事ができなくなっていたんですよね。

それは「太った婦人(レディ)」が・・・

今日の最後に
吟遊詩人「ビードルの物語」の「豊かな幸運の泉」のアルバス・ダンブルドアの解説文にはハグリッドの前任者で「魔法生物飼育学」の教師だったシルバヌス・ケトルバーン先生の極めて詳細な履歴が紹介されているんですよね。

何でもケトルバーン先生はホグワーツ在籍中に少なくとも「62回」もの休職処分を受けてもなお在職し続けたそうです。当時校長だったアーマンド・ディペット先生とケトルバーン先生は常に緊張関係になっていたんだそうです。

ディペット校長はケトルバーン先生の事を「やや向こう見ず」とそう考えていたのだそうです。しかしダンブルドアが校長になった頃にはケトルバーン先生も相当に角が取れていたんだそうです。つまりかなり温和になっていた。

しかし皮肉な見方をする人はいるもので手足が1本と半分しか残っていない状態になってはケトルバーン先生も少しはおとなしくなるのはしかたがないという意見があったとの事でした。でも超ベテランの先生だったんですよね。

何せダンブルドアが校長になる以前からホグワーツで教えていたんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2097-91f2b3a3