FC2ブログ
ホグワーツ在学期間中にディーン・トーマスは3人の女性と付き合いました。でも結果としてハリーに激しく翻弄される事になってしまいました。それは何故かと云うと実はディーンが1人目と3人目に付き合った女性が大いに問題だったというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.ディーン・トーマスの女性遍歴
実はディーン・トーマスはホグワーツ在学期間中に3人の女性と付き合いました。でも結果としてハリーに激しく翻弄されてしまいました。1人目はご存知のように同学年で同じグリフィンドール生のパーバティ・パチルでした。

三大魔法学校対抗試合の開催を記念して行われたクリスマス・ダンスパーティに一緒に行こうと誘って「OK」の返事を貰ったのにハリーに横取りされてしまったんですよね。でもハリーはその事を全く知らずに誘ったんですよね。

ディーンが次に付き合ったのはラベンダー・ブラウンでした。当初ラベンダーはシェーマス・フィネガンと付き合っていました。前述の4年生時のクリスマス・ダンスパーティにはラベンダーはシェーマスと行っていたからです。

5年生になった時シェーマスとラベンダーは「ハリーは嘘つきの目立ちたがり屋でダンブルドアはボケ老人」という「日刊予言者新聞」の記事内容を信じていて意見が一致していました。しかしラベンダーは考えが変わりました。

それは「薬草学」の授業を受けるために温室の前で待っていた時でした。合同で一緒に「薬草学」の授業を受けるハッフルパフ生で監督生のアーニー・マクミランがよく通る大きな声でハリーにこう言って支持を表明したのです。

「言っておきたいんだけど。君を支持しているのは変なのばかりじゃない。僕も君を百パーセント信じる。僕の家族はいつもダンブルドアを強く支持して来たし僕もそうだ」

アーニーの言う「変なの」というのはルーナ・ラブグッドの事です。ハッフルパフの監督生がハリーの支持を高らかに宣言した。これを聞いてラベンダーは考えが変わりシェーマスと別れてディーンと付き合うようになりました。

そのためハーマイオニーが呼びかけてホグズミードの「ホッグズ・ヘッド」で行われた後の「ダンブルドア軍団」の準備会合にはディーンはネビルとラベンダーと共に出席しているんですよね。つまりここでもというわけです。

ハリーとダンブルドアを信じるのか?あるいは信じないのか?その意見の変遷が男女関係にも大きく影響していたというわけなんですよね。こうしてディーン・トーマスはラベンダー・ブラウンと付き合うようになったのでした。

そして3人目は?

3-2.一番の充実期
そんなディーンですが5年生の学期末あたりからジニー・ウィーズリーと付き合うようになりました。帰りのホグワーツ特急でロンがジニーに「この次は誰かもっといいのを選べよ」と言ったのにジニーがこう答えたのでした。

「そうね。ディーン・トーマスを選んだけどましかしら?」

それまでジニーはレイブンクロー生のマイケル・コーナーと付き合っていました。しかしクィディッチの最終戦グリフィンドール対レイブンクロー戦でグリフィンドールが勝った事にマイケルが立腹し2人は別れたんだそうです。

ディーンとジニーは夏休み明けも順調に付き合いを続けたのでした。新学期初日のホグワーツ特急でハリーが「コンパートメントを探しにいかないか?」と声をかけるとジニーは明るくこう答えてその申し入れを断っていますね。

「駄目ハリー。ディーンと落ち合う約束してるから」

10月半ばにホグズミード行きが許された時にもディーンとジニーはハリーがチョウ・チャンと一度だけ行った事のある幸せなカップルの溜まり場のマダム・パディフットの喫茶店にとっぷりと閉じこもっていたようなんですよね。

ところがその日に事件は起りました。グリフィンドール・チームのメンバーの1人のケイティ・ベルが「服従の呪文」をかけられて呪われたネックレスを持たされ学校に持ち込もうとして友人のリーアンと言い争いをしたのです。

ネックレスの奪い合いになった際にそれがケイティの指に触れてケイティは次の日には「聖マンゴ魔法疾患障害病院」に移送されました。ケイティは長期入院を余儀なくされキャプテンのハリーはメンバーの補充に迫られました。

「君まだチェイサーでプレイする気があるかい?」

改めて全てのグリフィンドール生から選び直すのは到底耐えられないのでハリーはこうディーンに声をかけました。ディーンは「えっ?ああもちろんさ!」と答えると興奮していました。そんなディーンにハリーはこう告げました。

「それじゃ君が入ってくれ。今晩練習だ。7時から」

ディーンは「よし万歳。ハリー!びっくりだ。ジニーに早く教えよう!」と言うと駆け出して行きました。先学期末からジニーと付き合い始めた上に何と驚く事にはグリフィンドール・チームのチェイサーにも選ばれてしまった。

ディーンにしてみれば「これ以上はない!」というぐらいの充実期というわけなんですよね。

3-3.断たれた望み
片手には寮代表チームのチェイサーの座。そしてもう片手にはジニーという事でディーンはホグワーツに入ってから最も充実した日々を過ごしていました。でも極めて残念な事にそんな幸せな時は長くは続かなかったんですよね。

その後ディーンと別れたラベンダー・ブラウンは何とロンと付き合っていました。そのためロンはハーマイオニーと仲違いしクリスマス休暇はハーマイオニーは「隠れ穴」には来ませんでした。ハリーは「隠れ穴」に行きました。

「隠れ穴」でハリーはコーネリウス・ファッジに代わって魔法大臣に就任したルーファス・スクリムジョールに会いました。さらにウィーズリー夫妻が招待してこれも「隠れ穴」にやって来たリーマス・ルーピンとも会いました。

そのため休暇が明けて学校に戻って来た時にはハーマイオニーに話したい事が山のようにありました。そこでハーマイオニーがジニーに「あそこにテーブルがあるわ。来る?」と声をかけるとジニーはこう答えたというわけです。

「ううん。ディーンと会う約束をしたから」

しかしハリーはふとジニーの声があまり乗り気ではない事に気づきました。かつてジニーはハリーの事が好きでした。でもハーマイオニーがアドバイスをしてジニーは暫くの間はハリー以外の男性と付き合う事にしていたのです。

しかし完全にハリーの事を諦めたわけではありませんでした。ハリーの前に立つと一言も話せなくなってしまう。そんなジニーにハーマイオニーは別の男性と付き合えばハリーの前で自然に振舞えるようになると言ったのです。

結局ディーンとジニーは別れてしまいました。それでもディーンは望みを捨ててはいませんでした。ジニーがまだ誰とも付き合っていなかったからです。そしてジニーと再び付き合う千載一遇のチャンスが巡って来たんですよね。

ハリーがスネイプから罰則を食らい最終戦の対レイブンクロー戦に出場する事ができなくなったのです。ディーンはケイティ・ベルが聖マンゴを退院して戻って来たためグリフィンドール・チームのメンバーから外れていました。

しかしハリーに代わってジニーがシーカーになりディーンは再びチェイサーとしてチームに復帰する事になりました。グリフィンドールを勝利に導けば試合後の勝った高揚感でジニーと再び付き合えるようになるかもしれない。

「勝ったんだ!450対140!勝ったぞ!」

ハリーはあたりを見回しました。ジニーが駆け寄って来ました。決然とした燃えるような表情でジニーはハリーに抱きつきました。ハリーは何も考えず何も構えず50人もの目が注がれているのも気にせずジニーにキスをしました。

ハリーがジニーの頭越しに談話室を見るとディーン・トーマスが手にしたグラスを握りつぶしていました。最後の望みが絶たれた瞬間でした。

今日の最後に
「生き残った男の子」と呼ばれ魔法界では知らぬ者がいないという超有名人のハリー・ポッターという事でハリーに思いを寄せる女の子はわんさといました。そんな中の2人がパーバティ・パチルとジニー・ウィーズリーでした。

ディーンにとって不幸だったのは1人目と3人目に付き合った女性がいずれもハリーに思いを寄せていたという事です。言ってみればジニーが付き合ったマイケル・コーナーもそしてディーンも踏み台にされてしまったんですよね。

不運だったとしか言いようがありませんよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2102-a5938288