FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ついにクリスマスにポリジュース薬が完成してスリザリン寮の談話室への潜入に成功したハリーとロンでしたが結果は3人が期待していたものではありませんでした。一方クリスマス休暇終了後ハリーの元についに「リドルの日記」がやって来ました。(全5項目)

5-1.マルフォイ尋問の結果は?
そんなわけでクリスマスにポリジュース薬が完成してハーマイオニーの作ったシナリオ通りにドラコ・マルフォイの尋問を決行することになりました。

計画は終始ハーマイオニーが主導権を握る形で行なわれ躊躇する2人にハーマイオニーは「これから変身する相手の一部分が必要なの」と事もなげに言ったのでした。

結果はご存知の通りマルフォイは一連の襲撃事件の犯人ではなく父親のルシウスは自分の息子が疑われないようにと企みの詳細を打ち明けることすらしていませんでした。

ハリーたち3人にとっては期待外れの結果になったわけですが「このこと」を通じて3人は後々重要となるポリジュース薬の作り方や特徴を「体験学習」することになったというわけですね。

5-2.「リドルの日記」との出会い
ハーマイオニーが猫の毛をポリジュース薬に入れて変身してしまって医務室に長期入院することになってしまい2人が医務室に宿題を届けて寮に戻ろうとしていると・・・

上の階からフィルチのヒステリックな声が聞こえてくるのでフィルチがいなくなった後に様子を確かめに3階のトイレに行くとマートルが誰かが本を投げつけて来たと泣いていました。

危険な本かもしれないと警告するロンをかわしてハリーが拾い上げたのは日記でした。持ち主の名前は「T.M.リドル」これがハリーと「リドルの日記」との出会いでした。

5-3.襲撃事件止まる!
「リドルの日記」の持ち主がジニーからハリーへと変わりハリーはジニーのように日々の出来事を書き込むということはしなかったので、これをキッカケに襲撃事件はパタリと止まってしまったというわけです。

2月の初めにハーマイオニーが退院して「リドルの日記」が50年前のものだと知って色々試してみましたが日記は反応せず、しばらくの間はハリーの鞄に入ったままでした。

ハリーが「リドルの日記」の異変に気づいたのはバレンタインデーの日でロックハートが呼んだ配達キューピットに襲われて鞄を引き裂かれてインク壷が割れてインクが飛び散った時で・・・

他の本はみんな赤インクで染まっているのに「リドルの日記」は何事もなかったように以前のままの状態なので、その夜ハリーは誰よりも早くベッドに入って・・・

「僕はハリー・ポッターです」と書き込むと何と!日記が「僕はトム・リドルです」と返事がきたのでした。それがハリーとトム・リドルとの出会いでした。

5-4.トム・リドルとの出会い
ハリーが日記の中から出て来たトム・リドルに再び襲撃事件が連続して起こり3人の犠牲者が出ていることや、事件の背後に誰がいるのか?全く分らないことなどを告げて・・・

「秘密の部屋」について何か知っていることはないですか?と訊ねるとトム・リドルは「それは伝説だ存在しないものだと言われていました。でもそれは嘘だったのです」と答えました。

そしてリドルが5年生の時に部屋が開けられて怪物が数人の生徒を襲い、とうとう1人が殺される結果になったがリドルが犯人を捕まえて「その人物」は学校から追放されたので・・・

学校には平和が戻ったが怪物を解き放つ力を持った人物は投獄されにかったのでリドルはやがて再び事件が起こることを知っていたとのことです。

そしてハリーはリドルから秘密の部屋を開けて怪物を解き放った「その人物」がハグリッドだったことを知らされることとなったのでした。

5-5.この場面でのダンブルドア
日記から出て来たトム・リドルの説明で50年前に「秘密の部屋」を開けたのはハグリッドだと思ってしまったハリーだったのですが・・・

何はともあれ結果としてハグリッドがどうしてホグワーツを中途退学したのか?の経緯をハリーたち3人は知ることになったわけですね。

そういった理由でダンブルドアは敢えて日記の中のトム・リドルとハリーが会うことを黙って見過ごしたということだったんでしょうね。

またハリーは第4巻「炎のゴブレット」でもペンシーブ・憂いの篩を通じて過去の出来事を見る機会があるので、その予行演習という意味合いもあったんではないかな?と私は思います。

本日の最後に
そういったわけで「秘密の部屋」が間違いなく存在することと、それが50年前に開かれて同様の襲撃事件が起きて「その時」には死者も出たことを知ったハリーたちでしたが・・・

この後さらに衝撃的な出来事が起こることとなるわけですね。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第2巻「秘密の部屋」より第12章「ポリジュース薬」
第2巻「秘密の部屋」より第13章「重大秘密の日記」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.