FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーが2年生の時には「秘密の部屋」の伝説の事を知りたいがために大人気になった「ホグワーツの歴史」ですがハリーもロンも読む気は全くないようですね。4年生の時にもハーマイオニーはハリーとロンにこの本を読むようにと強く進言したのですが・・・(全3項目)

3-1.ホグワーツの歴史
今週紹介して来たようにその読書熱は凄まじいものですがそんなハーマイオニーが特に気に入っている本が「ホグワーツの歴史」なんですよね。ハーマイオニーの口からはこの本の事が折りに触れて登場して来ているんですよね。

「本当の空に見えるように魔法がかけられているのよ。ホグワーツの歴史に書いてあったわ」

ハリーを含めた1年生が組分けの儀式を受けるために初めて大広間に入りハリーが天井を見上げると黒い空に星が点々と光っていました。その時ハーマイオニーがこう説明するのがハリーの耳に聞こえて来たというわけですよね。

ハリー3年生の10月31日のハロウィンの日にシリウスが「太った婦人(レディ)」を襲って生徒全員が大広間で一夜を過した事がありました。その時に生徒たちの間で議論になったのがシリウスの侵入方法だったというわけです。

ハリーたち3人の周囲で唱えられたのが「姿現わし術」に「変装」と「飛んで来た」という説でした。その際ハーマイオニーはこの「ホグワーツの歴史」で得た知識を使ってホグワーツには安々と侵入できないと力説しました。

何でもホグワーツのこの城を護っているのは城壁だけではないそうです。こっそり入り込めないようありとあらゆる呪文がかけられているのだそうです。したがって「姿現わし」も飛んで来て入り込むのも不可能なんだそうです。

それに加え全ての出入り口に吸魂鬼が見張っているので変装も駄目なのだそうです。さらにホグワーツは外国の魔法界の人たちやマグルにも見つからないよう魔法がかけられていると「ホグワーツの歴史」に書いてあるそうです。

その時ハリーたちはまだ知らなかったのですが今年度ホグワーツで百年以上ぶりに三大魔法学校対抗試合が復活開催される事になっていました。その事を知っていたドラコ・マルフォイがダームストラングの事を話していました。

魔法学校には昔から強烈な対抗意識があった。だからダームストラングとボーバトンは誰にも秘密を盗まれないように学校がどこにあるのかを隠したがっている。こう言うハーマイオニーにロンは半ば呆れてこう訊いたのでした。

「そんな馬鹿な。ダームストラングだってホグワーツと同じぐらいの規模だろ。馬鹿でっかい城をどうやって隠すんだい?」

するとハーマイオニーはホグワーツも隠されているとそう言うのです。マグルが見ると朽ちかけた廃墟に見えたりクィディッチ・ワールドカップの競技場みたいに「マグル避け呪文」がかけられている可能性もあるのだそうです。

さらには外国の魔法使いに見つからないよう「位置発見不可能」にしている。これは建物に魔法をかけて地図上でその位置を発見できないようにしているんだそうです。これらの事は「ホグワーツの歴史」に書いてあるそうです。

3-2.他に誰も読んでいない!
規則が変わって本当に良かった。ホグワーツ特急がホームを出る時ウィーズリーおばさんはハリーたちにこう言いました。それはどういう事かと云うと今回の三校対抗試合は「代表選手は17才以上」と年齢制限が設けられました。

パーシーが卒業しウィーズリー家に於ける在校生の最高学年は16才のフレッドとジョージになりました。したがってハリーにハーマイオニーはもちろんフレッドとジョージも来年の4月に17才になるので代表選手にはなれません。

だから安心というわけですよね。しかし優勝賞金が一千ガリオンと聞いてそれが手に入れば悪戯専門店の開業資金になるという事でフレッドとジョージは何とかして代表選手に名乗りを上げようと策を考えていたというわけです。

ハリーたちが三校対抗試合の事を知ったのはダンブルドア校長の口からでした。でもその時ダンブルドアは「代表選手をどうやって選ぶのか?」については「公明正大なる審査員が決める」とそう言うだけに留まったんですよね。

フレッドとジョージはマクゴナガル先生にそれを訊いたのだそうです。しかし具体的な選考方法は教えてくれず競技は審査員の前で代表選手が課題をいかに上手くこなすのかによって点数がつけられるとそう言ったんだそうです。

そこでハリーが「誰が審査員になるの?」と訊くとハーマイオニーが「そうね。参加校の校長は必ず審査員になるわね」と答えました。何でそんな事を知っているんだ!そういった感じで一同はかなり驚いて振り向いたのでした。

「1792年の試合で選手が捕まえるはずだった怪物のコカトリスが大暴れして校長が3人とも負傷してるもの」

こう答えた後に一同の視線に気づいたハーマイオニーは「私の読んだ本を他の誰も読んでいないなんて」という毎度お馴染みの歯痒そうな口調で「ホグワーツの歴史に全部書いてあるわよ」とそう言ったというわけなんですよね。

でもこの「ホグワーツの歴史」は完全には信用できないのだそうです。より正確なのは「改訂ホグワーツの歴史」であるいは「偏見に満ちた選択的ホグワーツの歴史~嫌な部分を塗りつぶした歴史」もいいとの事なんだそうです。

何故3種類もの「ホグワーツの歴史」をハーマイオニーは読んだのか?この夏クィディッチ・ワールドカップの競技場で屋敷しもべ妖精のウィンキーに出会ってからというものハーマイオニーは怒りを募らせていたんですよね。

「ホグワーツの歴史は千ページ以上あるのに百人もの奴隷の圧制に私たち全員が共謀してるなんて一言も書いていない!」

ハーマイオニーは屋敷しもべ妖精が給料も貰わず休みもなしで働いている事に腹を立て「しもべ妖精福祉振興協会」なる組織を立ち上げました。でも屋敷しもべ妖精の事がどの「ホグワーツの歴史」にも全く載っていなかった。

だから立腹したというわけなんですよね。

3-3.読む必要などない
このようにして「ホグワーツの歴史」を読みさえすればホグワーツがどのようにして護られているかや三校対抗試合では各校の校長が審査員になる事や過去の試合でどのような課題が出されたのかが判るというわけなんですよね。

その一方で百人以上の屋敷しもべ妖精が給料も貰わず休みもなしで働いている事が省略されていてハーマイオニーを苛立たせたりもしました。そんなハーマイオニーの知識を今度は別の形で引っ張り出させた人物がいたのでした。

それはリータ・スキーターです。スキーターは過去にもビル・ウィーズリーを「長髪のアホ」とこき下ろした事があるんだそうです。そして今度はアーサー氏が情報提供を拒んだという記事を「日刊予言者新聞」に掲載しました。

それを皮切りにスキーターはハリーの身近にいる人たちの記事を予言者新聞に載せてこき下ろすようになりました。11月初旬にはハリーをも被害に遭ってしまい捏造でっち上げ満載の記事が予言者新聞に載る事になったんですよね。

ところがスキーターはハリーたち3人が首を傾げたくなるような記事を書くようになりました。ハグリッドが半巨人だという記事を予言者新聞に掲載したり知る事ができるはずのない事実を「週間魔女」に載せたりもしました。

ハグリッドが半巨人だという事をハリーとロンは知りませんでした。ハーマイオニーは薄々気づいていたようですが3人ともハグリッド自身からは聞いていません。ハリーとロンはクリスマス・ダンスパーティの時に知りました。

ハグリッドがボーバトンの校長マダム・マクシームに話しているのを偶然聞いてしまったのです。でもスキーターはもう学校には出入り禁止になっているのでハグリッドとマダム・マクシームの会話を聞けるはずなどありません。

さらにスキーターは「占い学」の授業中にハリーが額の傷痕の痛みを訴えて教室を飛び出した事を「第3の課題」当日の予言者新聞に掲載しました。前述の「週間魔女」の記事でやり玉に上げられたのはハーマイオニーでした。

「第2の課題」の時にビクトール・クラムが「こんな気持ちを他の女の子に感じた事はない」とハーマイオニーに言った事を記事にしたのです。この事はハリーとロンでさえも知らず記事にされた時に初めて知ったんですよね。

一体全体リータ・スキーターは学校に出入り禁止になっているのにどうやってこれらの事実を知る事ができたのか?そこでハリーはハーマイオニーに「もしかして君に虫をつけたんじゃないかな」とそう言ったというわけです。

虫をつけた?何だいそれ?ハーマイオニーに蚤でもくっつけたのか?こう訊くロンにハリーは「虫」と呼ばれる盗聴マイクや録音装置について説明を始めました。ロンは夢中で聞きましたがハーマイオニーはこう言って来ました。

「2人ともいつになったらホグワーツの歴史を読むの?」

そんなハーマイオニーにロンが「そんな必要あるか?君が全部暗記してるもの。僕たちは君に訊けばいいじゃないか」と答え読む気など全くないというわけです。ちなみにそんなマグルの機械類はここでは役に立たないそうです。

マグルが魔法の代用品に使うコンピューターとかレーダーなどの物は空気中の魔法が半端なく強いので全部メチャクチャに狂ってしまうんだそうです。そういった事も「ホグワーツの歴史」にちゃんと書いてあるのだそうです。

今日の最後に
「2人ともいつになったらホグワーツの歴史を読むの?」前述のようにこう言うハーマイオニーにロンは君が全部暗記しているから君に訊けばいい。だから自分たちは読む気などないとそう言っていますね。何故なんでしょう?

やはり読みたくない一番の理由は千ページ以上と半端なく長いからでしょうね。だから読む気になどなれないというわけです。でも「改訂ホグワーツの歴史」はどうなんでしょう?ひょっとしたら短くなっているかもしれません。

ハーマイオニーにしてみれば自分が読んでいる本を他の誰も読んでいないなんてという無念の思いを抱いているようです。しかし見れば本を読んでいるというハーマイオニーにそんな事を言われたくないと誰もが思うでしょうね。

ハーマイオニーはそれが分っていないのです。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.