FC2ブログ
一晩に「150点」の減点というマクゴナガル先生が下した非情の裁定のお陰でハリーにネビルとハーマイオニーの3人は村八分状態に陥ってしまいました。そして学期末試験が終わってホッとできるのかとそう思っていたらとんでもない事が判明してしまったんですよね。それはまたしてもハグリッドが・・・(全3項目)

3-1.学期末試験
どんな事情があろうとも夜に学校を歩き回る権利は一切ない。こう言ってマクゴナガル先生はネビルにハリーとハーマイオニーに対し何と1人ずつ「50点」の減点を言い渡しました。そのお陰で3人は村八分状態に陥ったのでした。

ハリーはもはやクィディッチでさえ楽しくはなくなりました。チームのメンバーは誰もハリーに話しかけなくなり話をしなければならない時は名前ではなく「シーカー」と呼びました。ハリーはウッドに退部を申し出たのでした。

「辞める?それが何になる?クィディッチで勝たなければどうやって寮の得点を取り戻せるんだ?」

するとこう言って激しく叱責される有り様でした。ハーマイオニーとネビルも苦しんでいました。ただ2人はハリーのように有名ではないのでまだマシでした。ハリーにとっては試験が近づいている事がせめてもの慰めでした。

試験勉強に没頭する事で少しは惨めさを忘れる事ができました。試験の1週間前には夜中の11時にハグリッドと「禁じられた森」に入るという罰則もありました。ネビルとハリーにハーマイオニーそれにマルフォイも一緒でした。

この罰則でハリーはケンタウルスのフィレンツェと出会い実は森でユニコーンを襲い「賢者の石」を狙っているのがヴォルデモートだと教えて貰ったのでした。ヴォルデモートが今にも扉を破って襲いかかって来るかもしれない。

そんな恐怖と戦いながらハリーは学期末試験に臨まなくてはなりませんでした。マクゴナガル先生の試験はネズミを「嗅ぎたばこ入れ」に変えるという内容でした。美しい箱は点が高くその一方で髭が生えた箱は減点されました。

最後の試験は「魔法史」でした。1週間後に試験の結果が発表されるまでは素晴らしい自由な時間が待っています。ゴーストのビンズ先生が「羽根ペンを置いて答案羊皮紙を巻きなさい」と言った時には誰もが歓声を上げました。

ハリーもその1人だったのですが・・・

3-2.懸念は当たった?
最後の「魔法史」の試験が終わった瞬間にはハリーも他の生徒と一緒に歓声を上げました。しかしそんな幸せな気分はすぐに消え去ってしまいました。そして突然立ち上がった時ハリーの顔は真っ青でした。その理由はこれです。

それはおかしい。ハグリッドはドラゴンが欲しくて堪らなかった。ところがいきなり見ず知らずの人が偶然ドラゴンの卵を持って現れた。魔法界の法律で飼う事が禁止されているのにそんな人がざらにいるわけがないじゃないか。

話が上手すぎると思わないか。どうして今まで気づかなかったんだろう。こう言いながら小屋に到着してみるとハグリッドは外で豆のさやを剥いていました。そしてハリーたち3人にこう声をかけて来たというわけなんですよね。

「よう。試験は終わったかい。お茶でも飲むか?」

「うん。ありがとう」とロンが言うのを遮りハリーはノーバートの卵を手に入れた時の事を問い質し始めました。トランプをしたってどんな人だった?ハリーがこう訊くとハグリッドからは分らないという答えが返って来ました。

事もなげに答えるので3人は思わず絶句してしまいました。それを見てハグリッドは「そんなに珍しいこっちゃない」と言いました。ホグズミード村の「ホッグズ・ヘッド」なんて所にはそんな人がウヨウヨしているそうです。

もしかしたらドラゴン売人だったかもしれないんだそうです。フードをすっぽり被ったままだったので顔も見ていないそうです。それを聞いてハリーは「呆れ返って何も言えない」とばかりに地面にへたり込んでしまいました。

「ハグリッド。その人とどんな話をしたの?ホグワーツのこと何か話した?」

ハリーがこう訊くとハグリッドは思い出そうとして顔をしかめながら「話したかもしれん」と答えました。何をしているのかと訊かれたので森番をしていると答えた。するとどんな動物を飼っているのかと訊いて来たそうです。

何とそこでは三頭犬のフラッフィーの話もハグリッドはしていたのです。その人はフラッフィーに興味があるみたいだった?ハリーは極力落ち着いた声でこう訊きました。ハグリッドの口からはこんな言葉が飛び出して来ました。

「フラッフィーなんかなだめ方さえ知ってればお茶の子さいさいだって。ちょいと音楽を聞かせればすぐねんねしちまうって」

ハグリッドは突然「しまった大変だ!」という顔をしました。そして「お前たちに話しちゃいけなかったんだ!」と慌てて言うと3人に向かって「忘れてくれ!」と言ったのでした。でもそんな事を忘れるわけがないですよね。

マクゴナガル先生も1才のハリーをゴドリックの谷からプリベット通りに連れて来る役目をハグリッドにやらせた事を「こんな大事な事をやらせて賢明でしょうか?」とダンブルドアに言って懸念の意を示していたんですよね。

その懸念が的中してしまったんですよね。

3-3.城に戻る3人
「忘れてくれ!」と言った後ハグリッドはハリーたちに「おーいみんなどこに行くんだ?」と訊きました。3人は一目散に城に戻って来ました。玄関ホールに入るまで誰も口を利きませんでした。そしてハリーがこう言いました。

「ダンブルドアの所に行かなくちゃ」

ハグリッドが怪しい奴にフラッフィーの手なずけ方を教えてしまった。その人物はスネイプかヴォルデモートだったんだ。ハグリッドを酔わせてしまえば後は簡単だったに違いない。でもダンブルドアが信じてくれるだろうか?

ケンタウルスのフィレンツェが証言してくれるかもしれない。校長室はどこだろう?ハリーがこう言って3人はあたりを見回しました。どこかに矢印で「校長室」を書き示す案内などはないかとそう思って探したというわけです。

しかしそう言えばダンブルドアがどこに住んでいるのかなんて聞いた事がない。誰かが校長室に呼ばれたなんていう話も聞いた事がない。そこでハリーが「こうなったら僕たちとしては」と言った所で声が聞こえて来たのでした。

「そこの3人。こんな所で何をしているの?」

急に向こうのほうから声が響いて来てこう言いながら姿を現わしたのはマクゴナガル先生でした。山のように本を抱えています。ハリーとロンは揃って「勇敢だ!」と思いました。それはハーマイオニーがこう言ったからでした。

「ダンブルドア先生にお目にかかりたいんです」

するとマクゴナガル先生は?

今日の最後に
1才3ヵ月のハリーをゴドリックの谷からプリベット通りに連れて来る役目をダンブルドアがハグリッドにやらせた時マクゴナガル先生は「こんな大事な事をハグリッドに任せて賢明な事でしょうか?」と強い懸念を示しましたね。

その理由は何もハグリッドの心根がまっすぐではないとは言わないがうっかりしている。だから心配だというわけなんですよね。そしてこの場面でマクゴナガル先生の心配が杞憂に終わらず現実になってしまったというわけです。

でもハリーも三頭犬のフラッフィーが「何を守っているのか?」に関連してニコラス・フラメルという人物が関係しているという事をハグリッドから聞き出す事ができました。ここでもハグリッドのうっかりが出てしまいました。

そして今回のこれです。つまりハグリッドの「うっかり」はほんの1年も付き合えば把握できてしまう。だからマクゴナガル先生に至っては「もはや長年の付き合いなので嫌と言うほど知り抜いている」というわけなんですよね。

そういう事というわけです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2120-562f10ab