FC2ブログ
ハリーたち3人は「賢者の石」を守ろうと行動を開始しました。しかしことごとくつぶされてしまい3人ともすごすごと談話室に戻って来る事になってしまいました。こうなったからには僕がスネイプより先に「賢者の石」を手に入れるしかない!ハリーはそう決心したのでした。するとロンとハーマイオニーが・・・(全3項目)

3-1.こうなったからには
「じゃあもう僕が行くしかない。そうだろう?僕は今夜ここを抜け出す。石を何とか手に入れる」守る事がもはやできないのであればスネイプより先に「賢者の石」を自分が手に入れるしか他に手段はないとハリーは言うのです。

それを聞いてロンは「気は確かか!」と言いハーマイオニーも「駄目よ!マクゴナガル先生にもスネイプにも言われたでしょ。退校になっちゃうわ!」と言って反対をしました。しかしそんな2人にハリーはこう言ったのでした。

「だから何だっていうんだ?」

スネイプが「賢者の石」を手に入れたらヴォルデモートが戻って来る。もしそうなったら退校うんぬんの問題ではなくなってしまう。ホグワーツはなくなるか又は闇の魔術の学校になってしまう。退校を恐れている場合じゃない。

ハリーが2人を睨みつけるとハーマイオニーは消え入るような声で「その通りだわ」と言いました。僕は「透明マント」を使う。ハリーがこう言うとロンが「でも3人全員入れるかな?」と言いました。それを聞いてハリーは?

「全員って。君たちも行くつもりかい?」

ハリーがこう訊くとロンは「馬鹿言うなよ。君だけを行かせると思うのかい?」と答えハーマイオニーも「もちろん。そんな事できないわ」と威勢よく言って2人ともハリーと一緒に「賢者の石」を取りに行くと言ったのでした。

3-2.マクゴナガル先生の巨大チェス
最後にリー・ジョーダンが寝室に行き談話室がハリーたち3人だけになるとロンがハリーに「マントを取って来たら」と囁きました。ハリーは寝室に戻り「透明マント」を出しハグリッドに貰った横笛をポケットに入れました。

クリスマスに貰った物でした。ところが実は談話室にはもう1人残っていました。それはネビルでした。ネビルは出口に立ちはだかると「君たちと戦う!」と言いハーマイオニーが「全身金縛りの呪文」をかける事になりました。

横笛で吹いたのは到底音楽とは言い難いものでしたが最初の音を聞いた瞬間からフラッフィーはトロンとし始め床に横たわってぐっすりと眠り込んでしまいました。そして3人は数々の先生方の障害を乗り越えて行ったのでした。

スプラウト先生の「悪魔の罠」を乗り越えフリットウィック先生の「鍵つきの鳥」を乗り越えると3番目の障害がマクゴナガル先生の「巨大チェス」でした。その部屋は真っ暗で何も見えませんでした。中に入ったその時でした。

突然光が部屋中に溢れそこにあったのは巨大なチェス盤でした。チェスの駒は3人より背が高く黒い石のような物でできていました。ハリーが「どうしたらいいんだろう?」と囁くとロンがその疑問にこう答えたというわけです。

「見れば判るよ。だろう?向こうに行くにはチェスをしなくちゃ」

不安そうに「どうやるの?」と訊くハーマイオニーにロンは「多分僕たちがチェスの駒にならなくちゃいけないんだ」と答えました。ロンがナイトに近づき手を伸ばして触れると何と摩訶不思議な事に駒に命が吹き込まれました。

向こうに行くにはチェスに参加しなくちゃいけませんか?ロンがこう訊くと命を吹き込まれた駒が頷きました。そこでチェスが得意なロンが取り仕切ってチェスをする事になりハリーとハーマイオニーはロンの指示に従いました。

「じゃハリー。君はビショップと代わって。ハーマイオニーはその隣でルークの代わりをするんだ」

こうして相手方の先手でチェスが始まりました。ナイトのロンが駒に動きを指示し始めました。駒はロンの言う通りに黙々と動きました。しかしここで3人の内の誰かが犠牲にならなくてはならない状況に陥ってしまったのです。

犠牲になったのはロンでした。マクゴナガル先生の障害を乗り越えて先に行く事ができたのはハリーとハーマイオニーの2人でした。しかし最終的に「賢者の石」がある所に辿り着く事ができたのはハリー1人だけだったのでした。

そこで待ち受けていたのは?

3-3.そこにいたのは?
ハリーは驚き息を呑み「あなたが!」と言いました。それはその場にいたのがスネイプではなくクィレルだったからです。クィレルが「賢者の石」を狙っていたのです。ハロウィンにトロールを入れたのもクィレルだったのです。

クィディッチの試合の時ハリーを箒から振り落とそうとしていたのもクィレルでした。スネイプは実はハリーの事を守っていた。ハーマイオニーがスネイプの所に行く途中クィレルにぶつかってしまったので目を離してしまった。

それが真相だったんですよね。さらに驚く事にはクィレルにはヴォルデモートが取り憑いていたのです。ヴォルデモートはクィレルに指示をしてハリーを「みぞの鏡」の前に立たせました。すると驚愕の出来事が起きたのでした。

鏡には青白く脅えた顔のハリー自身の姿が映りました。ところが次の瞬間には鏡の中の自分が笑いかけて来ました。鏡の中のハリーがポケットから赤い石を取り出しました。そしてウインクをすると再びポケットに入れたのでした。

その途端ハリーは自分のポケットに何かが落ちるのを感じました。摩訶不思議な事にそして信じられない事にハリーは「賢者の石」を手に入れてしまったのでした。ヴォルデモートはそれに気づいてハリーに迫って来たのでした。

しかし何故かクィレルはハリーを掴んでいられないのです。ハリーの目には真っ赤に焼けただれ皮が剥けた手の平が見えました。クィレルは自分の皮膚に触れる事ができないのだ。触れればひどい痛みに責めさいなまれてしまう。

そうするしか他に手段はないというわけです。ハリーは跳び起きてクィレルの腕を捕まえ力の限り強くしがみつきました。クィレルは悲鳴を上げハリーを振り解こうとしました。ハリーの意識は闇の中へと落ちて行ったのでした。

気がつくとハリーは病棟のベッドに横になっていました。

今日の最後に
「賢者の石」を守るためにマクゴナガル先生が用意したのは「巨大チェス」でした。そしてハリーたち3人はロンが犠牲になってハリーとハーマイオニーが先に進む事ができ「賢者の石」をヴォルデモートに渡さずに済みました。

ところでマクゴナガル先生はハリーたちに「安心なさい。磐石の守りですから誰も盗む事はできません」と言っていました。しかしクィレルは先生方の数々の障害を乗り越えて「賢者の石」のある所まで辿り着いてしまいました。

結局クィレルが破れなかったのはダンブルドア校長の「みぞの鏡」の障害だけでしたよね。これは使いたい者は石を手に入れる事ができず見つけたい者だけが手に入れる事ができる。そういう障害だったというわけなんですよね。

極めて優秀な魔法使いなら破れてしまう障害だった。マクゴナガル先生の見通しは甘かったという事になってしまいますよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2122-ec3869c1