FC2ブログ
カルカロフ校長は死喰い人だった。ハリーは名付け親のシリウスからそう教えられました。そんなカルカロフ校長なんですが理由はハリーには皆目見当がつきませんが何やら心配事があるようです。そして何故かその相談相手がスネイプなんですよね。(全3項目)

3-1.シリウスの忠告
「闇の魔法使いの考えそうな事を考えるのがわしの役目だ。カルカロフ。君なら身に覚えがあるだろうが」マッド・アイ・ムーディはこう言ってカルカロフ校長の顔を真っ赤にさせました。でもハリーは分らなかったんですよね。

何故カルカロフ校長はムーディにこう言われて顔を真っ赤にしなければならないのか?その理由をハリーは様々な形で知る事になるのですが最初にまずカルカロフ校長が元死喰い人だと教えてくれたのがシリウスだったのでした。

代表選手になってしまったハリーは翌朝その事をハーマイオニーに相談しました。するとハーマイオニーは名付け親のシリウスに手紙を書いてハリーが三校対抗試合の代表選手になった事を知らせるべきだと強く進言したのです。

ハリーは有名人だからこの事が「日刊予言者新聞」に載らないわけはない。いずれシリウスは知る事になる。それなら新聞からではなくハリーから知らせるべきとハーマイオニーは言うのです。そこでハリーは知らせたのでした。

2人は「第1の課題」直前の土曜日の真夜中にグリフィンドール寮の談話室の暖炉で会う事になりました。そこでハリーはシリウスにカルカロフ校長は元死喰い人だから注意をするようにとそう警告されたというわけなんですよね。

あいつは逮捕された。アズカバンで一緒だった。しかしあいつは釈放された。シリウスはダンブルドアが今学期「闇祓い」のムーディをホグワーツに置いたのはカルカロフ校長を監視するためだとまでハリーに言ったんですよね。

そもそもカルカロフ校長を逮捕してアズカバンにぶち込んだのはムーディなのだそうです。ハリーが「どうして釈放したの?」と訊くのに対してシリウスからは「魔法省と取引きをしたんだ」という答えが返って来たんですよね。

自分の過ちを認めると言った。そして自分の代わりに随分多くの者をアズカバンに送った。さらに出獄してからは自分の学校に入学した者全員に「闇の魔術」を教えて来た。だからタームストラングの代表選手にも注意しなさい。

シリウスはハリーにこう忠告したのでした。

3-2.クリスマス・ダンスパーティにて
こうして三大魔法学校対抗試合はホグワーツの代表選手が2人という異例の形で行われる事になりました。そして「第1の課題」が11月24日に行われましたがカルカロフ校長はクラムは10点満点をつける一方でハリーは4点でした。

ロンはそれを見てカルカロフ校長は卑怯者の依怙贔屓だと怒りましたがハリーは気にしませんでした。ロンが怒ってくれたし得点などはどうでもいい。それより最初の関門を無事クリアできた安堵感で一杯だったというわけです。

しかしカルカロフ校長もハリーの事だけを気にしている場合ではなかったようでした。この夏からカルカロフ校長は心配事が1つ増えたようでした。でもホグワーツ内にはその事を打ち明けられる人物が1人しかいなかったのです。

カルカロフ校長は何か心配事があるらしい。ハリーとロンがそれを知ったのは12月25日に行われたクリスマス・ダンスパーティの時です。2人はクラウチ氏の代理で来ていたパーシーが仕事の話を始めたのでその場を離れました。

飲み物を取りに行くフリをしてハリーとロンはテーブルを離れ玄関ホールに抜け出しました。正面の扉が開けっぱなしになっていたので2人は外に出ました。階段を下りるとそこは潅木の茂みに囲まれた散歩道になっていました。

大きな石の彫刻が立ち並んでいました。噴水のような水音がハリーの耳に入って来ました。あちらこちらに彫刻を施したベンチが置かれ人が座っていました。つまりは恋人たちがロマンチックな語らいをする場所のはずですよね。

「我輩は何も騒ぐ必要はないと思うが。イゴール」

そんな所を2人が歩いていると聞き覚えのある不快な声が聞こえて来ました。こう言っていたのはスネイプでした。そしてまるで盗み聞きを恐れているかのように不安げで低い声でこう話していたのがカルカロフ校長だったのです。

「セブルス何も起こっていないふりをする事はできまい!この数ヵ月の間にますますはっきりして来た。私は真剣に心配している。否定できる事ではない」

こう言うカルカロフ校長に対してスネイプは「なら逃げろ。逃げろ。我輩が言い訳を考えてやる。しかし我輩はホグワーツに残る」と素っ気なく答えました。そしてスネイプとカルカロフ校長が曲がり角に差しかかった所でした。

「ところでお前たち2人は何をしているのだ?」

スネイプが2人がいる事に気づいたのです。カルカロフ校長はハリーとロンがそこに立っているのを見て僅かでしたが動揺していました。その手が神経質に山羊髭に伸び指に巻きつけ始めました。ロンが短くこう答えたのでした。

「歩いています。規則違反ではありませんね?」

スネイプは「なら歩き続けろ!」と唸るように言うと2人の脇を通り過ぎて行きました。カルカロフ校長は急いでスネイプの後に続きました。2人の会話を聞いてロンは「カルカロフは何であんなに心配なんだ?」と呟きました。

そしてハリーは「それにいつからあの2人はイゴール、セブルスなんて名前で呼び合うほど親しくなったんだ?」と訝りました。この時はハリーもロンもカルカロフ校長と同様にスネイプが元死喰い人だとは知らなかったのです。

そしてそれから二ヵ月が経ちました。

3-3.地下牢教室にて
2月24日に「第2の課題」が行われましたがカルカロフ校長とハリーの間ではここでも一悶着ありました。ハリーが自分のみならず全ての人質を連れて帰ろうとしたためほとんど全ての審査員が50点満点に値すると評価したのです。

これに1人だけ異を唱えたのがカルカロフ校長でした。そのためハリーの得点は「45点」になりました。そんなカルカロフ校長とハリーだったのですが「魔法薬学」の授業中という思わぬ所で2人はまた遭遇する事になりました。

その日はハーマイオニーが授業中に「週間魔女」を読んでいた事をスネイプに知られてしまいハリーは最前列のスネイプの机の真ん前のテーブルに移動をさせられました。そこにカルカロフ校長が「話がある」と言って来ました。

カルカロフ校長はスネイプの所まで来ると自分の言っている事を誰にも聞かれないように唇をほとんど動かさずにしゃべっていました。ハリーはテーブルの上の魔法薬の材料に眼を落としたまま耳をそばだてて聞こうとしました。

授業が終わってから聞こう。こう言うスネイプにカルカロフ校長は君が逃げられない今話したい。君は私を避け続けていると言いました。しかしスネイプはピシャリと「授業の後だ」と言いカルカロフ校長は待つ事になりました。

カルカロフ校長は「今度は逃がしてなるものか」とばかりに地下牢教室の後ろで授業が終わるのを待っていました。カルカロフ校長は極度に心配そうな顔でスネイプは怒っているようでした。終業ベルが鳴り2人は話し始めました。

スネイプがひそひそ声で「何がそんなに緊急なんだ?」と訊くとカルカロフ校長は「これだ」と言ってローブの左袖をまくり上げ腕の内側にある何かをスネイプに見せました。カルカロフ校長は相変わらず唇を動かさずに・・・

「どうだ?見たか?こんなにはっきりしたのは初めてだ。あれ以来」

こう言うカルカロフ校長にスネイプは「しまえ!」と唸り教室全体をさっと見ました。カルカロフ校長は興奮した声で「君も気づいているはずだ」と言いました。それにスネイプは「後で話そう」と吐き捨てるように言いました。

その時スネイプはハリーがいる事に気づき「何をしているんだ?」と訊いて来ました。ハリーは「アルマジロの胆汁を拭き取っています」と答えると汚れた雑巾をスネイプに見せました。カルカロフ校長は教室を出て行きました。

心配と怒りが入り交じったような表情でした。怒り心頭のスネイプと2人だけになるなんて願い下げだ。ハリーも猛スピードで地下牢教室を出て行ったのでした。一体全体カルカロフ校長はスネイプに何を見せたのだろうか?

ハリーがそれを知ったのは学期末の事でした。

今日の最後に
カルカロフ校長はクリスマス・ダンスパーティに「魔法薬学」の授業の時と二度に渡ってスネイプに心配事を相談していますね。いずれの時にもカルカロフ校長が共通して言っているのは「はっきりして来た」という事ですよね。

ハリーがこれが死喰い人の腕に刻印されている「闇の印」だという事を知るのは学期末の6月24日でした。これはつまりヴォルデモートの復活が近づいているという事なのか?カルカロフ校長はそれを恐れているというわけです。

そしてそれはその6月24日に現実の事となるんですよね。ハリーとその場に馳せ参じた死喰い人たちは復活したヴォルデモート卿を直に見て確認した。そしてカルカロフ校長とスネイプは「闇の印」が焼けるのを感じて実感した。

そういう事なんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2126-75cb5ecc