FC2ブログ
ジニーはハリーの事がホグワーツに入学する前から好きでした。でもハリーの前では緊張して一言も話せなくなってしまう。そこでそんなジニーにハーマイオニーがアドバイスをしました。そして数々の紆余曲折を経て最後の最後にはジニーとハリーは・・・(全3項目)

3-1.ホグワーツ入学前から
1才3ヵ月の時に「例のあの人」ことヴォルデモート卿に「死の呪文」を撃たれても生き残った。さらには「死の呪文」は放った当の本人に撥ね返りヴォルデモートは姿を消して魔法界に平和を取り戻してくれたハリー・ポッター。

11才の誕生日に物心ついてから初めて魔法界に足を踏み入れハグリッドと一緒に「漏れ鍋」に入ったハリーはその場にいた全員から握手を求められ歓待されて改めて自分は魔法界では有名人だという事を実感したというわけです。

それは9月1日に初めてホグワーツ特急に乗った時もそうでした。トランクを列車に運び入れるのを手伝ってくれたフレッドとジョージ・ウィーズリーが額の稲妻形の傷痕を見咎め目の前の少年がハリー・ポッターと気づきました。

ハーマイオニーもハリーが名前を言うと「あなたの事は全部知ってるわ」と言いました。そしてジニー・ウィーズリーもそうでした。フレッドとジョージがそう伝えるとジニーは母親のウィーズリーおばさんにこう言ったのです。

「ねえママ。汽車に乗って見て来てもいい?ねえママお願い」

しかしウィーズリーおばさんは「もうあの子を見たでしょ?動物園じゃないんだからじろじろ見たら可哀想でしょ」と見に行くなどとんでもないとジニーに言いました。でもジニーはこの時既にハリーが好きだったんでしょうね。

ところが何とウィーズリー家の末息子でジニーのすぐ上の兄のロンがハリーと友人関係になり翌年の夏休みに我が家の「隠れ穴」にハリーがやって来たのです。同じ屋根の下にハリー・ポッターがいるという状況になったのです。

ところがジニーは・・・

3-2.話せなくなってしまう
ジニーはハリーの事が好き。これは当の本人も含めて誰もが認める事でした。それは何故かと云うと態度や素振りにジニーがハリーに好意を寄せている事が露骨に表れてしまうからでした。火を見るより明らかというわけです。

普段は明るくて活発で元気一杯でおしゃべりな女の子なのにハリーを目の前にすると一言も話せなくなってしまう。極度の緊張状態に陥り物を引っくり返しがちになる。ハリーの前では全く違う女の子に変貌してしまうんですよね。

そうこうする内にハリーは別の人に好意を寄せるようになりました。学年が1つ上でクィディッチのレイブンクロー・チームのシーカーのチョウ・チャンという人です。でも事はすんなりと進まず紆余曲折を余儀なくされました。

ハリーが4年生の時に百年以上ぶりに三大魔法学校対抗試合が復活開催されその年にはクリスマス・ダンスパーティもまた行われました。しかしハリーがグズグスしている内にチョウ・チャンは別の人に取られてしまいました。

それはハリーとは違い正規の枠で代表選手に選ばれたハッフルパフ生のセドリック・ディゴリーでした。ところが年度末に波乱が起きました。ヴォルデモート卿が復活しセドリックは殺害されてしまったというわけなんですよね。

ハリーが代表選手になったのもその布石でした。死喰い人のバーテミウス・クラウチ・ジュニアが「闇の魔術に対する防衛術」の教師マッド・アイ・ムーディにポリジュース薬で成り済ましてホグワーツに潜入して来たのでした。

代表選手を選ぶ「炎のゴブレット」に強力な「錯乱の呪文」をかけてハリーの名前を四校目の代表候補として入れる。優勝杯を「移動キー」にしてハリーをヴォルデモートの待つリトル・ハングルトンの教会墓地に送り届ける。

ハリーがホグワーツの優勝に変わりはないとセドリックに一緒に優勝杯を握ろうと言ったのです。それがためにセドリックは死ぬ事になってしまった。セドリックが死んだのは自分のせいとハリーは強い自責の念に駆られました。

にも関わらず翌年度ハリーはチョウと付き合う事になりました。何とチョウのほうが積極的にアブローチして来たのです。でもそんな2人の関係を決定的に駄目にしてしまったのがマリエッタ・エッジコムという人だったのです。

この年度ハーマイオニーが「闇の魔術に対する防衛術」を自習すると言って「ダンブルドア軍団」を立ち上げました。そしてチョウはこのマリエッタ・エッジコムと一緒に参加をしました。この人の密告で事は発覚したのでした。

その年度末にはハリーとチョウの関係は終焉を迎えました。そしてチョウの次にハリーが思いを寄せたのがジニーだったんですよね。ようやくハリーがジニーの事を好きになってくれたのです。しかしまた紆余曲折がありました。

3-3.ようやくハリーと
ジニーは心底惨めな気持ちだったようです。それと云うのもハリーに「クリスマス・ダンスパーティに一緒に行こう」と言う事ができなかったからでした。そこでハーマイオニーがジニーにどうやらアドバイスをしたようでした。

一旦ハリーの事は諦め別の人と付き合うというのはどうだろう。そうすればハリーの前で自然に振舞えるようになりジニーの良さをハリーが気づいてくれるかもしれない。そこでジニーはその通りにしたというわけなんですよね。

ジニーはレイブンクロー生のマイケル・コーナーという人と付き合うようになりました。クリスマス・ダンスパーティで知り合ったんだそうです。しかしマイケル・コーナーとは約1年後に別れる事となってしまったんですよね。

寮が違うためクィディッチの勝敗を巡って仲違いしてしまったのです。そこで今度はジニーは同じグリフィンドール生のディーン・トーマスと付き合うようになりました。これならクィディッチの勝敗で言い争う事もありません。

ところが時を同じくしてハリーはジニーの事を好きになり始めました。ようやく成果が表れて来たというわけです。そしてそんなハリーの思いに呼応するかのようにジニーのディーンに対する気持ちも徐々に冷めていったのでした。

そしてついにジニーはディーンと別れてしまいました。しかしディーンはまだ諦めていませんでした。そしてジニーとよりを戻す千載一遇のチャンスがやって来たのです。ハリーがとんでもないヘマをやらかしてしまったのです。

6年生になるとハリーはクィディッチのグリフィンドール・チームのキャプテンになりました。そしてメンバーの1人ケイティ・ベルが聖マンゴ魔法疾患障害病院に入院してしまい代わりにチームに加わったのがディーンでした。

そのケイティ・ベルが聖マンゴを退院しチームに復帰したのでディーンはメンバーから外れました。ところがハリーがスネイプから罰則を食らってしまい最終戦の対レイブンクロー戦に出場する事ができなくなってしまいました。

そこでハリーは自分の代わりにジニーをシーカーにしてディーンをチームに復帰させました。グリフィンドールが勝てば試合終了後の高揚感でジニーとディーンがよりを戻すかもしれない。ディーンもそう考えたというわけです。

でもそんなディーンの思いを打ち砕く出来事が起きました。罰則から戻って来たハリーがジニーとキスをしたのです。こうしてハリーはジニーと付き合い始めホグワーツ卒業後に2人はめでたく結婚したというわけなんですよね。

今日の最後に
ウィーズリー夫妻が「7人」もの子供を設けたのは女の子が欲しかったからでした。ロンは「本当は女の子を望んでいたのに自分が生まれてしまった」という被害妄想から大事にされていないという劣等感を抱いていたようです。

でも母親のウィーズリーおばさんは7人の子供に対し平等に愛情を持っていたんですよね。まあでもジニーがハリーと結婚してくれたので心の底から「女の子に恵まれて本当に良かった」とウィーズリー夫妻は思ったでしょうね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2133-22fdd736