FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

初めて乗ったホグワーツ特急でペットでカエルのトレバーに逃げられるのを皮切りにネビルのホグワーツでの生活は失敗続きでした。でもそんなネビルに転機が訪れたのは5年生の時でした。そして最終学年になるとネビルはたちまち頭角を現したというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.グリフィンドール寮のお荷物?
初めて乗ったホグワーツ特急でネビルはペットでカエルのトレバーに逃げられてしまいスタートからいきなりつまづきました。学期が始まり二週目の木曜日に最初の飛行訓練授業があると発表された時もハリーはこう思いました。

「ネビルを箒に乗らせなかったのは正しい判断だ」

多くの生徒がホグワーツ入学前に既に箒に乗っていてその話をする中ネビルのおばあさんは絶対近づけさせなかったんだそうです。ハリーも両足が地面に着いていても頻繁に事故を起こすネビルを見てそう思ったというわけです。

そう思っていたら案の定といった感じでネビルは箒から落ちて手首を骨折し医務室のお世話になる事となってしまいました。ネビルの場合は得意の「薬草学」以外では失敗の連続でしたが特にひどかったのが「魔法薬学」でした。

初授業の時も惨憺たる結果でした。スネイプは生徒を2人ずつ組にしておできを治す簡単な薬を調合させました。ところがどういうわけかネビルはシェーマス・フィネガンの大鍋を溶かして捻れた小さな塊にしてしまったのです。

さらにこぼれた薬が石の床を伝って広がり生徒たちの靴に焼け焦げ穴を空けていました。そのため生徒たちは椅子の上に避難する事を余儀なくされました。当のネビルも腕や足に真っ赤なおできが噴き出し痛みで呻いていました。

スネイプは苦々しげにシェーマスに「医務室へ連れて行きなさい」と言いました。失敗続きのネビルでしたがスネイプの「魔法薬学」の授業の時にはいつにも増してとんでもない失敗をやらかしてしまうというわけなんですよね。

「魔法薬学」は特にひどいのですがネビルの場合はもうその失敗はもはや枚挙に暇がないといった感じなんですよね。

3-2.転機はダンブルドア軍団
そんな得意の「薬草学」以外では失敗の連続のネビルだったのですが大きな転機が訪れたのはハーマイオニーが5年生になった時に立ち上げた「闇の魔術に対する防衛術」の自習グループ「ダンブルドア軍団」に参加した事です。

リーダーで教師役のハリーを除くと総勢27名のメンバーでしたがその中では群を抜いて成長したのがネビルでした。クリスマス休暇明けに10名もの死喰い人がアズカバンを集団脱獄し魔法界には激しい衝撃が走ったというわけです。

その中にはベラトリックス・レストレンジも含まれていました。この人物は一体いかなる罪でアズカバンに収監されていたのか?それはアリス並びにフランク・ロングボトムを拷問し廃人にした罪だったというわけなんですよね。

このアリスとフランク・ロングボトムの2人はネビルの両親です。ハリーは4年生の時に「憂いの篩」でベラトリックス・レストレンジがアズカバンに送られる光景を見てダンブルドアからも説明されてその事実を知ったのでした。

さらにロンにハーマイオニーとジニーの3人がクリスマスに聖マンゴにアーサー氏の見舞いに行った際に偶然にも隔離病棟に行く事になりそこでネビルとおばあさんに会って3人もまたその事実を知る事になったというわけです。

「災い転じて福と成す」とはまさにこの事で10人もの死喰い人が野に放たれたという事でDAメンバー全員に活が入り今まで以上に誰もが一生懸命練習するようになりました。特に熱心に練習をしたのがネビルだったんですよね。

ネビルほど長足の進歩を遂げた生徒はいません。自分の親を襲った死喰い人がアズカバンを脱獄したというニュースはネビルに不思議な少し驚くほどの変化をもたらしました。ネビルは聖マンゴで会った事を口にしませんでした。

ハリーたちもネビルの気持ちを察して沈黙を守りました。むしろネビルは聖マンゴでハリーたちに会った事を話さないというよりもDAの練習中にはほとんど口を利きませんでした。それはもう一心不乱に一生懸命に練習しました。

怪我も事故も何のそのという感じでネビルは他の誰よりも一生懸命だったのです。上達ぶりがあまりに速く戸惑うほどでした。ハリーが「盾の呪文」を教えた時にはネビルより早く呪文を習得したのはハーマイオニーだけでした。

このDAでの練習を通じてネビルは自信を掴み深めて行ったというわけなんですよね。

3-3.最後の最後には
これを境にネビルの快進撃が始まりました。その学期末にはハリーにロンとハーマイオニーそれにルーナ・ラブグッドにジニーと共に魔法省に赴いて死喰い人との激しい死闘を繰り広げて最後まで戦い抜くという活躍をしました。

ネビルは実は知らなかったのですがマクゴナガル先生はネビルのこの活躍を高く評価し「50点」を与えました。そして翌年度の学期2日目に履修する科目と時間割を決めるのに当たりマクゴナガル先生はネビルにこう言いました。

「あなたのおばあさまはどういう孫を持つべきかという考えではなくあるがままの孫を誇るべきだと気づいてもいい頃です。特に魔法省での一件の後は」

これはマクゴナガル先生のネビルに対する初めての褒め言葉でした。そして最終学年となりハリーたち3人がヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出るため学校に戻らないとその後継のリーダー格としてたちまち頭角を現しました。

ジニーにルーナと共に学校内で反スネイプ校長派の旗頭として活動を始めたのです。そして雌雄を賭けたホグワーツの戦いではハリーの依頼を受けてとてつもない快挙を成し遂げたのでした。蛇のナギニをやっつけたんですよね。

蛇のナギニはヴォルデモートの最後の分霊箱でした。他ならぬヴォルデモート自身がネビルの頭に被せた組分け帽子から「グリフィンドールの剣」が出て来てネビルは一刀両断ナギニの首を切り落としたというわけなんですよね。

そしてその後ネビルはホグワーツの「薬草学」の先生になったのでした。

最後に
こうして改めてネビルについて振り返ってみるとホグワーツで過した7年間の前半の4年は失敗続きで特に「魔法薬学」はいつも惨憺たる内容なのに唯一「薬草学」だけは極めて優秀でふくろう試験の結果は何と「優・O」だった。

つまり一芸に秀でてさえいればホグワーツの先生になれるというわけです。ハリーが2年生の時に選択科目を決めるのに当たりパーシー・ウィーズリーはハリーに「自分の強みを生かす事だね」とこうアドバイスをしていますね。

ネビルはまさにこの「自分の強みを生かす」という方法でホグワーツの教師になったというわけです。さて話は変わって今週は第8巻「ハリー・ポッターと呪いの子」に登場しそうな人物4人をこのようにして取り上げて来ました。

ハリーにジニーにドラコ・マルフォイとネビルの4人だったのですが果たして何人出て来るんでしょう?ハリーは当然出て来るんでしょうがドラコ・マルフォイは本人より息子のスコーピウスが登場する可能性が高いでしょうね。

とにもかくにも楽しみですね!

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.