FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーは「漏れ鍋」で魔法大臣コーネリウス・ファッジと会いマージ叔母さんが無事引き下ろされた事を知らされる事となりました。そして夏休みの残りの期間は「漏れ鍋」に滞在する事になりました。そして夏休みの最終日に数々の疑問の答えを知る事にもなったんですよね。(全3項目)

3-1.夏休み最後の日に
ダーズリー一家は風船のように膨らんだマージ叔母さんを無事に引き下ろす事ができたのか?ハリーのこの懸念は「漏れ鍋」に到着した所でハリーが魔法大臣コーネリウス・ファッジにあっさりと捕まった事で払拭したのでした。

数時間前に魔法省がプリベット通り4番地に「魔法事故リセット部隊」2名を派遣し解決したのだそうです。マージ叔母さんはパンクして元通りになり記憶は修正された。だから事故の事は全く覚えておらず一件落着との事でした。

ダーズリー夫妻も大変怒ってはいるものの来年の夏つまり学期が終われば迎える用意があるんだそうです。さらにファッジ大臣の粋な計らい(?)でハリーはお咎めもなくホグワーツを退校になる事もないというわけなんですよね。

ハリーはロンもハーマイオニーも海外に出かけているので夏休みの残りの期間は「漏れ鍋」に滞在する事になりました。ウィーズリー一家一行とハーマイオニーとは夏休み最終日にこの「漏れ鍋」で合流する事ができたのでした。

夏休みの最終日にハーマイオニーは10ガリオンという若干大きめな買い物をしました。それは何とクルックシャンクスという猫つまり動物でした。クルックシャンクスを連れてハリーたち3人は「漏れ鍋」に戻って来たのでした。

アーサー氏が「日刊予言者新聞」を読んでいました。まだ捕まっていないのでシリウスはその新聞にも載っていました。魔法省の職員が通常の任務を返上し総動員で捜索をしたというのに「捕まった」という吉報がないそうです。

夕食の席では明日キングズ・クロス駅に行くのに魔法省が車を2台も用意してくれるという事が話題になりました。何故魔法省から車が出るのか?実はそれはハリーを無事にキングズ・クロス駅に送り届けるためだったんですよね。

その理由をハリーは思わぬ形で知る事となりました。ハリーが食堂に下りて行くとウィーズリー夫妻が言い争いをしていました。口喧嘩をしている所を自分が聞いてしまったと2人には知られたくないと思っていたその時でした。

2人の会話の中に自分の名前が出て来たのでハリーは思わず聞き耳を立ててしまいました。この会話を聞いてハリーはファッジ大臣が何故お咎めなしだったのか?何故明日魔法省が車を用意したのか?その理由を知ったのでした。

3-2.自分の命を狙っている?
ハリーに教えないなんて馬鹿な話があるか。ハリーには知る権利がある。ファッジに何度もそう言ったんだが譲らないんだ。ハリーを子供扱いしている。ハリーはもう13才なんだ。アーサー氏はこう言いつつ熱くなっていました。

それに対してウィーズリーおばさんは「本当の事を言ったらあの子は怖がるだけです!」と激しく言い返していました。本当の事を言ったらハリーはそれを引きずる事になる。だから反対だというのがおばさんの意見のようです。

知らないほうがハリーは幸せなのよ。こう言うおばさんにアーサー氏はハリーに惨めな思いをさせたいわけじゃない。私はハリーに自分自身で警戒させたいだけなんだと反論しました。ハリーの事を考えれば当然というわけです。

ロンと2人でふらふら出歩いて「禁じられた森」に二度も入り込んでいる。今学期のハリーはそんな事をしては駄目なんだとアーサー氏は言うのです。さらにアーサー氏はシリウスの事でも大いなる懸念を抱いていたんですよね。

シリウス・ブラックは狂人だとみんなが言う。多分そうだろう。しかし不可能だと言われていたアズカバンから脱獄する才覚があった。それならシリウス・ブラックはホグワーツにだって破って入れるとアーサー氏は言うのです。

でもシリウス・ブラックがハリーを狙っているなんて誰もはっきりと分らないじゃありませんか。おばさんがこう言い返すと木を叩く音が聞こえました。どうもアーサー氏がテーブルを叩いたようでした。そしてこう言いました。

「モリー何度言えば判るんだね?新聞に載っていないのはファッジがそれを秘密にしておきたいからなんだ」

さらにアーサー氏が言うにはシリウス・ブラックが脱走したあの夜ファッジはアズカバンに視察に行っていた。看守たちが魔法大臣に報告したそうです。シリウス・ブラックが寝言を言っている。それも同じ寝言なんだそうです。

「あいつはホグワーツにいる」なのだそうです。シリウス・ブラックは狂っている。ハリーの死を望んでいるんだ。アーサー氏はシリウス・ブラックはハリーを殺害すればヴォルデモートの権力が戻ると思っていると言うのです。

それを聞いてハリーは?

3-3.ハリーの思い
シリウス・ブラックは僕を狙っていたのか。それで謎が解けた。自分の部屋に戻って来て鍵を掛けるとベッドに横になったハリーはこう思ったのでした。確かにこれで抱いていた数々の疑問の答えが出たというわけなんですよね。

魔法大臣コーネリウス・ファッジはハリーがプリベット通り4番地を飛び出したあの夜にまた行方不明にならないようダイアゴン横丁に留まりマグルの街のほうに出て行かないで欲しいと言ってハリーにそれを約束させました。

お咎めなしで済んだのはファッジはハリーが無事だったのを見てほっとしたから甘かったというわけです。ダイアゴン横丁に留まるように約束させたのはここならハリーを見守る魔法使いが沢山いるからというわけなんですよね。

さらに明日魔法省の車2台でウィーズリー一家一行とハーマイオニーと共にハリーをキングズ・クロス駅まで送り届けるのはホグワーツ特急に乗るまでウィーズリー一家がハリーの面倒を見る事ができるようにするためなのです。

シリウス・ブラックはたった1つの呪いで13人もの人を殺害した。アーサー氏もウィーズリーおばさんも本当の事を知ったら自分が恐怖でうろたえるだろうと思ったに違いない。こう思う一方でハリーは楽観視していたのです。

それはウィーズリーおばさんの言う通りだとハリーも思ったのでした。この地上で一番安全な場所はダンブルドアのいる所だ。ダンブルドアはヴォルデモートが恐れた唯一の人物だと誰もが口を揃えてそう言っているんですよね。

シリウス・ブラックがヴォルデモートの右腕なら当然同じようにダンブルドアを恐れているのでは?それにみんなが取り沙汰しているアズカバンの看守がいる。シリウス・ブラックが学校に入り込む可能性はほとんどないだろう。

それよりも何よりもハリーを一番悩ませたのは今やホグズミードに行ける見込みがなくなってしまった事でした。誕生日に許可証が学校から教科書リストと共に同封して送られて来ましたがバーノン叔父さんはサインしなかった。

魔法大臣もしてくれなかった。それにシリウス・ブラックが捕まるまではハリーが城という安全地帯から出ないで欲しいとみんながそう思っている。さらには危険が去るまではみんながハリーの事を監視するというわけですよね。

つまり八方塞がりというわけです。

今日の最後に
ハリーが偶然聞いてしまったウィーズリー夫妻の言い争いなんですがそれぞれが今にして思えば「鋭い!」と言わしめる指摘をしていますよね。まずはアーサー氏のシリウスはアズカバンを破って脱獄できたという指摘ですよね。

その才覚があったのだからホグワーツにだって破って入れる。アーサー氏の懸念は的中しシリウスは何度もホグワーツに侵入しました。一方おばさんのシリウスがハリーの命を本当に狙っているのかという指摘も当たっています。

シリウスが命を狙っていたのはハリーではなくピーター・ペティグリューでした。でも極めて残念な事にペティグリューは世間ではシリウスに殺害されたと思われているので誰もこの男の存在を知らないので指摘のしようがない。

だから誰もがシリウスが寝言で言っていた「あいつはホグワーツにいる」がハリーの事だと思ってしまったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.