FC2ブログ
闇の帝王は召使いの手を借り再び立ち上がるであろう。今トレローニー先生が言ったのは本物の予言なのか?ハリーがそう思ってからロンとハーマイオニーと共にハグリッドの小屋に向かった所から事態は動き始めたというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.トレローニー先生の予言
ドラコ・マルフォイの怪我を理由に開幕戦から最終戦に回されたグリフィンドール対スリザリン戦は結局は両チームのシーカーの箒の差がものを言ってハリーがスニッチを取りグリフィンドールが勝利を収め優勝したのでした。

クィディッチ優勝杯をついに勝ち取ったという夢見心地は少なくとも1週間続きました。しかし試験が迫っていたためいつまでも余韻に浸っているというわけにはいきませんでした。そしてそれは「占い学」の試験の時でした。

今学期から履修したもののハリーもロンも「占い学」のトレローニー先生はインチキ婆さんだと月日が経つ毎に思うようになっていました。ところが試験の際にそれを覆す驚愕の出来事が起きてしまったというわけなんですよね。

それは試験が終わってハリーが帰りかけたその時の事でした。背後から太い荒々しい声で「事は今夜起こるぞ」と言うのが聞こえて来ました。ハリーが振り返って見るとトレローニー先生は虚ろな目をしていて口を開けています。

ハリーは戦慄してその場に立ちすくみました。トレローニー先生の様子がおかしいのでハリーは医務室に駆けつけるべきかどうか迷いました。するとトレローニー先生は再び太い荒々しい声で話し始めたというわけなんですよね。

「闇の帝王は友もなく孤独に朋輩に打ち棄てられて横たわっている。その召使いは12年間鎖に繋がれていた。今夜真夜中になる前その召使いは自由の身となりご主人様の下に馳せ参ずるであろう」

「闇の帝王は召使いの手を借り再び立ち上がるであろう。以前よりさらに偉大により恐ろしく。今夜だ。真夜中前。召使いが。そのご主人様の下に馳せ参ずるであろう」


こう言ったかと思うとトレローニー先生は普段通りに戻りました。そして驚くべき事に今言った事を全く覚えていないのです。ハリーはもしかして自分はトレローニー先生の本物の予言を聞いてしまったのかとそう思いました。

その通りだったんですよね。

3-2.連れ去られたロン
今学期の初日ハリーたち3人が驚きと共に受け取った吉報は「魔法生物飼育学」の新任教師にハグリッドが就任したという事でした。しかし喜びも束の間で初授業ではドラコ・マルフォイが一騒動起こしてくれたというわけです。

ハグリッドが最初の授業で取り上げた魔法生物は半鳥半馬のヒッポグリフでした。この動物は誇り高く怒りっぽいので絶対に侮辱してはいけない。ハグリッドがそう言っていたのにマルフォイはそれを聞いてなどいませんでした。

そのためマルフォイはバックビークというヒッポグリフに「醜いデカブツの野獣君」などと言ってしまい医務室に担ぎ込まれる事となってしまいました。そしてバックビークは裁判にかけられてしまう事になったというわけです。

裁判はルシウス・マルフォイ氏のペースで進みバックビークは処刑される事になりました。刑が執行されるのは学期末試験最終日の6月2日の日没だとハグリッドが手紙で知らせて来ました。ハグリッドを1人になどしておけない。

行かなきゃ。ハグリッドが1人で死刑執行人を待つなんてそんな事させられないよ。そこでハリーたちは「透明マント」を被ってハグリッドに会いに行ったのでした。ところがハグリッドは3人に城に戻れとそう言ったのでした。

バックビークが処刑される所なんかお前さんたちには見せたくない。それに許可も貰わずに3人が城の外にいるのをファッジやダンブルドアが見たら厄介な事になる。だからハグリッドは3人に城に戻るようにと告げたのでした。

しかしここで驚くべき出来事が起きました。ミルク入れの中からクルックシャンクスに食べられてしまったと思われていたスキャバーズが発見されたのです。スキャバーズはひたすら怖がり逃げようとして大暴れをしていました。

「全くこいつ一体どうしたんだろう?」必死に逃げようとするスキャバースに手を焼くロンがこうボヤいていたその時でした。クルックシャンクスに続いて姿を現わしたのは巨大な薄灰色の目をした真っ黒な犬だったんですよね。

犬が二度目に飛びかかって来た時ロンはハリーを横に押しやりました。犬はハリーではなくロンの伸ばした腕をくわえました。そしてまるでボロ人形のように安々とロンを引きずって行きました。ハリーは杖を取り出しました。

「ルーモス!光よ!」

杖灯りに照らし出されたのは「暴れ柳」でした。その木の根元にロンがいました。根元に大きく開いた隙間に犬がロンを引きずり込もうとしています。ロンは激しく抵抗していました。がしかし姿は見えなくなりつつありました。

最後に見えていた片足も骨が折れる「バシッ」という音と共に消えました。ハーマイオニーは「助けを呼ばなくちゃ」と言いましたがハリーはあの犬はロンを食ってしまうほど大きいからそんな時間はないとそう言ったのでした。

しかし2人の行く手を「暴れ柳」が遮ります。

その時の事だったんですよね。

3-3.行った先にいたのは?
「あの犬が入れるなら僕たちにもできるはずだ」ハリーはあちらこちらを跳び回って「暴れ柳」の凶暴な大枝の攻撃をかいくぐる道を何とかして見つけようとしました。しかし木の根元に近づく事など到底できはしませんでした。

するとクルックシャンクスが素早く前に出ました。殴りかかる大枝の間をすり抜けると両前脚を木の節の1つに乗せました。何と突然「暴れ柳」はまるで大理石になったかのように動きを止めました。葉っぱでさえ動きません。

ハリーとハーマイオニーが根元の隙間に近づいて行くとクルックシャンクスは尻尾を打ち振って先に滑り込んで行きました。狭い土のトンネルの傾斜をハリーが底まで滑り降りてその後からハーマイオニーが滑り降りて来ました。

ハーマイオニーが「ロンはどこ?」と恐々訊いて来ました。ハリーは「こっちだ」と答えるとクルックシャンクスの後を背中を丸めて従いて行きました。すると今度はハーマイオニーはこんな問いをハリーにして来たんですよね。

「このトンネルどこに続いているのかしら?」

ハーマイオニーのこの問いにハリーは「忍びの地図」には書いてあるんだけど分らない。フレッドとジョージは誰も通った事がないと言っていた。道の端は地図からはみ出していてホグズミードに続いているようだと答えました。

2人はほとんど体を二つ折りにして急ぎに急ぎました。とにもかくにもロンの事が心配でならなかったというわけです。あの巨大な犬はロンに対して何かしていないだろうか?ハリーの頭の中にはロンの事しかありませんでした。

「ハリーここ叫びの屋敷の中だわ」

ハーマイオニーがこう囁きました。するとその時2人の頭上で軋む音がしました。何かが上の階で動いたのです。2人は天井を見上げました。そしてできるだけこっそりと2人は隣のホールに忍び込み階段を上がって行きました。

2階に上ると扉が開いている部屋が1つだけありました。そこにロンがいました。ハリーとハーマイオニーはロンに駆け寄りました。ところがロンはこれは罠だと言うのです。ハリーを「叫びの屋敷」に引き込む罠だったのでした。

「あいつが犬なんだ。あいつは動物もどきなんだ」

ロンはハリーの肩越しに背後を見つめました。ハリーがくるりと振り向くと影の中に立っていた男がハリーとハーマイオニーの入って来た扉を閉めました。その扉を閉めた男こそがシリウス・ブラックその人だったんですよね。

今日の最後に
シリウスがロンを引きずり「叫びの屋敷」に連れて行った後ハリーとハーマイオニーが追おうとするとクルックシャンクスは「暴れ柳」を止めて2人を招き入れました。それはシリウスは事の次第と真相をハリーに話したかった。

クルックシャンクスはシリウスのその気持ちを汲み取ってそうしたという事なんでしょうね。クルックシャンクスはただの猫ではなくニーズルという魔法生物なんですが人間とそこまで意思の疎通をする高い能力があるんですね。

今回改めて感心しました。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2154-6b7925ee