FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

当初ハリーは結構軽い気持ちで「額の傷痕が痛んだ」と書いてシリウスに手紙を出しました。帰国すると知ってそれはもうシリウスの事を心配したハリーだったのですがシリウスは捕まる事など決してないというわけです。それはシリウスの隠れ家には・・・(全3項目)

3-1.帰国したシリウス
あいつはホグワーツにいる。シリウスがアズカバンを脱獄する直前に寝言で言っていた言葉です。世間ではハリーの事だと思われていましたが実はこの「あいつ」はピーター・ペティグリューの事だったというわけなんですよね。

魔法大臣コーネリウス・ファッジがアズカバンに視察に来た時に持っていた「日刊予言者新聞」にガリオンくじグランプリを当てたウィーズリー一家の写真が掲載されロンの肩にはネズミのスキャバーズが乗っていたんですよね。

それを見てシリウスはスキャバーズことピーター・ペティグリューがハリーの間近にいて闇の陣営が再び力を得たとの知らせが少しでも耳に入れば途端にハリーを襲える態勢になっているのを見て脱獄をしたというわけですよね。

何故ならピーター・ペティグリューが未登録の「動物もどき」でネズミに変身でき今も生きているという事を知っているのはシリウス1人だけだったからなんですよね。でもペティグリューは逃げてしまったというわけですよね。

そのためシリウスは無実だという事を証明できなくなってしまい再び逃走する事になったというわけです。ところがそんなシリウスが「すぐに北に向けて飛び発つつもりだ」とハリーに手紙を送って来たというわけなんですよね。

それはハリーが夏休み中に額の傷痕に痛みが走ったとシリウスに手紙を書いて送ったからでした。その時ハリーはあまり深く考えず結構軽い気持ちで手紙を送ってしまったためそれはもう激しく後悔する事となってしまいました。

そこでハリーはシリウスが再び捕まってアズカバン送りになっては大変だとそう思ってシリウスに「帰って来なくてもいいです」と手紙を書き折り返し再びヘドウィグに手紙を持たせたのでした。でもシリウスは帰って来ました。

それならシリウスは一体どう隠れたのか?

3-2.帰って来てからのシリウス
帰って来なくてもいい。そう書いた手紙をヘドウィグに持たせてからハリーは極力シリウスの事を心配しないように努めました。それでも毎朝ふくろうが大広間に入って来ると心配でどうしてもふくろうを見回してしまいました。

さらにはベッドに入ると眠りに落ちる前にはシリウスがロンドンの暗い通りで吸魂鬼に追い詰められている恐ろしい光景が目に浮かんでしまうのでした。しかしそれ以外は名付け親のシリウスの事を考えないようにしたのでした。

そしてそれは10月30日の金曜日でした。その日は三大魔法学校対抗試合のボーバトンとダームストラング両校の代表団がホグワーツ入りをするという日でした。ヘドウィグがハリー待望のシリウスの返事の手紙を持って来ました。

手紙の冒頭にはハリーに「無理するな」と書かれていました。そして私はもう帰国してちゃんと隠れている。ホグワーツで起っている事は全て知らせて欲しい。さらには私の事よりハリー自身の事を心配しろと書かれていました。

手紙を丸めローブの中に滑り込ませながらハリーの心中は複雑でした。心配事が増えたのか減ったのか分らなかったからです。取りあえずシリウスが何とか捕まらずに帰って来ただけでも上出来なんだろうと思うべきなのだろう。

それにシリウスがずっと身近にいると思うと心強いのも確かでした。それは少なくとも手紙を書くたびに長く返事を待つ必要がないからです。そしてシリウスが帰って来て心底良かったと思う事が起きたというわけなんですよね。

どういうわけかハリーが三大魔法学校対抗試合のしかも4人目の代表選手になってしまったのです。するとハーマイオニーはシリウスに知らせるべきとハリーに強く進言しました。シリウスはこの事をいずれ知ってしまうだろう。

ハリーは有名人だから代表選手になった事が「日刊予言者新聞」に載らないわけがない。シリウスは新聞からよりハリー自身から知らせて欲しいはずだとハーマイオニーはそう言うのです。ハリーはシリウスに手紙を出しました。

シリウスはとある魔法使いの家に忍び込みグリフィンドール寮の談話室の暖炉から顔を出してハリーと話してくれました。それからハリーとシリウスは手紙のやり取りをするようになりました。そしてそれは翌年の2月の事です。

「返信ふくろう便で次のホグズミード行きの日を知らせよ」

これは今までシリウスが送って来た手紙の中でも一番短い文面でした。そして3月になってから届いたその手紙で実はシリウスが帰国してからはホグズミードにいる事をハリーたち3人は知る事になったというわけなんですよね。

3-3.シリウスの隠れ家
ロンは信じ難いという表情で「まさかホグズミードに帰って来たんじゃないだろうな?」と言いハリーもまた「そんな馬鹿な。捕まったらどうするつもり」と言って驚愕したのでした。その手紙にはこう綴られていたんですよね。

「ホグズミードから出る道に柵が立っている。(ダービシュ・アンド・バングズ店を過ぎた所だ)土曜日の午後2時にそこにいること。食べ物を持てるだけ持って来てくれ」

「帰って来たみたいじゃない?」とハーマイオニーが言いロンは「これまでは大丈夫だったみたいだ」と言いました。その理由はホグズミードはもう吸魂鬼が頻繁に来ては捜索を何度もしているわけではないからというわけです。

ハリーがこっちのほうに来るのは初めての事でした。3人が手紙で指定された場所に行くと一番高い柵に前脚を乗せて新聞らしい物を口にくわえた犬の姿のシリウスがいました。シリウスはハリーのカバンを夢中で嗅ぐと・・・

尻尾を一度だけ振って向きを変えると走り出しました。行く手は岩だらけの山の麓でした。ハリーたち3人は柵を乗り越えるとシリウスを追ったのでした。シリウスは3人を岩石で覆われている山のすぐ下まで導いたのでした。

3人はおよそ30分シリウスの振る尻尾に従い曲がりくねった険しい石だらけの道を登って行きました。そして最後にシリウスがするりと視界から消えました。3人がその場所まで行くと狭い岩の裂け目があって3人は入りました。

裂け目に体を押し込むようにして入って行くと中は薄暗くて涼しい洞窟でした。一番奥の大きな岩にロープを回して繋がれていたのは昨年の年度末に処刑判決を受けてシリウスと共に逃亡したヒッポグリフのバックビークでした。

ハリーはカバンを開けると持って来た鳥の足とパンをシリウスに渡しました。シリウスは「ありがとう」と言うと即座に包みを開けて洞窟の床に座り込んで早速食べ始めたのでした。そしてハリーにこう言ったというわけです。

「ほとんどネズミばかり食べて生きていた。ホグズミードからあまり沢山食べ物を盗むわけにもいかない。注意を引く事になるからね」

「捕まったらどうするの?姿を見られたら?」こう訊くハリーにシリウスは私が「動物もどき」だと知っているのはここではハリーたち3人とダンブルドア校長だけだと答えました。でも私はそれだけじゃないとそう思いますね。

このシリウスの隠れ家には「忠誠の術」がかけられている。当然「秘密の守人」はシリウスというわけです。シリウス自身がこの隠れ家の場所を教えない限り誰もこの洞窟を見つける事は決してできないというわけなんですよね。

この後にハリーは額の傷痕が痛んで校長室に行った際にダンブルドアから自分もシリウスと連絡を取り合っていた。そして帰国したシリウスに一番安全な隠れ場所としてあの山中の洞窟を勧めたのは自分だと聞かされたんですよね。

何故シリウスとバックビークが隠れていたあの洞窟はダンブルドアをして「一番安全な隠れ場所」と云えるのか?これこそがこの隠れ家には「忠誠の術」がかけられている何よりの証拠だと私はそのように思っているんですよね。

今日の最後に
実はこのシリウスの隠れ家は翌年度の末にハグリッドが使っているんですよね。ハリーたちを含めた5年生がふくろう試験の「天文学」の実技試験を受けている最中にハグリッドはアンブリッジと4人の闇祓いに急襲されました。

ハグリッドは逃走してこのシリウスの隠れ家に身を隠しました。ハリーは試験と魔法省での例の一件が終わった後にハグリッドを訪ねてこの事を聞かされました。4人の闇祓いが追っていたのにハグリッドは捕まりませんでした。

それは「忠誠の術」がかけられたシリウスの隠れ家の洞窟にハグリッドが隠れていたからというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.