FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

さて!いよいよ本日より「アズカバンの囚人編」に突入します。昨年はドビーの乱入で最悪の誕生日となってしまいましたが、13才の誕生日はロンとハーマイオニーからのプレゼントも届いて生まれて初めて誕生日がうれしいと思ったハリーなのでした。一方魔法界は「あの人」の脱獄で新たな緊張感が走っていました。(全5項目)

5-1.ガリオンくじグランプリ
全ては『このくじ』から始まったということになるわけですよね。ウィーズリーおじさんがくじを当てて700ガリオンを獲得して日刊予言者新聞に一家の写真が載り・・・

「その新聞の写真」にネズミに変身したピーター・ペティグリューを見つけたシリウスがアズカバンを脱獄したがために魔法界を揺るがす大騒動になったというわけです。

と!いうことはウィーズリーおじさんがこのガリオンくじを当てたことにもダンブルドアが絡んでいるということになるんでしょうね!

改めて考えてみるとウィーズリーおじさんが『このくじ』を当てなければ新聞に写真が載ることもなかったのですからシリウスがピーター・ペティグリューを見つけることもできなかったわけですし・・・

ロンが新品の杖を買ってもらえることもなかったわけですからダンブルドアにとっては何が何でもウィーズリーおじさんに700ガリオンを獲得してもらわなければならなかったわけです。

そういった観点からも「この件」にもダンブルドアが関与していた可能性が極めて濃厚というわけです。しかし!それにしても・・・クジの当選にまで介入してしまうなんて!

恐るべしダンブルドア!って感じですよね。

5-2.シリウス・ブラック脱獄!
そんなわけで日刊予言者新聞の写真にウィーズリー一家と共に写るピーター・ペティグリューの姿を発見したシリウスはアズカバンを脱獄したわけですが・・・

ハリーが「シリウス・ブラック脱獄」の第一報を聞いたのはダーズリー家のテレビ報道でした。魔法大臣コーネリウス・ファッジがマグルの首相に知らせたからです。

バーノン叔父さんはシリウス・ブラックがどこの刑務所から脱獄したのか?を言わなかったアナウンサーに噛みついていますが「アズカバン」と言ったって誰も理解できないのですから当然でしょう。

一方ペチュニア叔母さんは「この報道」をどんな思いで聞いたんでしょうね。何せシリウスは自分の姉の夫の親友だった人なんですから・・・

(知らないフリしているだけで)アズカバンに関する知識もそれなりにあるので私はバーノン叔父さんよりはシリウス・ブラックに対する恐怖心はペチュニア叔母さんのほうが強いと思います。

5-3.恐怖のマージ叔母さん登場!
今回「この記事」を書くために改めて読み返して気づいたのですがマージ叔母さんはシリウス・ブラック脱獄事件がテレビで報道された「その日」にダーズリー家に来ているんですよね。

そして「その日」から1週間ダーズリー家に滞在したわけですが、ハリーとバーノン叔父さんはマージ叔母さんが滞在する期間中に・・・

ハリーが守るべきことを守り、話の辻褄を合わせたならばホグズミード行きの許可証にサインしてもいいと約束したので、それからハリーの耐え忍ぶ1週間が始まったというわけです。

5-4.ハリーついに切れる!
そんなわけでハリーがマージ叔母さんの「言葉の暴力」に耐える1週間が始まり叔母さんに筆舌に尽くしがたい言葉を浴びても他の事を考えて必死に怒りを抑えるハリーなのでした。

ハリーがこれだけ我慢できたのもバーノン叔父さんに許可証にサインしてもらわなければロンとハーマイオニーと一緒にホグズミード村に行くことができないからでした。

そしてようやくマージ叔母さん滞在最終日の夜が来ました。ペチュニア叔母さんは豪華なディナーを料理して、ただの一度もハリーの欠陥が引き合いに出されることなくディナーは進みました。

しかし恐れていたマージ叔母さんの鉄拳がついにハリーに振り下ろされてしまいました。そして「その矛先」がハリーの父親に及んだ時ついにハリーの自制心が限界を越えてしまったのです。

ハリーの怒りでマージ叔母さんは巨大な救命ブイさながらに膨れ上がり天井に向かって浮き上がり始めました。バーノン叔父さんは片足を捕まえて引っ張り下ろそうとしましたが・・・

そのバーノン叔父さんまで一緒に床から持ち上げられる有り様。一方ハリーはダイニングルームを飛び出し階段下の物置に向いました。

ハリーがそばまで行くと物置の戸が魔法のようにパッと開いてハリーはそこからトランクを取り出すと飛ぶように2階に駆け上がり・・・

残りの荷物を持ってトランクのところに戻り「当然の報いだ」「身から出た錆だ」とバーノン叔父さんに捨てゼリフを残してダーズリー家を後にしたのでした。

5-5.この場面でのダンブルドア
と!まあ!そういうことで、この「マージ叔母さん風船事件」にもダンブルドアが関与していることは間違いないでしょうね。ここでの曲者は「ファブスター大佐」ということになりますね。

当然のごとくシリウスが何月何日にアズカバンを脱獄して何月何日にハリーに会いにリトル・ウインジングに来るのかが事前に解かっていたダンブルドアは・・・

それに照準を合わせてファブスター大佐に1週間犬の面倒は私が見るから久しぶりに弟(バーノン叔父さん)のところに行って骨休めしてこいと言わせたということなんでしょうね。

どうしてダンブルドアがホグズミード行きの許可証にバーノン叔父さんがサインするのを妨害したのか?というと、それはもちろん「その手柄」をシリウスのためにキープするという狙いもあったんでしょう。

そして「もう1つ」の狙いはフレッド・ジョージが「忍びの地図」をハリーに譲る気にさせるためだったというのもあったんでしょうね。

ハリーがバーノン叔父さんからサインを貰っていたらフレッドとジョージは「忍びの地図」をハリーに譲ろうという気にはなっていなかったでしょう。

本日の最後に
ハリーにとっては2年連続の波乱含みの夏休みになってしまったわけですがハリー3年生の休みはロンとハーマイオニーからの誕生日プレゼントもちゃんと届いて若干の改善が見られたようです。

しかし!ダーズリー一家にとっては昨年は「人生最大の商談」が破談に終わり今年は「この事件」と2年連続で散々な夏休みになってしまったというわけです。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第3巻「アズカバンの囚人」より第1章「ふくろう便」
第3巻「アズカバンの囚人」より第2章「マージ叔母さんの失敗」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.