FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

今週はどうやらローリングさんがお気に入りらしい「この魔法」の登場シーンの中でも特に私が気に入っている場面を紹介してみる事にしました。まず本日取り上げるのはこの「呼び寄せ呪文」が初登場した所です。使ったのはウィーズリーおばさんでした。(全3項目)

3-1.ウィーズリー一家がプリベット通り4番地へ
その日プリベット通り4番地には魔法使いの一行が我が家にやって来るという事で極度に緊張した空気が満ち満ちていました。そのためダーズリー一家は「これ以上はない!」というぐらい緊張し加えて苛立っていたのでした。

バーノン叔父さんは一張羅の背広を着込んでいました。一見するとこれは歓迎の気持ちの表れだと思うかもしれません。しかし実は叔父さんは威風堂々なおかつ威嚇的に見えるようにしたかったんだとハリーには判っていました。

一方ダドリーは何故か縮んだように見えました。ついにダイエット効果が現れたと思いきや恐怖のせいでした。ダドリーが前回魔法使いに出会った時はお尻に豚の尻尾が生えて来てしまいロンドンの私立病院で取って貰いました。

ダーズリー夫妻はその私立病院には高い治療費を払いました。そのためダドリーが尻のあたりを頻繁にそっと撫でながら前回と同じ的を敵に見せまいと部屋から部屋へと蟹歩きで歩いているのも全く変というわけではありません。

昼食の間はほとんど誰も話しませんでした。ダドリーは例のダイエット・メニューだというのに文句1つ言いませんでした。ペチュニア叔母さんに至っては何も食べません。腕を組み唇を強く結び口の中で舌を動かすだけでした。

「当然車で来るんだろうな?」

テーブル越しにバーノン叔父さんがこう吼えました。しかしハリーは叔父さんにそう言われて「ウィーズリー一家は一体どうやって自分を迎えに来るのだろう?」と思いました。唯一持っていた車は今は行方不明になっています。

2年生の時にハリーとロンが学校に行くのに使い今は「禁じられた森」で野生化してしまっています。でもアーサー氏は昨年勤め先の魔法省から車を借りているし今日もまた借りるのかなとハリーはそう考えてこう答えました。

「そうだと思うけど」

ところがウィーズリー一家はあっと驚く意外な方法でプリベット通り4番地にやって来たというわけなんですよね。

3-2.ダドリー二度目の受難
「これは何だ?何事なんだ?」事が起きたのは約束の午後5時を30分過ぎた時でした。ハリーが居間に入って行くとバーノン叔父さんがハリーにこう訊いて来ました。塞がれた暖炉からアーサー氏とロンの声が聞こえていました。

「みんなが煙突飛行粉でここに来ようとしたんだ。みんなは暖炉の火を使って移動できるんだ」

バーノン叔父さんの問いにハリーはこう答えました。ハリーがアーサー氏と話している内にフレッドとジョージの声も加わりました。結局ウィーズリー一家4人は板張りを破って居間に出て来るという事になったというわけです。

吹き飛んだ暖炉を振り返りながらアーサー氏が「申し訳ない」と謝りました。何でもプリベット通り4番地の暖炉を「煙突飛行ネットワーク」に組み込んだんだそうです。厳密にはマグルの暖炉は結んではいけないのだそうです。

結んだのはハリーを迎えに来る今日の午後だけだそうです。アーサー氏は「煙突飛行規制委員会」にちょっとしたコネがあってそこの人が細工してくれたそうです。アーサー氏はすぐに元通りにできるとそう請け合ったのでした。

子供たちを送り返す火を熾し暖炉を直し自分は「姿くらまし」する。何せアーサー氏は魔法省の「マグル製品不正使用取締局」に勤めているのでマグルの物品を元通りにするのは得意中の得意にしているというわけなんですよね。

「やあハリー!トランクは準備できているかね?」

朗らかにこう言うアーサー氏にハリーは「2階にあります」と答えました。するとフレッドが「俺たちが取って来る」と言ってジョージと一緒に居間を出て行きました。2人ともここに来るのは2度目なのでもう判っているのです。

それからマグル好きのアーサー氏は何とかダーズリー夫妻との会話を成り立たせようと必死に奮闘努力しました。しかし上手く行きません。するとそこに突然ダドリーが居間に戻って来てフレッドとジョージも戻って来ました。

2人は部屋に入るなり室内をさっと見渡しダドリーを見つけるとニヤリと悪戯っぽく笑いました。それは実は2度目の騒動の序章で前触れでもあったというわけです。そしてそれはフレッドが暖炉の火に飛び込もうとした時でした。

フレッドのポケットから菓子袋が落ちて中身が転がり出て来ました。色鮮やかな紙に包まれた大きくておいしそうなヌガーでした。フレッドは急いでそのヌガーを掻き集めてポケットに突っ込み暖炉の火の中に入って行きました。

次にジョージがハリーのトランクを持って火の中に入りロンも入って最後がハリーでした。ハリーがエメラルド色の炎に片足を入れた時でした。背後でひどく吐く声が聞こえたかと思うとペチュニア叔母さんが悲鳴を上げました。

ハリーが振り返るとダドリーがコーヒーテーブルの脇に膝をついて30センチほどもある紫色の何かを口から突き出して咽込んでいました。ハリーは一瞬「何だろう?」と当惑しましたが紫色のそれがダドリーの舌だと判りました。

そして色鮮やかなヌガーの包み紙が1枚ダドリーのすぐ前の床に落ちているのをハリーは発見したのでした。それこそがフレッドとジョージが発明したというトン・タン・タフィーというお菓子だったというわけなんですよね。

3-3.没収されたトン・タン・タフィー
「フレッド!冗談じゃ済まんぞ!あのマグルの男の子に一体何をやった?」普段は温厚で物静かなアーサー氏が声を荒げてこう言いました。ダドリーに食べさせたあの菓子はトン・タン・タフィーとハリーは聞かされたのでした。

アーサー氏が怒っているのを聞きつけてウィーズリーおばさんが言ったのが「まさかウィーズリー・ウィザード・ウィーズじゃないでしょうね」でした。一体全体ウィーズリー・ウィザード・ウィーズとはいかなるものなのか?

ロンとジニーがハリーに説明してくれました。ウィーズリーおばさんがフレッドとジョージの部屋を掃除したら注文書が束になって出て来たんだそうです。その事をきっかけに2人は悪戯専門店を開きたいと言ったのだそうです。

でもウィーズリーおばさんは常々比較的成績優秀なフレッドとジョージには魔法省に就職して欲しいと思っていた。だから当然そんなリスクの高い悪戯専門店の開業など絶対に反対だというわけです。それは翌日の未明の事でした。

「ポケットにある物は何?」おばさんに鋭くこう言われてジョージは「どうしたの?」としらばくれましたが誰も騙されません。ジョージは「何にもないよ!」と言ってみせましたがおばさんは「嘘おっしゃい」と言うと・・・

「アクシオ!出て来い!」

おばさんがジョージのポケットに杖を向けてこう唱えると鮮やかな色の小さな物が数個飛び出して来ました。おばさんが手にした物こそ紛れもなくダドリーに食べさせたあのトン・タン・タフィーだったというわけなんですよね。

「全部捨てなさいって言ったでしょう!ポケットの中身を全部お出し。さあ2人とも!」

どうやらフレッドとジョージはこのトン・タン・タフィーを隠密にできる限り沢山持ち出そうとしたようでした。おばさんは「呼び寄せ呪文」を使わなければ到底全部を没収する事はできなかったでしょうね。夥しい量でした。

「アクシオ!出て来い!アクシオ!」

おはさんはこう叫びトン・タン・タフイーは思いもかけない所からも飛び出して来ました。ジョージのジャケットの裏地やフレッドのジーンズの折り目からも出て来ました。母親に根こそぎ没収されてフレッドはこう叫びました。

「僕たちそれを開発するのに6ヵ月もかかったんだ!」

フレッドのこの言葉を聞いておばさんは「おやご立派な6ヵ月の過し方ですこと!ふくろうの点が低かったのも当然だわね」と言ったのでした。こんな事があったので出発する時は到底和やかな雰囲気とは言えない状況でした。

クィディッチ・ワールドカップの決勝戦を観に行くのですから本当は高揚した気持ちで行くはずだったんですよね。

今日の最後に
トン・タン・タフイーを発明してからというものフレッドとジョージはこれを誰かに試したくてカモを探していたんだそうです。そんなカモの1人が今ダイエット中だというダドリー・ダーズリーだったというわけなんですよね。

それならクィディッチ・ワールドカップの競技場横のキャンプ場に持ち出し一体誰に食べさせようとしていたんでしょう?私が一番に思いつくのはドラコ・マルフォイの腰巾着ビンセント・クラッブとグレゴリー・ゴイルですね。

この2人はハリーたちが2年生の時にポリジュース薬で成り済まそうとして眠り薬入りのケーキを食べさせた事があります。この2人なら苦もなく騙せたでしょうね。しかしこの2人は残念ながら来ていなかったみたいなんですよね。

次に考えられるとしたら魔法ゲーム・スポーツ部の部長のルード・バグマン氏も騙されやすそうで有力候補だと私はそう思いますね。つまりこの人もウィーズリーおばさんが没収したお陰で被害に遭わずに済んだというわけです。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.