FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

バーテミウス・クラウチ・ジュニアはハリーを三校対抗試合の代表選手にして優勝させ優勝杯を「移動キー」にしてヴォルデモートの下に送り込むという使命を帯びてホグワーツに来ました。そして計画通りに事は進みヴォルデモートは復活を遂げたのですが・・・(全3項目)

3-1.優勝杯が「移動キー」に
以前より強力になって蘇るにはハリー・ポッターの血が必要だ。そこでバーテミウス・クラウチ・ジュニアは今年度ホグワーツで「闇の魔術に対する防衛術」の教師になったマッド・アイ・ムーディに成り済まして潜入しました。

ヴォルデモートの命を受けてハリーを三大魔法学校対抗試合の代表選手にして優勝杯を「移動キー」にしておいてハリーをご主人様の闇の帝王が待つリドル・ハングルトンの教会墓地に送り込む。そういう計画だったんですよね。

「第1の課題」の時は楽でした。ハリーを自分の部屋に招き入れて課題をクリアできるようアドバイスをする。さらにハグリッドをそそのかして事前に課題の内容をハリーに教えるという策略も巡らせていたというわけですよね。

しかしそう続けてハリーを直接助けるわけにはいきませんでした。そのため「第2の課題」の時は苦労しました。クラウチ・ジュニアはマクゴナガル先生と一芝居打って屋敷しもべ妖精のドビーにハリーを助けさせたんですよね。

ドビーがハリーを慕っている事はクリスマス・ダンスパーティの際ハリーがドビーに貰ったクリスマス・プレゼントの靴下を履いていた事で知りました。ドビーがハリーを助けたお陰でハリーは「第2の課題」をクリアしました。

最後の「第3の課題」の時も容易に事は進みました。優勝杯を「移動キー」にするために優勝杯を迷路の中央に持って行く仕事を自ら申し出ました。さらにハリーが必ず優勝できるようにと露骨な依怙贔屓をしたというわけです。

マッド・アイ・ムーディの「魔法の目」で迷路の中を見通しハリーの行く手を阻む障害を取り除きました。さらに他の代表選手が優勝杯のある迷路の中心に行かないよう措置を施したりもしました。計画は上手く行ったのでした。

こうしてハリーはクラウチ・ジュニアが「移動キー」にした優勝杯を掴みセドリックと共にリトル・ハングルトンの教会墓地に行きました。そしてダンブルドア側の人間では唯一ヴォルデモートの復活を目撃したというわけです。

3-2.セドリックの死とヴォルデモートの復活
最も忠実なる死喰い人バーテミウス・クラウチ・ジュニアをホグワーツに送り込みハリー・ポッターを三大魔法学校対抗試合の代表選手にして優勝させ優勝杯を「移動キー」にしてリトル・ハングルトンの教会墓地に連れて来る。

ヴォルデモートが立てた計画は全て上手く行きハリーはホグワーツから遥か遠く離れた未知の場所に連れて来られる事となりました。セドリックは余計な奴は殺害せよの一言で「死の呪文」を放たれてその場で命を落としました。

溺れてしまいますようにとハリーは願いました。大鍋は煮え立ち四方八方にダイアモンドのような閃光を放っていました。目も眩むような明るさで周りのものの全てが真っ黒なビロードに覆われているようでした。溺れてしまえ。

失敗しますようにとハリーはそう願いました。突然大鍋から出ていた火花が消えました。その代わりに濛々たる白い蒸気がうねりながら立ち昇って来ました。濃い蒸気がハリーの目の前のものの全てを隠しました。何も見えない。

一瞬ハリーは失敗したと思いました。しかしその時ハリーが靄の中に見たものは氷のような恐怖を掻き立たせました。大鍋の中からゆっくりと立ち上がって来たのは骸骨のように痩せ細った背の高い男の黒い影だったのでした。

ヴォルデモートはついに復活しました。続々と死喰い人たちが「姿現わし」して集結して来ました。全員がフードを被り仮面をつけています。1人また1人と慎重にゆっくりと我が目を疑うという表情で近づいて来ていたのでした。

「よう来た死喰い人たちよ。13年。最後に我々が会ってから13年だ。しかしお前たちはそれが昨日の事であったかのように俺様の呼びかけに応えた。さすれば我々は未だに闇の印の下に結ばれている!それに違いないか?」

ヴォルデモートは集まった死喰い人たちを前に静かにこう言いました。そしてこうも言いました。ハリーはここにいる。自分の凋落の元になったとそう信じられているハリーがここにいる。ヴォルデモートは違うと言うのです。

「見たか。この小僧がただの一度でも俺様より強かったなどと考えるのは何と愚かしい事だったか」

ハリーに「磔の呪い」をかけたその後にヴォルデモートはこう言いました。すなわちヴォルデモートは誰の心にも絶対に間違いがないようにしておきたいと言うのです。ハリー・ポッターが我が手を逃れたのは単なる幸運だった。

お前たち全員の前でハリーを殺害する事で自分の力を示すとヴォルデモートはそう宣言したのでした。ダンブルドアの助けもなくハリーのために死んで行く母親もいない。だがそんなハリーにチャンスをやろう。戦う事を許そう。

こうしてハリーは復活直後のヴォルデモートと戦う事になりました。

3-3.ヴォルデモートの手を逃れて
望みはない。助けは来ない。ハリーは最期が来た事を悟りました。こんな状況に立ち至ってハリーは唯一の事を思い詰めていました。ヴォルデモートの足下にひざまずいて死ぬものか。堂々と立ち上がって自分は戦って死ぬのだ。

ハリーはヴォルデモートと向き合い「エクスペリアームス!」と叫びました。ヴォルデモートも同時に「アバダケダブラ!」と叫びました。2人が放った閃光が空中でぶつかりました。すると思ってもみなかった事が起りました。

細い一筋の金色の光が2人の杖を繋いだのです。さらに2人の体が地上から離れました。2人の体は滑るように進み何もない場所に着地しました。そして杖同士を繋いだまま金色の糸は裂けて行き2人の周りを縦横に交差しました。

やがて2人はドーム型の光の籠ですっぽり覆われました。2人の周りを取り巻く死喰い人の声は不思議に遠くから聞こえるように感じました。そしてまたしても摩訶不思議な出来事が2人の目の前で起きたというわけなんですよね。

ハリーが金色の糸に浮かんだ光の玉をヴォルデモートの杖に押し込もうとしたその時でした。ヴォルデモートの杖の先からまるで花が開くかのように何か灰色がかった大きなものが出て来ました。濃い煙の塊のようなものでした。

ヴォルデモートの杖先からセドリック・ディゴリーのゴーストが出て来たのです。出て来るとセドリックは遠くから反響するような声でハリーに向かって「頑張れ」と呼びかけました。しかもセドリックだけではなかったのです。

夏休み中にハリーが夢で見た見知らぬ老人にバーサ・ジョーキンズにハリーのお母さんのリリーに父親のジェームズとヴォルデモートがかつて殺害した人々が次から次と出て来ました。そしてハリーのお父さんがこう言いました。

「繋がりが切れると私たちはほんの少しの間しか留まっていられない。それでもお前のために時間を稼いであげよう。移動キーの所まで行きなさい。それがお前をホグワーツに連れ帰ってくれる。ハリー判ったね?」

セドリックからは「僕の体を連れて帰ってくれないか?」と頼まれました。杖の繋がりを切るとハリーはこれまで走った事はないというぐらい走りに走りました。ハリーはセドリックの手首を掴みました。ところがだったのです。

セドリックは重過ぎて運べない。優勝杯に手が届かない。ハリーとヴォルデモートの間には墓石1つしかありませんでした。ヴォルデモートの赤い目が殺気で燃え上がりました。その時ハリーは優勝杯に杖を向けこう叫びました。

「アクシオ!来い!」

こうしてハリーはホグワーツへと戻って行ったのでした。

今日の最後に
バーテミウス・クラウチ・ジュニアはハリーを三校対抗試合の代表選手にして優勝させ優勝杯を「移動キー」にしてヴォルデモートの待つリドル・ハングルトンの教会墓地に送り届けるという使命を帯びてホグワーツに来ました。

そしてもちろんいかなる策を用いてハリーを優勝に導くのかについてはクラウチ・ジュニアに一任していたんでしょうね。そこで「第1の課題」でしたのが「呼び寄せ呪文」でファイアボルトを手に入れよと進言をする事でした。

ハリーはこの「呼び寄せ呪文」を苦手にしていました。しかしクラウチ・ジュニアに言われて「第1の課題」をクリアするためにと必死に真夜中の午前2時まで猛練習してようやく習得しファイアボルトを手に入れたんですよね。

このようにしてバーテミウス・クラウチ・ジュニアにアドバイスされハリーが苦心惨憺の末にようやく習得した「呼び寄せ呪文」がヴォルデモートの手から逃れる切り札になるという皮肉な結果になったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.