FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーが三大魔法学校対抗試合で最初に使用したのも最後に使ったのもこの「呼び寄せ呪文」でした。そして不思議な巡り合せでフレッドとジョージにとってもこの「呼び寄せ呪文」は極めて印象深い魔法になったというわけなんですよね。(全3項目)

3-1.優勝賞金の一千ガリオンを
セドリックが死んだのは自分のせいだ。自分が優勝杯を一緒に握ろうと言ったからセドリックはヴォルデモートの待つ所へと行ってしまい殺害されてしまった。優勝賞金の一千ガリオンだって自分には受け取る資格などないんだ。

ハリーは翌日見舞いに訪れたディゴリー夫妻にもセドリックが先に着いた。だから優勝賞金はセドリックの物だと言って渡そうとしましたがディゴリー夫妻は受け取りませんでした。それならハリーは優勝賞金をどうしたのか?

ハリーは帰りのホグワーツ特急がキングズ・クロス駅に到着した所でフレッドとジョージに半ば押し付けるようにして渡しました。そして2人にこの優勝賞金を悪戯専門店の開業資金に使うように言ったというわけなんですよね。

ただしハリーはロンとハーマイオニーにはその事を言いませんでした。何故ならハーマイオニーはウィーズリーおばさんと同意見でフレッドとジョージには悪戯専門店の経営はふさわしくないとそう考えていたからなんですよね。

学期2日目の朝食の席でもフレッドとジョージそしてハーマイオニーの間で2人の悪戯専門店の事が話題になりました。2人は7年目に学校に戻るかどうか真剣に話し合ったそうです。そこで開業資金の事を言いかけてしまいました。

何しろ既に悪戯専門店の開業資金を手に入れてしまった。そう言いかけた所でハリーが目配せをしたので言いかけていたジョージは急遽「既にふくろう試験も終わってしまった」とそう言い換えなくてはならなかったんですよね。

それならば今年度は何故学校に戻って来たのか?フレッドが言うには少し市場調査をするのに使うんだそうです。平均的ホグワーツ生は悪戯専門店に何を求めるのかを調査し慎重に結果を分析し需要に合った製品を作るそうです。

「だけど悪戯専門店を始める資金はどこで手に入れるつもり?材料が色々必要になるでしょうしそれに店舗だって必要だと思うけど」

こう訊くハーマイオニーにフレッドが「質問するなかれ。さすれば我々は嘘をつかぬであろう」と答えました。ハリーが思わずドキリとする質問でした。言われたハーマイオニーはハリーとロンの顔を見るとこう言ったのでした。

「何の事かしら?質問するなかれって。悪戯専門店を開く資金をもう手に入れたってこと?」

お察しの通りというわけです。

3-2.アンブリッジが校長になって
こうしてフレッドとジョージはハリーに三校対抗試合の優勝賞金一千ガリオンを資金提供され悪戯専門店の準備を始めました。そして最初に取り組んだのが夏休み中から手がけていた「ずる休みスナックボックス」の開発でした。

スナックボックスが完成すると2人は談話室でそれを販売するようになりました。しかしそんな2人に大きな契機が訪れました。ダンブルドア校長がホグワーツを去って後任の校長職にドローレス・アンブリッジが就いた事でした。

2人はハリーたちに「俺たちは問題に巻き込まれる事などもう気にしないと決めた」と告げました。ハーマイオニーが「気にした事あるの?」と訊くとジョージが「そりゃあるさ。一度も退学になってないだろ?」と答えました。

時には爪先ぐらいは線を越えたかもしれないが俺たちは常に一線を保った。つまり今までは本当の大混乱を起こす手前で踏み止まって来た。けれどもダンブルドアもいなくなった事だしもはや一線を越えるのに躊躇は要らない。

ちょっとした大混乱こそ親愛なる新校長にふさわしいのだそうです。そんなフレッドとジョージにハーマイオニーは「やっぱり」という感じで2人が退学になるような事をしたらアンブリッジが大喜びするだけと言ったのでした。

そんなハーマイオニーにフレッドは「分ってないなあ」と言いました。自分たちはここホグワーツにいられるかなんて気にしない。今すぐにでも出て行きたい所なんだ。けどまずはダンブルドアのために役目を果たす決意なんだ。

ハリーたちにこう言うとフレッドは腕時計を確かめて「第一幕がまもなく始まる。悪い事は言わないから昼食を食べに大広間に入ったほうがいいぜ。そうすりゃ先生方もお前たちは無関係だと判るからな」とそう言ったのでした。

ハーマイオニーが心配そうに「何に無関係なの?」と訊くとジョージが「今に判る。さ。早く行けよ」と答えてフレッドとジョージはハリーたちに背を向けると昼食を食べに階段を下りて来る生徒たちの中に姿を消したのでした。

ハリーはフィルチに呼びつけられてアンブリッジの部屋に行きました。アンブリッジの目的はハリーに真実薬を飲ませてダンブルドアとシリウスの居場所を聞き出す事でした。その場で「ドーン」という音と共に床が揺れました。

アンブリッジは横滑りしてショックを受けた顔で机にしがみついて踏み止まりました。アンブリッジが「一体これは?」と言いながら扉のほうを見つめている内にハリーは真実薬入りの紅茶を一番近くの花瓶に捨てたのでした。

アンブリッジはハリーに「昼食に戻りなさい」と言い杖を上げて部屋から飛び出して行きました。ハリーも一呼吸置いてから部屋を出ました。フレッドとジョージが仕掛けた大騒ぎの原因は何の苦もなく見つける事ができました。

一階下は破裂した伏魔殿状態でした。フレッドとジョージが仕掛けたのは巨大な魔法の花火でした。全身が緑と金色の火花でできた何匹ものドラゴンが火の粉を撒き散らしながら階段を行き来して大きな音を立てていたのでした。

さらには直径が1メートル半もあるショッキングピンクのネズミ花火が空飛ぶ円盤群のように破壊的に飛び回っていました。ロケット花火が輝く銀色の星を長々と噴射しながら壁に当たって跳ね返っていました。まだありました。

線香花火が勝手に空中に文字を書いて悪態をついていますし爆竹が地雷のように爆発していました。アンブリッジは校長になった最初の日の午後を学校中を飛び回ってフレッドとジョージが仕掛けた花火の処理をして過しました。

これが「ウィーズリーの暴れバンバン花火」だったのでした。

3-3.ホグワーツを去るに当たり
この騒ぎの直後にイースター休暇に入りました。そしてハリーにはちょっとした事件が起りました。ハリーが「憂いの篩」に移されていたスネイプの記憶を見てしまいスネイプの課外授業が打ち切りになってしまったんですよね。

その記憶の中に登場したハリーの父親ジェームズとシリウスはかねてからスネイプの言っていた通りの傲慢で嫌な奴でした。スネイプが言っていた通りだった。そんな落ち込むハリーを見てジニーが声をかけたというわけです。

シリウスに会いたい。ハリーはジニーにこう言いました。ジニーはフレッドとジョージにそれを伝えイースター休暇の最終日に2人はハリーに「シリウスと話したいんだって?」と声をかけて来ました。それは可能との事でした。

例によって例の如くハーマイオニーはアンブリッジが暖炉を探し回っていてふくろうは全部ボディチェックされているから駄目だと言って反対しました。でもフレッドとジョージは俺たちならそれも回避できると請け合いました。

ちょっと騒ぎを起こせばいいのさ。そしてアンブリッジを部屋から引き離す。ハリーは唯一見張られていないそのアンブリッジの部屋の暖炉からグリモールド・プレイス12番地に行ってシリウスと話せばいいというわけですよね。

しかしこの東棟で起した騒ぎこそがフレッドとジョージの悪戯専門店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズをド派手に宣伝する一大パフォーマンスだったのです。ハリーがフィルチに従いて行くと到着したのは玄関ホールでした。

そこにはホグワーツのほぼ全部の生徒と先生方が集結していました。アンブリッジの部屋から「鞭打ち許可証」を持って来たフィルチはアンブリッジに幸せで泣かんばかりに「今すぐ執行させてください」とそう言ったのでした。

それじゃあなたたちは学校の廊下を沼地に変えたら面白いと思っているわけね?こう言うアンブリッジにフレッドが全く恐れる様子もなく「相当面白いね」と答えました。するとアンブリッジはこう言葉を返したというわけです。

「私の学校で悪事を働けばどういう目に遭うかをこれから思い知らせてあげましょう」

ところがフレッドは「ところがどっこい思い知らないね」と応えました。そしてジョージを見ると「どうやら俺たちは学生稼業を卒業しちまったな?」と言いジョージは「俺もそんな気がしてたよ」と答えたというわけですよね。

フレッドが「俺たちの才能を世の中で試す時が来たな?」と言うとジョージが「全くだ」と答えました。そしてアンブリッジが何も言えないでいる内にフレッドとジョージは杖を上げて同時にこう唱えたというわけなんですよね。

「アクシオ!箒よ来い!」

遠くのほうでガラスが割れた音がしたかと思うと2人の箒が矢のように飛んで来ました。フレッドは箒に跨りながらアンブリッジに「またお会いする事もないでしょう」と言いジョージも「連絡もくださいますな」と言いました。

そして上の階で実演した「携帯沼地」をお買い求めになりたい方はダイアゴン横丁93番地に開店した我々の新店舗ウィーズリー・ウィザード・ウィーズに来てくださいと大々的に宣伝をするとホグワーツを去って行ったのでした。

最後に
初登場シーンではこの「呼び寄せ呪文」はフレッドとジョージが悪戯専門店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズの商品の1つのトン・タン・タフイーを母親のウィーズリーおばさんが没収してしまうという場面で使われました。

ところが今度はフレッドとジョージがホグワーツを去るに当たりその悪戯専門店をほぼ全ての先生方と生徒たちにド派手に宣伝するという場面で2人が使っていますね。これが2人が生徒として使用した最後の魔法になったのです。

さらにはフレッドとジョージの悪戯専門店の開業資金がハリーが獲得した三大魔法学校対抗試合の優勝賞金一千ガリオンだった。この対抗試合でもハリーが最初に使いましたしヴォルデモートの手から逃れる時も使用しています。

まさに「呼び寄せ呪文」様様というわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.