FC2ブログ
夏休み後半の2週間を漏れ鍋とダイアゴン横丁で過ごすことになったハリーでしたが、一方夏休み最後の日にようやく出会えたハーマイオニーは自分もペットを飼うと言い出して・・・さらに9月1日の学期初日には「あの人」と「あの生き物」との初対面もあって早くも先々の波乱を予想させることになったハリーなのでした。(全5項目)

5-1.ダイアゴン横丁とファイアボルト
魔法大臣コーネリウス・ファッジの寛大な(?)措置と計らいで「漏れ鍋」に滞在することになったハリーでしたが充分すぎるほどの自由な生活に当初は戸惑いもあったようです。

必要な物を買い揃えたりフローリアン・フォーテスキュー・アイスクリーム・パーラーのテラスで宿題を仕上げたりぶらぶら店を覗いて回ったりして長い夏の1日を過ごしたハリーでした。

ハリーが「漏れ鍋」に滞在して1週間後お気に入りの「高級クィディッチ用具店」に「あの箒」が現れました。そうですファイアボルトでした。

矢のように日が経って夏休み終盤となりロンとハーマイオニーの姿を探すハリーでしたがハリーと2人が会えたのは夏休み最後の日の8月31日でした。

5-2.スキャバーズとハーマイオニーの新しいペット
そんなわけで夏休み最後の日にようやく2人と出会えたハリーでしたがハーマイオニーが自分で誕生日プレゼントを買いなさいと両親から10ガリオンを貰ったそうなので・・・

エジプトから帰って来てから元気がないというスキャバーズと共に3人は魔法動物ペットショップに行くことにしました。

そこで今日に至るまでハーマイオニーのペットとして登場している猫(ニーズル)のクルックシャンクスが登場することになるのですが・・・

ハリーに今年度の夏休みは「隠れ穴」ではなく、どうして「漏れ鍋」に滞在させたのか?というとハーマイオニーにクルックシャンクスを飼わせるためだったということになるんでしょうね。

「漏れ鍋」に2週間滞在したお陰でハリーはもうダイアゴン横丁のことなら何でも知っているという状態になっていました。どこに?何の店があるのか?も知り尽くしていました。

そこで「魔法動物ペットショップ」に行けばスキャバーズ用に何か探せるしハーマイオニーはふくろうが買えると言うことができたというわけです。

もし「漏れ鍋」に滞在していなかったら、おそらくハリーはハーマイオニーをイーロップふくろう百貨店に連れて行ったのでクルックシャンクスと出会うことはできなかったでしょう。

5-3.ウィーズリーおじさんの忠告
夏休み最後の日にようやくロンとハーマイオニーと会うことができて「漏れ鍋」でウィーズリー一家と夕食を共にしたハリーでしたが・・・

この後ロンの「ネズミ栄養ドリンク」とパーシーの監督生バッチを探しに「漏れ鍋」の食堂に来たハリーはウィーズリー夫妻の口喧嘩を盗み聞きしてしまうことになってしまいました。

そこでハリーはアズカバンを脱獄したシリウス・ブラックが自分の命を狙っていることや魔法大臣の対応が甘かったのもハリーの無事な姿を見てホッ!としたからだということを知ったのでした。

そしてハリーは学期初日の9月1日にキングズ・クロス駅のホームでウィーズリーおじさんから思ってもみなかった言葉を聞かされることになったのです。

ウィーズリーおじさんはこれまで見たことがない真剣な表情で「何を聞いても」どんなことを「知っても」自分からブラックを探すことだけはしないで欲しいと言うのでした。

5-4.ルーピン先生と吸魂鬼初登場
ウィーズリーおじさんの忠告でギリギリにホグワーツ特急に乗り込んだハリーでしたが「そのこと」を2人に話すために最後尾のコンパートメントに移動すると・・・

そこには9月1日のホグワーツ特急には珍しい大人の魔法使いが1人だけいました。それが「闇の魔術に対する防衛術」の新任教授リーマス・ルーピンその人でした。

そして「この後」シリウス・ブラック捜査のためにホグワーツ特急に乗り込んで来た吸魂鬼とルーピン先生が対峙することになるわけですが・・・

全てのハリポタ読者が知っての通り、ここでの吸魂鬼とルーピン先生の対決が後にハリーが守護霊の呪文をルーピン先生から習うキッカケとなっている重要な場面というわけですね。

5-5.この場面でのダンブルドア
ホグワーツ特急出発直前にウィーズリーおじさんから「くれぐれ」もブラックを探したりしないようにと厳しく戒められたハリーでしたが・・・

魔法大臣コーネリウス・ファッジやウィーズリーおじさんなど関係者各位にハリーの両親が無二の親友シリウス・ブラックの裏切りで死んだことや・・・

その「シリウス・ブラック」がハリーの名付け親だということを本人には言わないようにと根回しをしたのもおそらくダンブルドアだったんでしょうね。

結局ハリーはフレッド・ジョージに教えてもらった「秘密の抜け穴」からホグズミードに行って「その事実」を知ってしまうことになるのですが・・・

ウィーズリーおじさんに忠告させたのも「その時」に備えてハリーに心の準備をさせるという意味合いもあったんでしょうね。

本日の最後に
ウィーズリー夫妻の「漏れ鍋」での口論の中でダンブルドアは学校の入り口全てに吸魂鬼を配置することをしぶしぶ認めたという話が出て来ますが・・・

これもいまさら言うまでもないカモ?しれませんがハリーに「守護霊の呪文」を習得させるために取った措置であることは火を見るより明らかですよね。

またシリウスとは同じ学年で旧知の仲のリーマス・ルーピンを今年度の「闇の魔術に対する防衛術」の教師に指名したのも・・・

ポッター夫妻が死亡した当時の真相を明らかにするためには「この2人」が欠かせないということもリーマス・ルーピンを指名した理由の1つだったんでしょうね。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第3巻「アズカバンの囚人」より第4章「漏れ鍋」
第3巻「アズカバンの囚人」より第5章「吸魂鬼」でした。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/218-55bcec76