FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ヴォルデモートは復活しハリーは死喰い人以外では唯一の目撃者になりました。そんなハリーはシリウスと校長室で顔を合わせる事となりました。そしてシリウスは極めて厳しい試練を乗り越えて来たハリーの気持ちを本人に代わって言ってくれたのでした。それを聞いてハリーは?(全3項目)

3-1.校長室に
何故夏休み中にハリーの額の傷痕に痛みが走ったのか?何故ハリーは三大魔法学校対抗試合のそれも4人目の代表選手になったのか?そのいずれもまたヴォルデモートが肉体を取り戻して復活するための予兆だったんですよね。

ピーター・ペティグリューことワームテールはヴォルデモートを復活させるため隠れているとの噂があるアルバニアの森に向かいました。ところがその途中でバーサ・ジョーキンズという魔法省の職員に見つかってしまいました。

しかしワームテールはその最大の危機を乗り越えたばかりか有用な情報をヴォルデモートに与える事となりました。この魔女から今年度ホグワーツに於いて三大魔法学校対抗試合が百年以上ぶりに開催される事を聞き出しました。

さらにはバーテミウス・クラウチ・ジュニアというおそらくは最も忠実な死喰い人が父親によって自宅に幽閉されている事も聞き出しました。そのクラウチ・ジュニアがポリジュース薬でマッド・アイ・ムーディになったのです。

夏休み中にハリーの額の傷痕が痛んだのはヴォルデモートがフランク・ブライスというマグルの男を「死の呪文」で殺害したからでした。その後にヴォルデモートはクラウチ・ジュニアをホグワーツに送り込んだというわけです。

そしてハリーを代表選手にするために公正なる選者「炎のゴブレット」に「錯乱の呪文」をかけハリーの名前を4校目の代表選手として入れました。そしてハリーが優勝するよう取り計らい優勝杯を「移動キー」にしたのでした。

ハリーが必要だったのは体を再生させる際に敵の血がいるためでした。ワームテールは別の魔法使いの血でもいいのではと言いましたがヴォルデモートは前より強力になって蘇るためにはハリーでなければならないと言いました。

ハリーは命からがら何とかホグワーツに戻って来る事ができました。そして真相の全てを知った後ダンブルドアに連れられて校長室にやって来ました。そこでハリーを待ち受けていたのがシリウスだったというわけなんですよね。

「ハリー大丈夫か?私の思った通りだ。こんな事になるのではないかと思っていた。一体何があった?」

ダンブルドアが扉を開けて校長室に入って行くとシリウスが一気に部屋を横切ってやって来てこう言いました。そしてハリーを介助して机の前の椅子に座らせました。ハリーを介助する時のシリウスの手は震えていたのでした。

「一体何があったのだ?」

こう訊くシリウスにダンブルドアは?

3-2.眠らせてやりましょう。休ませてやりましょう。
ダンブルドアはクラウチ・ジュニアの話を一部始終シリウスに語り始めました。ハリーは半分しか聞いていませんでした。疲れ果て体中の骨が痛んで眠りに落ちて何も考えず感じなくなるまで何時間も邪魔されずに座っていたい。

そう思いました。しかしダンブルドアはシリウスに話し終えると机の向こう側にハリーと向き合って座りました。ハリーはその目を避けました。ダンブルドアは僕に質問するつもりだ。全てをもう一度思い出させようとしている。

「ハリー迷路の移動キーに触れてから何が起こったのかわしは知る必要があるのじゃ」

こう言ったダンブルドアにシリウスが片方の手をハリーの肩に置きながら「明日の朝まで待てませんか?眠らせてやりましょう。休ませてやりましょう」と厳しい声で言いました。ハリーは感謝の気持ちが溢れるのを感じました。

「それで救えるのなら。君を魔法の眠りにつかせ今夜の出来事を考えるのを先延ばしにする事で君を救えるならわしはそうするじゃろう。しかしそうではないのじゃ」

ダンブルドアはさらに「一時的に痛みを麻痺させれば後になって感じる痛みはもっとひどい。君はわしの期待を遥かに超える勇気を示した。もう一度その勇気を示して欲しい。何が起きたかわしらに聞かせてくれ」と言いました。

ハリーは深く息を吸い込み話し始めました。シリウスはそんなハリーの肩をしっかりと掴んだままで一度か二度何か言いたそうな声を出しました。けれどもダンブルドアは手を上げて何か言いたそうにするシリウスを制しました。

話し出してみれば続けて話してしまうほうが楽でした。ほっとすると言っても良かったのでした。ワームテールが短剣でハリーの腕を突き刺した事を話すとシリウスは激しく罵りました。ダンブルドアも素早く立ち上がりました。

「杖が繋がった?何故なんだ?」

ハリーの杖とヴォルデモートの杖が金色の光で繋がった場面を話した時でした。シリウスはハリーを見てそしてダンブルドアを見てこう訊きました。ハリーが再び見上げるとダンブルドアは「直前呪文じゃな」とそう呟きました。

シリウスが鋭い声で「呪文逆戻し効果?」と訊くとダンブルドアは「左様。ハリーの杖とヴォルデモートの杖には共通の芯が使ってある。それぞれに同じ不死鳥の尾羽根が1枚ずつ入っている」と答えたというわけなんですよね。

さらに続けて「実はこの不死鳥なのじゃ」と言うとフォークスを指差しました。自分の杖の芯がフォークスの尾羽根だと聞いてハリーは驚きました。すなわちハリーの杖とヴォルデモートの杖は何と兄弟杖という事になるのです。

「すると杖が兄弟杖に出会うと何が起こるのだろう?」

シリウスがこう訊くとダンブルドアが「互いに相手に対して正常に作動しない」と答えました。しかしそれを無理に戦わせると非常に稀な現象が起こる。どちらかの1本がもう1本の杖に対してそれまでかけた呪文を吐き出させる。

だからヴォルデモートの杖先からセドリック・ディゴリーを先頭にしてその杖が殺害した犠牲者たちが姿を現わしたとダンブルドアは言うのです。こういう現象が起きたのはハリーとヴォルデモートの杖が兄弟杖だったからだ。

そういう事だったんですよね。

3-3.犬の姿になって
今夜君はわしの期待を遥かに超える勇気を示した。ハリーが話し終えるとダンブルドアはこの言葉をもう一度言いました。そして今夜は寮に戻らず医務室に行こう。さらにシリウスにはハリーと一緒にいてくれと言ったのでした。

それを聞いてシリウスは頷いて立ち上がりました。シリウスは黒い犬に変身しハリーにダンブルドアと共に校長室を出て医務室まで従いて来ました。ハリーにダンブルドアとシリウスが入って行くと一同が一斉に振り返りました。

そこにいたのはウィーズリーおばさんとビルにロンそれにハーマイオニーと弱り切った表情のマダム・ポンフリーでした。どうやら「ハリーはどこか?」とか「ハリーの身に何が起こったのか?」と問い詰めていたようでした。

おばさんは「ハリー!ああハリー!」と言って駆け寄ろうとしましたがダンブルドアが手で制して2人の間に立ち塞がりました。そしてハリーは今夜恐ろしい試練をくぐり抜けてその事を自分のために再現してくれたばかりだ。

今ハリーに必要なのは安らかに静かに眠る事だ。だからハリーが答えられる状態になるまでは質問をしてはいけない。特に今夜はしてはいけない。一同にこう言ったのでした。そしてマダム・ポンフリーにはこう言ったのでした。

「この犬は暫くハリーのそばにいる。わしが保証する。この犬は大層躾が良い」

シリウスを睨みながら「校長先生。一体これは?」と訊くマダム・ポンフリーにダンブルドアはこう説明をしました。ダンブルドアが医務室を出て行くとハリーはパジャマに着替えてベッドに入りました。一同が入って来ました。

ロンにハーマイオニーとビルそれにウィーズリーおばさんと黒い犬の姿のシリウスでした。ところがこの後医務室に魔法大臣コーネリウス・ファッジがやって来てヴォルデモートが復活したというハリーの主張を否定したのです。

そのためハリーにダンブルドアとファッジは袂を分かつ事になってしまったのでした。

今日の最後に
ダンブルドアはシリウスを校長室に呼び寄せてハリーに会わせてくれました。それはハリーのシリウスに対する信頼感をより強固にするために取った措置だと私はそう思いますね。シリウスはハリーの思いを代弁してくれました。

それはハリーが「休みたい。眠りたい」とそう思っている時に「眠らせてやりましょう。休ませてやりましょう」と言った事です。シリウスのこの一言にハリーは半端ないほどの感謝の念を感じずにはいられなかったんですよね。

これでハリーのシリウスに対する信頼感は絶対的なものになったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.