FC2ブログ
クリスマス・ダンスパーティに一緒に行こうと誘ったもののハリーがぐずぐずしていたためチョウはセドリック・ディゴリーに取られてしまいました。しかし何とそのセドリックが死んでしまいました。ところがチョウは新学期初日のホグワーツ特急内を皮切りにして・・・(全3項目)

3-1.チョウのほうから
こうしてせっかく両思いだったというのにハリーがぐずぐずしている内にチョウはセドリック・ディゴリーに取られてしまいました。ところが何とそのセドリックがヴォルデモートに殺害されてしまったというわけなんですよね。

結果としてハリーがそうなるように導いてしまいました。2人が優勝杯を譲り合っている内に「ホグワーツの優勝に変わりない」とハリーが言って2人同時に優勝杯を握りその優勝杯が「移動キー」になっていたというわけです。

2人はヴォルデモートの元に連れて行かれセドリックはハリーの目の前で死んで行きました。自分はチョウに恨まれても不思議ではない。ハリーがそう思っていたら驚く事にチョウは意外な行動に打って出て来たというわけです。

まず最初は新学期初日のホグワーツ特急内でした。コンパートメントの扉が開いたかと思うとそこにハリーに向かって笑いかけていたのはチョウでした。何とチョウのほうからハリーに会いに来てくれたというわけなんですよね。

さらにその翌日にもチョウは「こんにちはハリー!」と声をかけて来ました。しかもチョウは1人でした。昨日の記事でも紹介したようにチョウはどこに行く時も例えばトイレへ行く時でさえも決して1人ではありませんでした。

そのためハリーはチョウに「2人だけで話せる?」と言わなくてはなりませんでしたよね。ハリーは「やあ」と言葉を返しながら顔が火照るのを感じました。ところがここでロンが口を挟んで邪魔立てをしてしまったんですよね。

「それトルネードーズのバッジ?ファンじゃないだろう?」

ロンはチョウのローブの胸に留めてある金の頭文字「T」が2つ並んだ紋章の空色のバッジを指差し唐突にこう訊きました。するとチョウは「ファンよ」と答えました。するとロンは非難がましい声の調子でさらにこう訊きました。

「ずっとファンだった?それとも選手権に勝つようになってから?」

ロンのこの問いにチョウは「6才の時からファンよ」と冷やかに答えました。そしてハリーに「それじゃまたね」と言うと行ってしまいました。それを見てハーマイオニーは「気の利かない人ね」とロンを責めたというわけです。

さらにハリーは週末の土曜日にも思わぬ所でチョウと出くわす事になったんですよね。それはふくろう小屋でした。

3-2.ふくろう小屋で
ロンとハーマイオニーがトルネードーズの事でロンがチョウに批判めいた発言をした事で言い争いをしていたのでハリーは地下牢教室に行って並んでいる間まで今しがたのチョウの行動についてじっくり考える時間がありました。

チョウはわざわざ自分と話そうと思って近づいて来たのではないか?チョウはセドリックと付き合っていたようです。そしてセドリックは死んだのにハリーは三校対抗試合の迷路から生きて戻って来た。憎まれてもおかしくない。

それなのにチョウは親しげにそれも昨日に今日と2回に渡って話しかけて来ました。つまりセドリックの死に責任があると考えてもおらず嘘つきという「日刊予言者新聞」の記事の内容もチョウはどうやら信じていないようだ。

そう考えるとハリーは心が浮き浮きして来ました。そしてそれは学期が始まって最初の土曜日にハリーがシリウス宛ての手紙を出すためにふくろう小屋にやって来た時でした。何とここでハリーはチョウに出くわしたんですよね。

ヘドウィグを飛び立たせた後でした。背後でふくろう小屋の扉が開きました。ハリーは飛び上がるほど驚きました。まだ太陽が昇ったばかりの早い時間だったので他に人が来るとは思わなかったからです。それが何とチョウでした。

ハリーが反射的に「やあ」と挨拶をするとチョウは息を弾ませながら「あら。おはよう」と挨拶を返して来ました。そして「こんなに早くここに誰かいると思わなかったわ」とも言いました。チョウは手紙に小包を持っていました。

つい5分前に今日が母親の誕生日だという事を思い出したんだそうです。ハリーは「そう」と応えながら脳みそが混線したかのようでした。気の利いた面白い事の1つも言いたいと思ってはみたものの何も浮かびませんでした。

そのため窓のほうを指して「いい天気だね」と言いながらバツの悪さに内臓が縮みました。天気の事だなんて僕は何を言っているんだ。一方チョウは適当なふくろうを探しながら「そうね」と答えてさらにこうも言ったのでした。

「いいクィディッチ日和だわ。私もう1週間もプレイしてないの。あなたは?」

ハリーは「ううん」と答えました。するとチョウは今度は「グリフィンドールの新しいキーパーは決まったの?」と訊いて来ました。ハリーがロンだと答えるとチョウはかなり冷やかに「トルネードーズ嫌いの?」と言いました。

さらに「少しはできるの?」とも訊いて来ました。そこでハリーはかなりできると思う。でも選抜の時は罰則を受けていたので見ていなかったと答えました。するとチョウは低い声でアンブリッジって嫌な女だと言ったのでした。

ハリーが本当の事を言ったというだけで罰則にするなんて。あの人がどんな風に死んだかを言っただけで。みんながその話を聞いたし話は学校中に広がった。あの先生にあんな風に立ち向かうなんてハリーはとっても勇敢だった。

チョウがこう言ってまさに自分の事を絶賛してくれるのでハリーは縮んでいた内臓が再び急速に膨らんで来ました。まるで床から体が10センチぐらい浮き上がったような気さえしました。チョウが僕をとっても勇敢だと思っている。

するとまたしてもふくろう小屋の扉が開いて入って来たのは管理人のフィルチでした。そしてハリーに手紙を差し出せと言って来ました。ハリーは「できないよ。もう出してしまったもの」と答えました。するとフィルチは?

「ポケットに入ってないとどうして言える?」

こう言うフィルチに「どうしてって」とハリーが言い淀んでいるとチョウが怒ったように「ハリーが出す所を私が見たわ」と言いました。フィルチが出て行ったその後にハリーとチョウは一緒にふくろう小屋を後にしたのでした。

実はチョウがふくろう小屋に来た時ハリーは既にもうヘドウィグを飛び立たせた後でした。つまり「ハリーが出す所を私が見たわ」というのは嘘でした。チョウは何とハリーのためにフィルチに嘘をついてくれていたんですよね。

3-3.ホッグズ・ヘッドに
ハリーはシリウスに手紙を出すためにふくろう小屋に来ました。しかしそこでチョウと会えてしまったので気持ちが舞い上がってしまいそんな事などすっかり忘れてしまいました。そのぐらいチョウの事が好きというわけですね。

魔法省内部からの情報によれば魔法大臣コーネリウス・ファッジはホグワーツの生徒に闘う訓練をさせたくないらしい。だからアンブリッジの「闇の魔術に対する防衛術」の授業は教科書を読ませるだけという内容になっている。

ハリーの手紙に返事をするために談話室の暖炉に顔を出したシリウスがこう教えてくれました。それを聞いてハーマイオニーは「闇の魔術に対する防衛術」を自習すると言い出しました。そして教師役にハリーを指名したのです。

しかもハーマイオニーはハリーから習いたいという人は自分とロン以外にも驚くほどいると言うのです。そこで10月最初の週末はホグズミード行きの日だから関心のある人はそこで討論する事にしたというわけなんですよね。

するとハーマイオニーが討論の場に指定した「ホッグズ・ヘッド」には総勢25名の生徒がやって来ました。チョウも女子生徒仲間の1人を連れて姿を現わしました。そしてチョウはハリーのためにこう発言してくれたんですよね。

「それにまだあるわ。先学期三校対抗試合でハリーがどんなに色んな課題をやり遂げたか。ドラゴンや水中人。大蜘蛛なんかを色々切り抜けて」

チョウはハリーを見て微笑むと一同にこう言いました。テーブルの周りでみんなが「そうだそうだ」と感心してざわめきました。しかも会合が終わって「ホッグズ・ヘッド」を出た後にハーマイオニーはハリーにこう言いました。

「だってチョウったらあなたのこと見つめっぱなしだったじゃない?」

今日の最後に
チョウとハリーは両思いでした。しかしそんな2人の間に割って入って来たのがセドリック・ディゴリーでした。ところがそのセドリックはハリーが「優勝杯を一緒に握ろう」と言った事で殺害される事になってしまいました。

チョウも好きになった矢先にセドリックに死なれてしまい辛かったでしょうね。そんな辛い気持ちを忘れるのに一番有効な方法がつまりはチョウの場合は「私は元々はハリーの事が好きだったんだ」と思う事だったんでしょうね。

しかもクリスマス・ダンスパーティに一緒に行こうと誘われているので両思いと判っている。そこでチョウは新学期初日のホグワーツ特急内から積極的に行動し「ホッグズ・ヘッド」の会合にも参加したというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2193-d6f4b188