FC2ブログ
ハリーの額の傷はルーン文字です。
このことは複数のハリポタ関連のサイトで明らかにされています。

エーフワズは協同って意味で防衛じゃないのに。
私、アイフワズと勘違いしたの

ローリングさんは騎士団下巻460ページでハーマイオニーが訳し間違えるという形をとって、ハリーの額に刻まれているルーン文字が何であるかを示しています。ここからハリーの額の傷は防衛という意味の「アイフワズ」ではないか?と思われます。

ルーン文字というのは同じ形のモノでも何種類も呼び名があったりして、その辺がなかなか難しいのですが、稲妻形で「防衛」という意味を含むルーンということで、私はおそらくハリーの額の傷は「ユル」だと思います。

リンク集に加えたサイト「Fantasy Guild魔導の部屋」の説明文を見ると、ハリーポッター・シリーズの登場人物の誕生日はルーン文字の意味を色濃く反映させたモノだということが判りますね。つまりローリングさんはルーン文字の意味を元にして誕生日を決めているようです。

パーシー・ウィーズリー、8月22日[アンスール]
アンスールは知識や英知分析などの知的な能力を表していると説明しています。ホグワーツを最優秀の成績で卒業し魔法省に就職したパーシーにふさわしいルーンと言えるのでは?ないでしょうか。

フィリウス・フリットウィック、10月17日[ウィン]
どんな物でも努力せずに得た物は本物の成果ではありませんと説明しています。また試験に通りたいときによいともあります。これを読んで「呼び寄せ呪文」を思い浮かべたのは?私だけ?でしょうか。

騎士団上巻490ページではジョージが「生徒全員がちゃんと試験にパスしてくれるようにしてくれる先生だからな」と言っています。まさにそんなフリットウィック先生にふさわしいルーンと言えるでは?ないでしょうか。

モリー・ウィーズリー、10月30日[ハガル]
マザールーン!まさにこれほどウィーズリーおばさんにふさわしいルーンはないでしょう。とにかく説明文を読めば読むほど納得!のルーンですね。

アーサー・ウィーズリー、2月6日[エオロー]
これもまた納得!のウィーズリーおじさんにふさわしいルーンと言えるでしょう。大鹿を表すルーンで危険から身を守ってくれる魔力を持つルーンだそうです。そういえばウィーズリーおじさんは第3巻・アズカバンの囚人(第5章)でも第5巻・不死鳥の騎士団(上巻第7章)でもハリーに寄り添ってハリーの身を守る役割をしていますよね。

ドラコ・マルフォイ、6月5日[オセル]
このルーンの説明文を読んでいると、まるでドラコ・マルフォイのことを説明しているのではないか?と思えて来るほどです。文章を引用しようとするとほとんど全文を引用したくなるぐらいです。おそらく彼はクラッブ・ゴイルは生涯の友となり、パンジー・パーキンソンと立派な純血結婚をして天寿を全うするのでは?ないでしょうか。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/22-7fe3debe