FC2ブログ
ワームテールがアルバニアの森にやって来てヴォルデモートはとりあえずは復活に向けて動き出す事ができました。しかし臆病者のワームテールはいかにも頼りなげでした。そんなヴォルデモートにバーテミウス・クラウチ・ジュニアという超強力な味方が加わって・・・(全3項目)

3-1.クラウチ・ジュニアに何を命じたのか?
ヴォルデモートはクラウチ・ジュニアに自分のためにあらゆる危険を冒す覚悟があるのかと訊きました。それは一体いかなる事なのか?それはホグワーツに潜入をしてハリー・ポッターを手に入れるという事だったんですよね。

三校対抗試合の間それと気取られずにハリー・ポッターを誘導する召使いが必要でした。ハリー・ポッターを監視する魔法使い。最終課題でハリー・ポッターが確実に優勝杯に辿り着けるようにする魔法使いが必要だったのです。

優勝杯を「移動キー」にして最初に触れた者をヴォルデモートの待つリドル・ハングルトンの教会墓地に連れて行く。それを実現させるためには今学期の「闇の魔術に対する防衛術」の教師マッド・アイ・ムーディが必要でした。

ワームテールとクラウチ・ジュニアがムーディの家に行きました。ムーディは抵抗して騒ぎが起きましたが何とか間に合いおとなしくさせる事ができました。用意しておいたポリジュース薬を飲んでムーディに成り済ましました。

騒ぎを聞きつけてマグルの処理に駆けつけたアーサー・ウィーズリーには何者かが庭に忍び込んだのでゴミバケツが警報を発したと説明しました。ムーディは訊きたい事があったので「服従の呪文」をかけて生かしておきました。

ダンブルドアでさえ騙す事ができるようにムーディの過去も癖も学ばなければならなかったからです。それからクラウチ・ジュニアはムーディの服や闇の検知器をムーディと一緒にトランクに詰めホグワーツに出発したのでした。

そしてハリー・ポッターを三校対抗試合の代表選手にし課題をクリアさせ最後の課題で優勝杯に最初に触れるよう誘導をするためにポリジュース薬でマッド・アイ・ムーディに成り済ましホグワーツに乗り込んだというわけです。

3-2.いかに課題をクリアさせたのか?
ハリーを三校対抗試合の代表選手にするのは至極簡単な作業でした。今回に限り「17才以上」という年齢制限が設けられてダンブルドアが公正なる選者「炎のゴブレット」の周りに年齢線を引きましたが問題はありませんでした。

クラウチ・ジュニアは17才以上だったからです。まず「炎のゴブレット」に「錯乱の呪文」をかけて代表選手が3人だという事を忘れさせハリーの名前を書いた羊皮紙を4校目の候補として入れて代表選手にしたというわけです。

そしてハグリッドをそそのかしてハリーに「第1の課題」の内容がドラゴンだと教えさせました。そしてもう1人のホグワーツの代表選手セドリック・ディゴリーに教えた所でハリーを自分の部屋に呼びつけてヒントを与えました。

自分の強みを生かす試合をしろ。効果的で簡単な呪文を使い自分に必要な物を手に入れる。ハリーは「呼び寄せ呪文」を習得してファイアボルトを手に入れ「第1の課題」を無事にクリアする事ができたというわけなんですよね。

しかしクラウチ・ジュニアは「第2の課題」の時にもハリーにヒントを与えなければなりませんでした。実は事前に仕込みをしておいたんですよね。ネビルに「地中海の水生魔法植物とその特性」という本を持たせたのでした。

「第2の課題」で代表選手は人質になった自分の一番失いたくない人を助けに湖の奥底にある水中人の住居に行くために水の中で1時間息をする方法を見つけなくてはなりませんでした。その本を見ればその方法が判りました。

しかしハリーはネビルにその方法を訊こうなどとは全く思いませんでした。再びハリーに直にヒントを与えたりすればダンブルドアに怪しまれてしまう。そのためにクラウチ・ジュニアは策を講じる事を余儀なくされたのでした。

実は「第1の課題」終了時に代表選手に与えられた金の卵の謎の音を解くヒント「水の中で開け」をセドリックに教えたのもクラウチ・ジュニアでした。そうすればセドリックは必ずハリーに教えるだろうとそう思ったのでした。

これについてはクラウチ・ジュニアの思惑通りに事は進みました。セドリックはハリーにヒントを与えてハリーはそれで金の卵の謎を解きました。しかしクラウチ・ジュニアの思った通りになったのはここまでだったんですよね。

そこでクラウチ・ジュニアはクリスマス・ダンスパーティで入手した情報を使いました。ハリーは屋敷しもべ妖精のドビーからクリスマスに不揃いの靴下を贈られました。そのドビーを職員室に呼びつけハリーを助けさせました。

ドビーの前で一芝居打ってマクゴナガル先生と大声で話しドビーに「鰓昆布」をハリーに与えさせました。こうして何とかハリーは「第2の課題」をクリアする事ができたのでした。そしていよいよ最後の課題の日を迎えました。

3-3.最後の課題でも
最終の「第3の課題」はクィディッチ競技場のピッチに迷路を作る。そしてハグリッドが要所要所に様々な障害を置く。それらの障害をクリアして迷路の中心にある優勝杯に最初に触れた代表選手が優勝するという内容でした。

競技が始まって迷路の中に入ったハリーは不安を抱かずにはいられませんでした。これまでに絶対何かに出会っているはずなのではないか?何も障害がない。迷路がまやかしの安心感で自分を誘い込もうとしていると感じました。

その理由はクラウチ・ジュニアがムーディの魔法の目で迷路の中を見透かしハリーの行く手を阻む障害を取り除いていたからです。さらにボーバトンの代表選手フラー・デラクールは通り過ぎた時呪文で失神させてしまいました。

ダームストラングの代表選手ビクトール・クラムには「服従の呪文」をかけてセドリックをやっつけさせようとしました。しかしその場に偶然遭遇したハリーがクラムに「失神呪文」をかけてセドリックを救ったというわけです。

ハリーはセドリックに君が先に着いたのだから優勝杯を取れと言いました。しかしセドリックは動きません。ただそこに立ってハリーを見ています。優勝杯を見るセドリックの顔には「欲しい!」という気持ちが溢れていました。

「君が取れよ。君が優勝するべきだ。迷路の中で君は僕を二度も救ってくれた」

それなのにセドリックは深く息を吸った後にハリーにこう言いました。そんなセドリックに対しハリーは「そういうルールじゃない」と言いました。ハリーは足を負傷していました。こんな足じゃもはや歩く事さえままならない。

「優勝杯に先に到着した者が得点するんだ。君だ。僕こんな足じゃどんなに走ったって勝てっこない」

こう言うハリーに対してセドリックは「できない」と言って優勝杯に触れません。2人はしばしの間優勝杯を目の前にしてその優勝杯を譲り合いました。そんなセドリックに向かってハリーはこう言ったというわけなんですよね。

「2人一緒に取ろう。ホグワーツの優勝に変わりない。2人引き分けだ」

ハリーとセドリックは一緒に優勝杯に触れヴォルデモートとワームテールが待ち受けるリトル・ハングルトンに向かったのでした。

今日の最後に
クラウチ・ジュニアは何でも自分の思い通りに事が進まないと苛立つ性格のようです。さらに自分がこう考えれば他人も当然そう考えると思っているようです。他の死喰い人たちがヴォルデモートを探さなかったのも不満でした。

他の死喰い人たちがヴォルデモートを探そうとしなかったのは「闇の帝王は死んだ」と考えていたからです。しかしクラウチ・ジュニアとクラウチ・ジュニアと行動を共にしてロングボトム夫妻を襲った連中の考えは違いました。

闇の帝王は死んではいないと考えていました。つまり意見が真っ向から対立していたのです。それがクラウチ・ジュニアには理解できなかった。それはクラウチ・ジュニアが思い込みの激しい性格だからというわけなんですよね。

自分と異なる意見や考えを受け入れる事ができないんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2202-29a45b43