FC2ブログ
ハリーはロックハートが主宰した「決闘クラブ」で蛇語を解し話せる能力を発揮した事で学校中から「一連の襲撃事件の犯人では?」とか「スリザリンの継承者なのでは?」と疑念の目で見られる事となってしまいました。しかしロンと2人でホグワーツ廃校の危機を救ったのでした。(全3項目)

3-1.ハリーが襲撃事件の犯人?
ハリーは蛇語を解し話す事ができる。この事はロックハートが主宰した「決闘クラブ」でハリーがその能力を発揮したためロンとハーマイオニーのみならずホグワーツの全生徒にその事が知れ渡る事となってしまったんですよね。

談話室でハリーはロンとハーマイオニーに「それがどうかしたの?」とそんな事は驚くに値しないという意味の事を言いました。何故ならここホグワーツには蛇語を解する人は掃いて捨てるほどいるとハリーは続けて言いました。

それに対してロンは「それがいないんだ。そんな能力はざらには持っていない」と応えました。ハリーは蛇に攻撃させるのを止めさせました。でもハリーが話したのは蛇語だったので他の人には分りはしないとロンは言いました。

ロンが見ていてもハリーはまるで蛇をそそのかしているように思えたんだそうです。ぞっとしたのだそうです。さらにハーマイオニーが言うにはサラザール・スリザリンは蛇と話ができる事で有名だったからこの事は問題になる。

だからスリザリン寮のシンボルは蛇でしょう。そう言うのです。それを補足するようにロンは今度は学校中がハリーの事をスリザリンの子孫だと言い出すだろうと言うのです。それにハリーは「だけど僕は違う」と反論しました。

その反論に対してハーマイオニーは「それは証明しにくい事ね。スリザリンは千年ほど前に生きていたんだからあなただという可能性も有り得るのよ」と答えました。そしてその翌日には新たな犠牲者が出てしまったんですよね。

それは何とハリーが蛇からの攻撃を阻止して救ったジャスティン・フィンチ・フレッチリーと「ほとんど首なしニック」でした。さらに最悪な事にハリーは2人が襲われた現場に直後に遭遇するという間の悪さだったんですよね。

それからというもの生徒たちは廊下でハリーに出会うとハリーがまるで牙を生やしたり毒を吐き出したりするとでも思っているかのようにハリーを避けて通るようになりました。誰もが皆ハリーが襲撃事件の犯人と考えたのです。

3-2.秘密の部屋の怪物
蛇語を解し話せるが故に一連の襲撃事件の犯人なのでは?さらにはハリーこそがスリザリンの継承者なのではと疑念の目を向けられる事となってしまいましたがジャスティンとニックが襲われてからは事件は起きなくなりました。

ところがそれは何故かと云うと城内で一連の事件を起こしていた黒幕がハリーの手元にあったからです。それは「リドルの日記」でした。しかしその日記が再び元の持ち主の所に戻ってしまったがためにまたも事件は起きました。

犠牲者になったのはレイブンクローの監督生のペネロピー・クリアウォーターと何とハーマイオニーでした。しかしハーマイオニーは襲われる直前に「秘密の部屋」の怪物が何なのかを突き止め答えはその手に握られていました。

それは魔法界を徘徊する多くの怪獣や怪物の中でも最も珍しく破壊的な「毒蛇の王バジリスク」でした。殺害する方法も非常に珍しく毒牙による殺傷以外にバジリスクのひと睨みは致命的で光線に捕われた者は即死するそうです。

「これだ。これが答えだ。秘密の部屋の怪物はバジリスク。巨大な毒蛇だ!だから僕があちこちでその声を聞いたんだ。他の人には聞こえなかったのに。僕は蛇語が判るからなんだ」

ハリーとロンは職員室に向かいました。ところがそこでとんでもない事を聞かされてしまいました。何とジニーが「秘密の部屋」そのものへ連れ去られマクゴナガル先生がホグワーツは明日廃校させると先生方に告げたのでした。

何かできないのか。何でもいい。ハリーがそう思っているとロンが言いました。ロックハートに会いに行くべきじゃないか?僕たちの知っている事を教えてやるんだ。他に良い考えも浮かばなかったので2人は談話室を出ました。

しかしロックハートの部屋に到着してみるとロックハートは帰り支度の真っ最中でした。何とロックハートはスクイブの一歩手前の能無しの魔法使いでまともに使える魔法は「忘却術」だけというそんな有り様だったんですよね。

そんなロックハートを連れハリーとロンはゴースト「嘆きのマートル」がいるトイレに向かいました。そこに「秘密の部屋」の入口がありハリーが蛇語で「開け」と言うと大人1人が滑り込めるほどの太いパイプが出現しました。

そこでハリーは知りました。一連の襲撃事件を起していたのは実はジニーで日記の中にいたトム・リドルがジニーを操っていた。トム・リドルが「秘密の部屋」の怪物で毒蛇の王バジリスクを活動再開させた張本人だったのです。

ハリーはバジリスクと対決をしました。組分け帽子をくわえた不死鳥フォークスが助太刀に来てくれバジリスク最大の武器の眼はフォークスがつぶしてくれました。ハリーは組分け帽子から出て来た剣でバジリスクを倒しました。

バジリスクの牙で日記を突き刺すとトム・リドルは耳を劈くような悲鳴を上げながら消えて行ったのでした。

3-3.僕がグリフィンドール生になったのは
ハリーにロンとジニーそれにロックハートの4人がフォークスに導かれてやって来たのはマクゴナガル先生の部屋でした。そこにいたのはウィーズリー夫妻とマクゴナガル先生に何と停職処分を受けていたダンブルドアでした。

そこでハリーは「どうやってジニーを助けたのか?」の事の経緯を説明しました。ジニーはウィーズリー夫妻とそして折れたロンの杖を使って自分で自分に「忘却術」をかけたロックハートはロンが付き添い医務室に行きました。

マクゴナガル先生は盛大に祝宴を催す価値があるので厨房に知らせに行って欲しいとダンブルドアに頼まれて部屋を出て行きました。こうしてほとんど誰もいなくなって部屋に残ったのはハリーとダンブルドアだけになりました。

そこでハリーはロンとハーマイオニーにさえ打ち明けていなかった事をダンブルドアに告白しました。スリザリンで上手くやっていけただろうと組分け帽子が言った。みんなは暫くの間は自分をスリザリンの継承者と思っていた。

それに対してダンブルドアはこう言いました。ハリーは確かに蛇語を話せる。何故ならサラザール・スリザリン最後の子孫のヴォルデモートが蛇語を話せるからだ。ヴォルデモートがハリーにその額の傷を負わせた夜の事だった。

自分の考えがだいたい当たっているならヴォルデモートはあの夜に自分の力の一部をハリーに移してしまった。もちろんそうしようと思ってした事ではないんだそうです。それを聞きハリーはダンブルドアにこう言ったのでした。

「それじゃ僕はスリザリンに入るべきなんだ」

そんなハリーにダンブルドアはこう言いました。それでも組分け帽子はハリーをグリフィンドールに入れた。ハリーはその理由を知っている。それは「スリザリンに入れないでくれ」と頼んだからだ。これが重要というわけです。

それだからこそハリーがトム・リドルとは違う者だという証拠になるのだとダンブルドアはそう言うのです。自分が本当に何者なのかを示すのは持っている能力ではなく自分がどのような選択をするのかという事なのだそうです。

ハリーは組分け帽子から剣を取り出した。その剣には「ゴドリック・グリフィンドール」と名前が刻まれていました。この事でハリーは真のグリフィントール生と証明されんだそうです。これがその証拠との事なのだそうです。

今日の最後に
ハリーとロンの活躍のお陰でホグワーツは廃校を免れました。そこでダンブルドアは2人に「ホグワーツ特別功労賞」を贈りハリーとロンの2人にそれぞれ何と「200点」ものボーナス点を与えるという大盤振る舞いをしました。

そしてハリーはダンブルドアに自分が本当に何者かを示すのは持っている能力ではなくて自分がどのような選択をするかという事だ。ハリーは組分け帽子にスリザリンに入れないでくれと頼んだからグリフィンドール生になった。

こう言われてハリーは蛇語を解し話せる事で思い悩む事はなくなった。克服したというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2262-6d5c060e