FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

最終学年の年度になるとハリーたち3人は学校には戻らずヴォルデモートの分霊箱を探す旅に出ました。ところが1つ目の分霊箱を手に入れたものの当初は破壊する方法が分りませんでした。しかし紆余曲折を経て破壊する事ができました。その時にハリーが蛇語を話せる事が役に立ったのです。(全3項目)

3-1.分霊箱だった!
こうしてハリーは2年生の時に「秘密の部屋」の怪物バジリスクを倒しその牙で日記から出て来たトム・リドルを滅ぼしました。ところが6年生になって受けたダンブルドアの個人教授でハリーは思わぬ事を聞かされたのでした。

ハリーがバジリスクの牙で突き刺した「リドルの日記」は実はヴォルデモートの分霊箱の1つでダンブルドアが言うにはまだあと「4つ」もありその全てを破壊しなければヴォルデモートを真に滅ぼす事はできないのだそうです。

分霊箱の1つは驚くべき事にグリモールド・プレイス12番地にありました。シリウスの弟のレギュラスが屋敷しもべ妖精のクリーチャーを伴ってかつてヴォルデモートが孤児院時代に遠足で行った海辺の洞窟に取りに行きました。

そこに隠されていた分霊箱を偽物と取り替えてクリーチャーが持ち帰っていたのです。さらにその分霊箱はマンダンガス・フレッチャーが12番地から持ち出したその後にドローレス・アンブリッジの手へと渡っていたんですよね。

ハリーたち3人は魔法省に潜入して何とかその分霊箱を手に入れる事ができました。しかし一体どうやって破壊したらいいのかが全く分りません。ところが意外な人物が言ったその言葉で分霊箱を破壊する方法が判ったのでした。

小鬼製の刀剣・甲冑類は磨く必要などない。小鬼の銀は世俗の汚れを寄せつけず自らを強化する物のみを吸収するのだ。この言葉を言ったのはフィニアス・ナイジェラス・ブラックでした。だったらあの剣で分霊箱を破壊できる。

あの剣とは2年生の時にハリーがバジリスクを倒すのに使ったゴドリック・グリフィンドールの剣の事です。ハリーがバジリスクを倒すのに使ったのでグリフィンドールの剣はバジリスクの毒を含んでいる。だから破壊できる。

ところがそれを聞いてロンが分霊箱に加えてグリフィンドールの剣と探し物がさらに増えてしまったとハリーとハーマイオニーの元を離れて行ってしまいました。このようにして分霊箱を探す旅は2人だけになってしまいました。

3-2.思わぬ所でロンと再会
こうしてロンはハリーとハーマイオニーの元から離れていってしまいました。でも実を云うと「姿くらまし」したその直後に2人の所に戻ろうとしていたのです。ロンは何と人さらい一味に身柄を拘束されてしまったんですよね。

幸いだったのはロンが捕まった連中がお粗末で質が悪かった。ロンは隙を見て人さらい一味の杖を奪うと逃げました。しかしロンが元の場所に戻って来た時にはハリーとハーマイオニーの姿は既にもうそこにはありませんでした。

そこでロンが身を寄せたのは結婚したばかりのビルとフラーの新居「貝殻の家」でした。ビルはこれまでどんな時でもロンををきちんと扱ってくれました。ビルはロンがしてしまった行為を聞いてもちろん感心はしませんでした。

しかしロンが本当に後悔しているんだという事を理解したのでぐだぐだと小言や文句を言いはしませんでした。ビルは結婚して初めてという事もあってクリスマス休暇も実家の「隠れ穴」には戻らずに「貝殻の家」で過しました。

だからウィーズリー家の他の家族たちはロンが「貝殻の家」にいるという事を知りませんでした。もしロンが「隠れ穴」に帰っていたらフレッドにジョージやジニーがハリーとハーマイオニーを見捨て逃げて来たと責めただろう。

だからロンは「貝殻の家」に身を寄せたというわけです。それならロンは一体どうやってハリーを見つけたのか?ハーマイオニーにそれを訊かれてロンがジーンズのポケットから取り出して来たのは「灯消しライター」でした。

これは灯を点けたり消したりするだけの物じゃない。ロンは「貝殻の家」に身を寄せてからもずっと「2人の所に戻りたい」と思っていたんだそうです。そしてそれはクリスマスの朝早くにラジオを聞いていた時だったそうです。

ポケットからハーマイオニーの声で「ロン」と自分の名前が聞こえた。それからハーマイオニーは杖がどうとか言った。それを聞いてハリーはいなくなってからハーマイオニーが初めてロンの名前を言った事を思い出しました。

そこでロンは「灯消しライター」を取り出した。だけど変った所とか別に何もなかった。でも絶対にハーマイオニーの声を聞いた。だから「灯消しライター」をカチッと点けてみたそうです。当然ロンの部屋の灯りは消えました。

ところが窓のすぐ外に別の灯りが現れたのだそうです。それは青っぽい丸い光の球で強くなったり弱くなったりして脈を打っているみたいだったんだそうです。その光を見てロンは「これだ」とそう思って急いで荷造りをした。

リュックサックを背負ってロンは庭に出た。その丸い光は宙に浮かんだままロンを待っていたのだそうです。そしてその光が何とロンの中に入って来た。そこでロンは「姿くらまし」をして二度目にした時にハリーを見つけた。

こうしてハリーとロンはグロスター州のディーンの森でダンブルドアがロンに遺贈した「灯消しライター」で再会を果たしたというわけなんですよね。

3-3.蛇語で
ロン自身もその瞬間までは「灯消しライター」にそんな機能があるとは知らず当然ハリーが知るはずなどないので最初にロンの声を聞いた時はショックさえ感じよろよろと立ち上がりその姿を見た時には言葉もありませんでした。

ハリーがテントの入口で見張りをしていると何とそこに銀色の牝鹿が現れました。従いて行くとハリーは驚愕しました。凍った小池の底に「グリフィンドールの剣」があったからです。ハリーは剣を取りに池に飛び込みました。

ハリーは剣を引っ張り上げましたが何かが自分の首を絞めて浮かび上がるのを邪魔しました。ハリーは多分水草だろうと思い空いている手でそれを払い退けようとしました。しかしそれは水草ではなくて首にかけた分霊箱でした。

溺れ死にそうになったハリーを助けたのがロンでした。銀色の牝鹿などロンの出現に比べれば何でもないとハリーは思いました。あまりにも意外な出来事にハリーは目の前にいるロンは実は幻ではないかとそう思ったほどでした。

ハリーは池の縁に重ねて置いた服を掴んで着始めました。でもセーターを頭から被る毎にロンの姿が見えなくなりハリーはそのたびに「ロンが消えてしまうのでは?」と思うほどにロンが現れた事に半信半疑という思いでした。

「こいつ本物だと思うか?」

こう訊くロンにハリーは「1つだけ試す方法がある。だろう?」と答えました。分霊箱はロンの手でぶら下がり揺れていました。分霊箱が微かにピクッとしました。剣の存在を感じた分霊箱はハリーを殺害しようとしたのです。

平たい岩の上に分霊箱を置くとハリーは剣を差し出したロンに「いや君がやるべきだ」と言いました。ロンは驚いた顔をして「僕が?どうして?」と訊きました。その問いにハリーはロンが破壊するべきだとこう答えたのでした。

「君が池から剣を取り出したからだ。君がやる事になっているのだと思う」

ハリーはロンにこう言いました。自分がこれを開く。そして君が一気に刺すんだ。中にいるものが何であれ歯向かって来る。日記の中のリドルの欠片も自分を殺害しようとしたんだ。それなら一体どうやって開くのでしょうか?

「開けって頼むんだ。蛇語で」

怯えた顔で「どうやって開くつもりだ?」と訊くロンにハリーはこう答えました。クリーチャーが知っている全ての魔法を駆使して開かなかったロケットです。3つ数えてハリーが蛇語で「開け」と言うとロケットは開きました。

こうしてヴォルデモートの分霊箱の金のロケットはロンが「グリフィンドールの剣」を振り下ろして破壊されたのでした。

今日の最後に
ハリーは2年生の時に蛇語で「開け」と言って「秘密の部屋」を開きました。そしてそこでバジリスクと戦い「グリフィンドールの剣」で倒してこの剣にバジリスクの毒を吸収させて分霊箱が破壊できるようにしたんですよね。

その剣を使ってダンブルドアはゴーントの家に隠してあった分霊箱を破壊した。そしてロンはその同じ剣を使いグロスター州のディーンの森でクリーチャーが海辺の洞窟から持ち帰った分霊箱を破壊したというわけなんですよね。

ハリーが蛇語を解し話す事ができたのはヴォルデモートがハリーを殺害しようとした時に魂の欠片がハリーに付着したからでした。しかしもはやその役目を終えたのでヴォルデモートが「死の呪い」を放ってなくなったのでした。

これでハリーが蛇語を解し話せるという事は過去の事実になったというわけなんですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.