FC2ブログ
吸魂鬼を追い払って事を解決したハリーの元にフィッグばあさんが姿を現わしました。ところがハリーが急いで杖を隠そうとすると何とフィッグばあさんは「そいつをしまうんじゃない」とそう言うのです。さらに驚くべき事にフィッグばあさんは吸魂鬼の事を知っていたのでした。(全3項目)

3-1.不意を衝かれて
フィッグばあさんに杖をしまうんじゃないと言われてハリーは驚きのあまり「えっ?」と言って呆然としてしまいました。フィッグばあさんは手を揉みながらひとしきりマンダンガス・フレッチャーの文句をまくしたてました。

何でもちょろまかした大鍋がまとまった数あるという事で誰かに会いに行ってしまったんだそうです。そんな事をしたら生皮を剥いでやると言ったのに言わんこっちゃない!折り悪く吸魂鬼が現れてしまったというわけですよね。

ミスター・チブルスを見張りにつけておいたのが幸いだったのだそうです。さあハリーを家に帰してやらなければ。ああ大変な事になった。こう言うとフィッグばあさんは再びマンダンガス・フレッチャーを始末すると言いました。

路地で吸魂鬼に出会った事もショックでしたがハリーにとっては変人で猫狂いの近所に住むフィッグばあさんが吸魂鬼の事を知っていたというのも同じくらいショックでした。そこてハリーはフィッグばあさんにこう訊きました。

「おばあさんが。あなたが魔女?」

するとフィッグばあさんからは自分は出来損ないのスクイブだという答えが返って来ました。マンダンガス・フレッチャーはそれをよく知っている。だからハリーが吸魂鬼を撃退するのを助けられるはずはないとの事だそうです。

あいつに忠告したのにハリーに何の護衛もつけずに置き去りにした。フィッグばあさんにそう言われてハリーは判ったのです。先程の「バシッ」という音はマンダンガス・フレッチャーが「姿くらまし」した音だったんですよね。

「そのマンダンガスが僕をつけてたの?ちょっと待って。あれは彼だったのか!マンダンガスが僕の家の前から姿くらまししたんだ!」

ハリーがこう言うとフィッグばあさんは「そうそうそうさ。でも幸い私が万が一を考えてミスター・チブルスを車の下に配置しといたのさ」と応えました。そのミスター・チブルスが危ないと知らせて来たとの事なんだそうです。

3-2.ダドリーを担ぎ上げると
でもフィッグばあさんがプリベット通り4番地に着いた時にはハリーはもういなくなっていた。それで今みたいな事が起きた。ダンブルドアが一体何ておっしゃるか。フィッグばあさんはこのように事の経緯を説明すると・・・

「さっさとでかい尻を上げるんだ。早く!」

フィッグばあさんは甲高い声で路地にまだ仰向けに引っくり返っているダドリーに向かってこう呼びかけました。そんなフィッグばあさんにハリーは思わず我を忘れて「ダンブルドアを知ってるの?」と訊いたというわけです。

「もちろん知ってるともさ。ダンブルドアを知らん者がおるかい?さあさっさとするんだ。また奴らが戻って来たらあたしゃ何にもできやしない。ティーバック1つ変身させた事がないんだから」

ハリーにこう答えるとフィッグばあさんは屈んでダドリーの腕の片方を両手で引っ張ると「立つんだ。役立たずのどてかぼちゃ。立つんだよ!」と言ったのでした。けれどもダドリーは地面に座ったままで全く動きませんでした。

そんな口を固く結び血の気の失せた顔で震えているダドリーをハリーは「僕がやるよ」と言って腕を取るとよいしょと引っ張りました。散々苦労して何とか立ち上がらせたもののダドリーはどうやら気絶しかけているようでした。

目はぐるぐる回り額には汗が噴き出していました。ハリーが手を離すと途端にダドリーの体は危なげに傾きました。フィッグばあさんがヒステリックに「急ぐんだ!」と言うとハリーとフィッグばあさんはようやく出発をしました。

路地の角で不安げに表通りを窺いウィステリア・ウォークに入る際フィッグばあさんはハリーに「杖を出しときな」と言いました。めちゃめちゃ高いつけを払う事になるので「機密保持法」なんて気にしなくていいのだそうです。

卵泥棒で捕まるよりいっそドラゴンを盗んで捕まるほうがいい。ダンブルドアが心配していたのは「未成年の制限事項」でまさにこれだったんだそうです。ハリーたち一行はそこでミスター・プレンティス氏と遭遇したのでした。

それでもフィッグばあさんはハリーに自分は役立たずだから杖を下ろすんじゃないとそう言うのです。しかし杖を掲げながら同時にダドリーを引っ張って行くのは楽ではなくハリーは苛立ってダドリーの肋骨に一発かましました。

ところがダドリーは自分で動こうとする気持ちを一切失ったかのようでした。ハリーの肩にもたれかかったまま足は地面を引きずっていました。それでもハリーは夏休みに入って初めて魔法界の人間と接触する事ができたのです。

ハリーは息を切らしながらフィッグばあさんに「スクイブだって事をどうして教えてくれなかったの?ずっとあなたの家に行ってたのに。どうして何にも言ってくれなかったの?」と訊きました。こんな答えが返って来ました。

「ダンブルドアのお言いつけさ。あたしゃあんたを見張ってたけど何にも言わない事になってた。あんたは若過ぎたし。ハリー辛い思いをさせてすまなかったね」

そう謝った後フィッグばあさんはハリーが自分の所に来るのが楽しいようじゃダーズリー夫妻は自分に預けなかっただろう。判るだろう。自分もまた楽ではなかったとハリーに嫌な思いをさせたその理由をこう説明したのでした。

3-3.そこに現れたのは?
ダンブルドアがこの事を聞いたら。マンダンガスは夜中までの任務のはずだったのに何で行っちまったんだい。あいつはどこにいるんだ?ダンブルドアに事件を知らせようにもフィッグばあさんは「姿現わし」できないそうです。

そう嘆くフィッグばあさんにハリーは自分はふくろうを持っているので使ってくださいと言うとフィッグばあさんはハリーに分ってないと言うのです。それはダンブルドアは今すぐ行動を起こさなくてはならないからだそうです。

何せ魔法省は独自のやり方で未成年の魔法使用を見つけるのでハリーのした事はもう見つかってしまっている。きっとそうなんだそうです。そうも嘆くフィッグばあさんに対しハリーはそうだけど自分は吸魂鬼を追い払ったんだ。

魔法を使わなくてはならなかった。むしろハリーは魔法省は吸魂鬼がウィステリア・ウォークを浮遊して何をやっていたのかというそっちを心配するべきだとそう言ったのでした。何故吸魂鬼がこんな所に現れてしまったのか?

そして再びフィッグばあさんが始末してやるとその名前を言った直後に「バシッ」と音がしてボロボロの外套を着た無精鬚のずんぐりした男が姿を現わしました。その男こそがマンダンガス・フレッチャーだったというわけです。

「どーしたフィギー?正体がばれねえようにしてるはずじゃねえのかい?」

こう声をかけて来たマンダンガスにフィッグばあさんは「お前をばらしてやる!吸魂鬼だ。この碌でなしの腐れ泥棒!」と叫びました。するとマンダンガスは仰天してオウム返しに「吸魂鬼?」と言ったその後にこう訊きました。

「吸魂鬼?ここにかい?」

この問いにフィッグばあさんは「ああここにさ。役立たずのコウモリの糞め。ここにだよ!吸魂鬼がお前の見張ってるこの子を襲ったんだ!」と答えました。それを聞いてマンダンガスは弱々しくこう言ったというわけですよね。

「とんでもねえこった。とんでもねえこった。俺は」

それなのにお前ときたら盗品の大鍋を買いに行っちまった。あたしゃ行くなって言ったろう?言ったろうが?フィッグばあさんにこう言われてマンダンガスは「俺は。その。あの」と言い淀んでいて身の置き場がないようでした。

今日の最後に
ハリーはホグワーツに入学して最初に迎えた夏休みにロンとフレッドにジョージのウィーズリー3兄弟がプリベット通り4番地に迎えにやって来て部屋に監禁されていたハリーを救出して夏休みの後半を「隠れ穴」で過しました。

そしてハリーが「隠れ穴」に来てから1週間後に学校からの手紙を渡す際にアーサー氏はハリーに「ダンブルドアは君がここにいる事をもうご存知だ。何1つ見逃さない方だよ」とそう言っているんですよね。その情報源とは?

当然フィッグばあさんがふくろう便でダンブルドアに知らせたんでしょうね。ハリーはフィッグばあさんにふくろうを持っているので使ってくださいと言いました。しかしフィッグばあさんは持っているので借りる必要などない。

きっとそういう事なんだと私は思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2273-8279ff4d