FC2ブログ
ハリーはシリウスへの手紙を書き終えると朝食を取るために台所に下りて来ました。その日の朝食は何とグレープフルーツがたったの4分の1でした。何故なのかと云うとそれはダドリーがスメルティングズ校から持ち帰って来た通信簿のせいだったんですよね。それは養護の先生が・・・(全3項目)

3-1.ハリーが台所に入って来ても
ハリーが台所に下りて来た時にはダーズリー一家はもうテーブルに着いていました。ハリーが入って来ても座っても誰も見向きすらしません。バーノン叔父さんの巨大な赤ら顔は新聞「デイリー・メール」の陰に隠れていました。

一方ペチュニア叔母さんは唇をきっちり結んでグレープフルーツを4つに切り分けている所でした。ダドリーは怒って機嫌が悪く何だかいつもより余計に空間を占領しているようで「これは只事ではない」という雰囲気でした。

何しろ普段だって四角いテーブルの一辺をダドリー1人で丸々占領しているのです。そこに叔母さんがおろおろ声で「さあ可愛いダドちゃん」と言いつつグレープフルーツの4分1を砂糖もかけずにダドリーの皿に取り分けました。

ダドリーは母親を怖い顔で睨みつけました。夏休みで学校から通信簿を持って家に帰って来た時からダドリーの生活は一変して最悪の状態になっていました。決して成績が悪かったから罰を受けているというわけではありません。

叔父さんも叔母さんもダドリーの成績が悪い事に関してはいつものように都合の良い言い訳で納得していました。叔母さんはダドリーの才能の豊かさを先生が理解していないと言い張りました。一体いかなる才能なんでしょう?

叔父さんのほうはガリ勉の女々しい男の子なんか息子に持ちたくないと主張しました。いじめをしているという叱責も2人は難なくやり過ごしました。叔母さんはダドリーは元気がいいだけでハエ1匹殺害できないと涙ぐみました。

ところが通信簿の最後に短くしかも適切な言葉で書かれていた養護の先生の報告だけにはさすがの叔父さん叔母さんもグウの音も出ませんでした。叔母さんはダドリーが骨太なだけで体重も子犬が太っているのと同じという事だ。

だから育ち盛りの男の子はたっぷり食べ物が必要だと泣き叫びました。しかしどう喚いてみても学校にはもはやダドリーに合うようなサイズのニッカーポッカーの制服がないのは確かでした。養護の先生には見えていたのでした。

それは残念ながら叔母さんの目には見えていなかったというわけなんですよね。

3-2.本日の朝食はグレープフルーツ4分の1
磨き抜かれた壁に指紋を見つけるとかお隣さんの動きに関しては叔母さんの目は確かに鋭い!しかしその叔母さんの目は見ようともしませんでしたが養護の先生はダドリーはたっぷりどころかこれ以上栄養を取る必要などはない。

体重も大きさも子鯨並みに育っている事を見抜いていたのです。そこでハリーの部屋の床が揺れるほどの言い争いをし散々癇癪を起こし叔母さんがたっぷり涙を流した後に食事制限つまりはダドリーのダイエットが始まりました。

スメルティングズ校の養護の先生から送られて来たダイエット表が冷蔵庫に貼られソフト・ドリンクにケーキにチョコレートとバーガー類などのダドリーの好物は全て冷蔵庫から消え代わりに果物や野菜などが詰め込まれました。

叔父さんはそれらの物を「ウサギの餌」と呼びました。ダドリーの気分がよくなるように叔母さんは家族全員がダイエットをせよと主張しました。そのため今日の朝食のメニューは全員がグレープフルーツ4分の1というわけです。

ハリーは自分に配られた4分の1がダドリーのよりずっと小さい事に気づきました。叔母さんはダドリーのやる気を保つ一番良い方法は少なくともハリーよりダドリーのほうが沢山食べられるようにする事だと思っているようです。

ただ叔母さんはハリーの部屋の床板の緩くなった所に何が隠されているのかを知りません。ハリーがダイエットなど全くしていない事に叔母さんは全然気づいていません。この夏はニンジンの切れ端だけで生き延びる羽目になる。

そう気配を察したハリーは即座にヘドウィグを飛ばして友の助けを求めました。友達はこの一大事に敢然と立ち上がりました。ハーマイオニーの家から戻ったヘドウィグは砂糖なしスナックが一杯詰まった大箱を持って来ました。

「砂糖なし」だったのはハーマイオニーの両親が歯医者だからです。ハグリッドはお手製のロックケーキを袋一杯送ってよこしましたが歯が立たないのでハリーはこれには手をつけませんでした。当然あの人からも届きました。

それはウィーズリーおばさんでエロールに大きなフルーツケーキと色々なミートパイを持たせました。年老いてよぼよぼのエロールは哀れにもこの大旅行から回復するのに丸々5日をも要しました。そして誕生日にも届きました。

もちろんダーズリー一家は完全に無視していましたが7月31日のハリー14才の誕生日には最高のバースデー・ケーキが4つも届きました。ロンにハーマイオニーとハグリッドそれにシリウスです。まだこの時点で2つ残っています。

そんな事なのでハリーは「早く2階に戻ってちゃんとした朝食を取りたい」と思いながら愚痴もこぼさずにグレープフルーツを食べ始めました。一方叔父さんは気に入らんとばかりに大きく鼻を鳴らして新聞を脇に置きました。

そして4分の1のグレープフルーツを見下ろすと自分の妻つまり叔母さんに向かって「これっぽっちか?」と不服そうに訊いたのでした。

3-3.何やら怒っている叔父さん
それに対し叔母さんは叔父さんをキッと睨むとダドリーのほうを顎で指して頷きました。ダドリーはもう既に自分の4分の1を平らげ豚のような目でハリーの分を賎しげに眺めていました。叔父さんは深い溜め息をついていました。

その溜め息は口髭がざわつくほどでした。ところが叔父さんが食べようとしてスプーンを手にしたその時でした。玄関のベルが鳴り叔父さんは重たげに腰を上げると玄関に出て行きました。そしてそれは電光石火の出来事でした。

母親がヤカンに気を取られている隙にダドリーは叔父さんのグレープフルーツの残りを掠め取りました。そして玄関先で誰かが話をして笑い叔父さんが短く答えているのがハリーの耳に入って来ました。玄関の扉が閉まりました。

次には廊下から紙を破る音が聞こえて来ました。叔母さんはテーブルにティーポットを置き叔父さんはどこに行ったのかと台所を眺め回しました。待つほどの事もなく約1分後に叔父さんは戻って来ましたが何やら怒っています。

「来い。居間に。すぐにだ」

叔父さんはハリーに向かってこう吼えました。ハリーはわけが分らず「一体今度は自分が何をやったのだろう?」と考えつつ立ち上がり叔父さんに従いて台所の隣にある居間に入りました。叔父さんは扉をピシャリと閉めました。

叔父さんは「それで」と言うと暖炉のほうに突進しくるりとハリーに向き直ると今にもハリーを逮捕しそうな剣幕で再び「それで」と言いました。それはハリーに関して気に入らない出来事があったからというわけなんですよね。

今日の最後に
実はハリーはシリウス宛ての手紙にダドリーのダイエットが上手く行っていない事を書いています。何でもダドリーはドーナッツを自分の部屋に持ち込もうとして母親にこんな事が続くのなら小遣いを減らすと言われたそうです。

それなら叔父さんのほうは家族とハリーに隠れてこっそり外で買い食いをするなんて事はしなかったんでしょうか?でもグレープフルーツ4分の1を見て深い溜め息をついていたぐらいですからどうやら我慢していたみたいですね。

可愛い息子のためなら我慢できるという事なんでしょうか?
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2301-99ed759b