FC2ブログ
三大魔法学校対抗試合の代表選手3人を決めるのは人ではなく「炎のゴブレット」でした。それなら老け薬で何とかごまかせるとフレッドにジョージはそう考えたようです。そしてダームストラングのカルカロフ校長は大広間の出口でハリーと出くわして・・・(全3項目)

3-1.選考方法が明らかになった事を受けて
「年齢に満たない生徒が誘惑に駆られる事のないよう炎のゴブレットが玄関ホールに置かれたならその周囲にわしが年齢線を引く事にする。17才に満たない者は何人もその線を越える事はできぬ」ダンブルドアはこう言いました。

さらにダンブルドアは「最後にこの試合で競おうとする者にはっきり言っておこう」と言った上で軽々しく名乗りを上げないようにと注意したのでした。一旦「炎のゴブレット」が代表選手と選べば魔法契約によって拘束される。

もし代表選手になったら最後まで試合を戦い抜く義務がある。ゴブレットに名前を入れるからにはそれを忘れてはならないというわけです。代表選手になれば途中で気が変わるなんて事は許されないとダンブルドアは言いました。

だから心底競技する用意があるのかどうか確信を持った上で「炎のゴブレット」に名前を入れて欲しいそうです。これでダンブルドアの話は終了して「さてもう寝る時間じゃ。皆お休み」とダンブルドアは言ったというわけです。

「年齢線か!うーん。それなら老け薬でごまかせるかな?一旦名前をゴブレットに入れてしまえばもうこっちのもんさ。17才かどうかなんてゴブレットには分りゃしないさ!」

みんなと一緒に大広間を横切り玄関ホールに出る扉へと進みながらフレッドが目を輝かせながらこう言いました。それに対してハーマイオニーがこう反対意見を述べました。やはり17才未満じゃ無理だとそういう事のようですね。

「でも17才未満じゃ誰も戦い遂せる可能性はないと思う。まだ勉強が足りないもの」

こう言うハーマイオニーにジョージが「君はそうでも俺は違うぞ」とぶっきらぼうに言い返しました。そしてハリーに向かって「君はやるな?立候補するんだろ?」と言いました。しかしハリーはあの言葉を思い出していました。

ダンブルドアの17才に満たない者は立候補するべからずという言葉です。しかしそれでもハリーは自分が三校対抗試合に優勝する晴れがましい姿を胸一杯広げてしまうんですよね。17才未満の誰かが本当に見つけてしまったら?

「年齢線」を破る方法を見つけてしまったらダンブルドアはどのくらい怒るだろうかとハリーはそう考えてしまったのでした。

3-2.カルカロフ校長がハリーと
ハリーにハーマイオニーそしてフレッドとジョージのやり取りを全く聞いていなかったロンが「どこへ行っちゃったのかな?」と言いました。ビクトール・クラムはどうしたのかと人混みの中を窺っていたからだったんですよね。

「ダンブルドアはダームストラング生がどこに泊まるか言ってなかったよな?」

ロンのこの疑問の答えはすぐに判りました。ちょうどその時ハリーたち3人はスリザリンのテーブルまで進んで来ていました。カルカロフ校長が「それでは船に戻れ」と自分の学校の生徒たちを急き立てている最中だったのです。

ダームストラング校は船でやって来てホグワーツの湖にその船を浮かべていました。するとカルカロフ校長がクラムにこう声をかけていました。まるで優しい父親が息子を気遣っているかのようなそんな話し方だったんですよね。

「ビクトール気分はどうだ?十分に食べたか?厨房から卵酒でも持って来させようか?」

再び毛皮を着ながらクラムは首を横に振って他のダームストラング生が「校長先生。僕ヴァインが欲しい」と物欲しそうに言いましたがカルカロフ校長は「お前に言ったわけではない。ポリアコフ」と噛みつくように言いました。

優しい父親のような雰囲気は一瞬にして消えカルカロフ校長は「お前はまた食べ物をベタベタこぼしてローブを汚したな。しょうのない奴だ」とその生徒の事を叱責しました。そして向きを変えると生徒たちを先導したのでした。

扉の所でちょうどハリーたちと一緒になり3人が先を譲りました。カルカロフ校長は「ありがとう」と何気なくそう言いハリーをちらりと見ました。途端にカルカロフ校長は凍りつきました。ハリーだという事に気づいたのです。

カルカロフ校長はハリーのほうに振り向き我が目を疑うという表情でハリーをまじまじと見ました。カルカロフ校長の後ろに従いていたダームストラング生も急に立ち止まりました。カルカロフ校長もまたやはり例の如くでした。

カルカロフ校長の視線はゆっくりとハリーの顔を移動し額の傷痕の上に釘付けになりました。ダームストラング生も不思議そうにハリーを見つめました。何で校長先生はこのホグワーツの生徒を見つめていると思ったんでしょう。

その内何人かがハッと気づいた顔になりました。ハリーはそれを目の片隅で感じました。先程ワインが欲しいと言ってローブの食べこぼしを叱責された男子生徒は隣の女子生徒を突っつきあからさまにハリーの額を指差しました。

「そうだハリー・ポッターだ」

後ろからこう言う声が轟きました。カルカロフ校長はくるりと振り向きました。声の主はマッド・アイ・ムーディでした。カルカロフ校長を「魔法の目」が見据えていました。カルカロフ校長の顔からさっと血の気が引きました。

そして怒りと恐れの入り交じった凄まじい表情になりました。

3-3.一夜明けて
カルカロフ校長は「お前は!」と言うとまるで亡霊でも見るかのような目つきでムーディを見つめました。ムーディは「わしだ」と凄みのある声で言うとカルカロフ校長にこう言いました。要はそこにいては邪魔だという事です。

「ポッターに何も言う事がないならカルカロフ退くがよかろう。出口を塞いでいるぞ」

確かにムーディの言う通りで大広間の生徒の半分がその後ろで待たされ「何が邪魔しているのだろう?」とあちらこちらから首を突き出して前を覗いていました。一言も言わずにカルカロフ校長はその場から姿を消し去りました。

自分の生徒たちを掻き集めるようにして連れ去って行きました。ムーディはその姿が見えなくなるまで「魔法の目」でカルカロフ校長の背中をじっと見ていました。傷だらけの歪んだ顔に激しい嫌悪感が浮かんでいたんですよね。

そして翌日つまり11月1日は土曜日でした。普段なら遅い朝食を取る生徒が多いのですがハリーたち3人もこの日はいつもよりかなり早く起きました。早起きはハリーたちだけでなく3人が玄関ホールに来ると大勢の人がいました。

もう20人ほどの生徒がうろうろしていました。トーストを食べながらの生徒もいて見ているのはもちろん「炎のゴブレット」でした。ゴブレットはホールの真ん中にいつもは「組分け帽子」を載せる椅子の上に置かれていました。

ゴブレットの周りの床には細い金色の線で半径3メートルほどの円が描かれていました。その線が例のあのダンブルドア校長が引いた「年齢線」というわけです。ロンがうずうずしながら3年生の女子生徒にこう訊いたのでした。

「もう誰か名前を入れた?」

するとその女子生徒からは「ダームストラングが全員。だけどホグワーツからは私は誰も見てないわ」という言葉が返って来ました。ホグワーツの生徒が入れる所を見ていない。それを聞いてハリーはこう意見を言ったのでした。

「昨日の夜の内にみんなが寝てしまってから入れた人もいると思うよ。僕だったらそうしたと思う。みんなに見られたくないもの。ゴブレットが名前を入れた途端に吐き出して来たりしたら嫌だろう?」

するとハリーの背後で誰かが笑いました。振り返って見るとフレッドにジョージとリー・ジョーダンが急いで階段を下りて来る所でした。3人は当然「炎のゴブレット」に自分の名前を入れにやって来たというわけなんですよね。

今日の最後に
ハリーは11才の誕生日に物心ついてから初めて魔法界に足を踏み入れてからというものは初対面の人に額の稲妻形の傷痕を繁々と見られるという経験を散々それも当の本人がうんざりするほどさせられて来たというわけですよね。

それはダームストラング校の生徒たちとカルカロフ校長もその例に漏れませんでした。でもカルカロフ校長の場合はハリーの額の傷痕をそれはもう苦々しい気持ちで見る事になったというのがこれまでの人々とは違っていました。

この時点ではハリーは知りませんでした。後にハリーはシリウスに聞いてカルカロフ校長が実は元死喰い人でアズカバンに収監されていた事があり仲間の名前を白状するのと引き換えに出て来たという事実を知る事になりました。

カルカロフ校長にとってハリーは自分がアズカバン送りにされたそれはもう尋常ではないほどに疎ましくて忌まわしい存在というわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2316-4b567e78