FC2ブログ
金の卵の謎は解けたもののハリーは「水の中で1時間息をする」というその方法が見つからず「第2の課題」当日を迎えてしまいました。ところがそれも奇跡的に助け舟が入ってハリーは「第2の課題」をクリアする事ができました。そして「第3の課題」当日を迎えたのですが・・・(全3項目)

3-1.第3の課題の当日となって
金の卵を持って監督生用の風呂場に行け。クリスマス・ダンスパーティ終了後にセドリックはハリーにこう言いました。実は金の卵から出ていた謎の音は水中人の歌で水の中で聞くとちゃんとした言葉で聞こえたというわけです。

そして謎が解けてみたら水の中で1時間息をしなくてはならない事が判りました。ところがハリーはその方法を見つけないまま「第2の課題」当日を迎えてしまいました。ところがそこに救世主が現れ出でたというわけですよね。

それは屋敷しもべ妖精のドビーでした。ドビーは職員室でマクゴナガル先生とマッド・アイ・ムーディが課題の内容を話しているのを聞いて水の中で呼吸ができる「鰓昆布」を取って来るとそれをハリーに渡してくれたのでした。

ドビーのお陰でハリーは「第2の課題」をクリアできました。さらに「第3の課題」はそのちょうど1ヵ月前に内容がバグマン氏から知らされました。ロンにハーマイオニーも手伝ってくれて十二分に準備をする事ができました。

「第3の課題」が行なわれる日の朝大広間のグリフィンドールの朝食のテーブルは大賑わいでした。最近は毎日のように手紙をくれるシリウスが「頑張れ」カードを送って来ました。羊皮紙に犬の足型が押してあるものでした。

ハリーにとってはとてもうれしいカードでした。コノハズクがいつものように「日刊予言者新聞」をハーマイオニーの所に持って来ました。ところが新聞を広げて一面を見たハーマイオニーがかぼちゃジュースを吐きかけました。

ハリーとロンがハーマイオニーを見つめて同時に「どうしたの?」と訊きました。2人のその問いにハーマイオニーは慌てて「何でもないわ」と答え新聞を隠そうとしました。しかしその新聞をロンがひったくってしまいました。

「何てこった。よりによって今日かよ。あの婆あ」

一面記事を見てロンがこう言いました。そしてロンも新聞を隠そうとしました。ハリーに関する記事だったのです。

3-2.やっぱりという感じで
ハリーが「何だい?またリータ・スキーター?」と訊くとロンも「いいや」と否定しながらハーマイオニーと同様に新聞を隠そうとしました。ハリーが今度は「僕の事なんだね?」と訊くとロンはやはり「違うよ」と答えました。

しかし嘘だというのは見え見えでハリーが新聞を見せてと言う前に大広間の向こうのスリザリンのテーブルからドラコ・マルフォイが大声でこう呼びかけて「日刊予言者新聞」の一面はハリーに関する記事だと教えてくれました。

「おーいポッター!ポッター!頭は大丈夫か?気分は悪くないか?まさか暴れ出して僕たちを襲ったりしないだろうね?」

マルフォイのその手にも「日刊予言者新聞」がありました。スリザリンのテーブルは誰もが笑い座ったままで身を捻りハリーの反応を見ようとしていました。スリザリン生をこれだけ喜ばせるのですから吉報のはずがありません。

ハリーはロンに「見せてよ。貸して」と言いました。ロンは渋々新聞を渡しました。開いて見ると大見出しの下には自分の写真がこっちを見つめていました。記事の題名は「ハリー・ポッターの危険な奇行」というものでした。

記事によると「名前を言ってはいけないあの人」つまりはヴォルデモートを破ったあの少年が情緒不安定もしくは危険な状態だとリータ・スキーターが書いていてハリーの奇行に関する驚くべき証拠が最近明るみに出たそうです。

三校対抗試合のような過酷な試合に出る是非が問われるばかりかホグワーツに在籍すること自体が疑問視されるそうです。本紙の独占情報によればハリーは学校で頻繁に失神して額の傷痕の痛みを訴える事もしばしばだそうです。

額の傷痕にはヴォルデモートがハリーを殺害しようとした呪いの遺物と付則説明がついていました。そしてここでハリーが「占い学」の授業中に傷痕の痛みが耐え難く授業を続ける事ができないと言って教室を飛び出して行った。

それを本紙記者つまりスキーターが見たと書かれてあり聖マンゴ魔法疾患障害病院の最高権威の専門医たちによればヴォルデモートに襲われた傷がハリーの脳に影響を与えている可能性があり根深い錯乱状態の表れかもしれない。

その一方で専門医の1人は「痛いふりをしているかもしれませんね。気を引きたいという願望の表れであるかもしれません」と言っているんだそうです。そして記事はこの後ハリーに関する新たな内容へと移っていたんですよね。

3-3.ハリーに関する憂慮すべき情報?
何でも「日刊予言者新聞」はホグワーツ校の校長アルバス・ダンブルドアが魔法社会からひた隠しにして来たハリー・ポッターに関する憂慮すべき事実を掴んだそうです。その情報元は何とドラコ・マルフォイなのだそうです。

「ポッターは蛇語が話せます」マルフォイによれば2~3年前に生徒が大勢襲われました。ハリーが「決闘クラブ」で癇癪を起こし他の男子生徒に蛇をけしかけてからはほとんどみんなが事件の裏にハリーがいるとそう考えていた。

でも全ては揉み消しにされたんだそうです。しかしハリーは狼人間や巨人とも交友がある。少しでも権力を得るためにはハリーは何でもやると思う。さらにこの後の記事では「蛇語」に関する説明が詳しくされていたんですよね。

蛇語とは蛇と話す能力の事でこれまでずっと闇の魔術の1つと考えられて来た。現代の最も有名な蛇語使いは誰あろうヴォルデモートその人である。匿名希望の「闇の魔術に対する防衛術連盟」の会員はこう言っているそうです。

蛇語を話す者は誰であれ尋問する価値がある。その会員が言うには個人的には蛇と会話する事ができるような者はみんな非常に怪しいとそう思うのだそうです。何しろ蛇というのは闇の魔術の中でも最悪の術に使われる事が多い。

歴史的にも邪悪な者たちとの関連性がある。また狼人間や巨人など邪悪な生き物との親交を求めるような奴は暴力を好む傾向があるように思える。このような少年つまりハリーに三校対抗試合への出場を許すべきなのかどうか?

アルバス・ダンブルドアは当然考慮すべきだろう。試合に是が非でも勝ちたいばかりにハリーが闇の魔術を使うのではないかと恐れる者もいる。その試合の「第3の課題」は今日行なわれると書いてその記事は終わっていました。

新聞を畳みながらハリーは自分に少々愛想が尽きたみたいだねと気軽に言いました。スリザリンのテーブルではマルフォイにクラッブとゴイルがハリーに向かってゲラゲラ笑い頭を指で叩いたり気味の悪い馬鹿顔をしていました。

他にも舌を蛇のようにチラチラ震わせたりもしていました。

今日の最後に
「日刊予言者新聞」の記事を読んでいると腹が立って来る事のほうが圧倒的に多いですよね。それは内容が捏造でっち上げ満載になっている事が多いからです。このハリーの記事の中にも事実に反する内容が多数含まれています。

ハリーは学校で頻繁に失神をするとか少しでも権力を得るためには何でもやるとか試合に是が非でも勝ちたいばかりに闇の魔術を使うと恐れる者もいるとかまさに言いたい放題という感じですよね。何故こうなるんでしょうね?

これも当サイトでは以前に確か指摘済みの事なんですが「日刊予言者新聞」は編集長のバーナバス・カッフがおそらくはスリザリン出身なので特にグリフィンドール生とその出身者は批判的な内容の記事が多く載せられています。

その一方でスリザリン生とその出身者は好意的な内容の記事が載る事が多い。したがってそれを念頭に置いて考えるとバーテミウス・クラウチ氏や魔法大臣コーネリウス・ファッジはスリザリン出身と推測されるというわけです。

そのためクラウチ家に仕えていた屋敷しもべ妖精のウィンキーがハリーの杖を持って「闇の印」の真下から発見されたという事をリータ・スキーターは記事にしていません。スキーターも当然スリザリン出身というわけですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2324-e8d75c58