FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

リータ・スキーターは「第3の課題」当日にハリーが額の傷痕の痛みを訴えて「占い学」の授業を途中退席した事を記事にしました。ところがその事でついにハーマイオニーがスキーターの秘密を見破ったのでした。その一方でハリーは大広間の隣の小部屋で意外な対面をしたのでした。(全3項目)

3-1.ついに突き止めた!
あの女つまりリータ・スキーターは「占い学」の授業中にハリーの額の傷痕が痛んだ事を何故知っていたのか?どうやったってあそこにいたはずないし絶対あいつに聞こえたはずがない。こう言うロンにハリーがこう応えました。

「窓が開いてた。息がつけなかったから開けたんだ」

するとハーマイオニーがこう突っ込みを入れました。ハリーは北塔のてっぺんにいたのだからあなたの声がずーっと下の校庭に届くはずがない。それに対してハリーが魔法で盗聴する方法は君が見つけるはずだったと言いました。

あいつがどうやったのか君が教えて欲しい。ハーマイオニーは「第2の課題」の際にビクトール・クラムと交わした会話の内容をどういうわけかスキーターに知られてしまい「週間魔女」という雑誌に寄稿されていたんですよね。

その記事のお陰でハーマイオニーの元には1週間に渡って読者の「吼えメール」を含めた大量の嫌がらせの手紙が届く事になってしまいました。それ以来ハーマイオニーはその盗聴方法を調べ続けていたというわけなんですよね。

「ずっと調べてるわ!でも私。でもね」

ハーマイオニーはハリーにこう応えましたがその顔に夢を見るような不思議な表情が浮かびました。そしてゆっくりと片手を上げると指で髪を梳(と)きました。それを見てロンは顔をしかめて「大丈夫か?」と訊いたんですよね。

ハーマイオニーはひっそりと「ええ」と答えて再び指で髪を梳くように撫でるとその手を見えないトランシーバーに話しているかのように口元に持って行きました。ハリーとロンは顔を見合わせましたがついに閃いたんですよね。

「もしかしたら。多分そうだわ。それだったら誰にも見えないし。ムーディだって見えない。それに窓の桟にだって乗れる。でもあの女は許されてない。絶対に許可されていない。間違いない。あの女を追い詰めたわよ!」

最後にハーマイオニーは「ちょっと図書室に行かせて。確かめるわ!」と言うと大広間を飛び出して行きました。それを見てロンが「おい!あと10分で魔法史の試験だぞ!おったまげー」と呼びかけたというわけなんですよね。

しかしハーマイオニーはついにリータ・スキーターの秘密を突き止めたというわけですよね。

3-2.マクゴナガル先生が突然に
ロンはハリーを振り返ると「試験に遅れるかもしれないのに行くなんてよっぽどあのスキーターの奴を嫌ってるんだな」と言いました。そしてさらに続けてロンはハリーに向かってこのように訊いて来たというわけなんですよね。

「君ビンズの授業でどうやって時間をつぶすつもりだ?また読書か?」

三校対抗試合の代表選手は期末試験を免除されていたのでハリーはこれまで試験の時間には教室の一番後ろに座って「第3の課題」のために新しい呪文を探していました。そこでハリーは「だろうな」と答えました。その時です。

マクゴナガル先生がテーブル沿いにハリーに近づいて来て「ポッター代表選手は朝食後に大広間の脇の小部屋に集合です」と告げました。ハリーは時間を間違えたのではと不安になり「でも競技は今夜です!」とそう言いました。

するとマクゴナガル先生は「判っています」と言った上で「いいですか代表選手の家族が招待されて最終課題の観戦に来ています。皆さんにご挨拶する機会だというだけです」と言い立ち去ったのでハリーは唖然としたのでした。

まさかマクゴナガル先生はダーズリーたちが来ると思っているんじゃないだろうな?ハリーが呆然とロンに向かってこう問いかけるとロンは「さあ」と曖昧に答えて急がなくては「魔法史」の試験に遅れると行ってしまいました。

ほとんど人がいなくなった大広間でハリーは朝食を済ませました。フラー・デラクールがレイブンクローのテーブルから立ち上がると大広間からその脇の小部屋に向かっているセドリックと一緒に入りクラムも入って行きました。

ハリーは動きませんでした。小部屋に入りたくなかったからです。家族なんていない。少なくともハリーが命を危険にさらして戦うのを見に来てくれる家族などいないからです。そこでハリーが図書室に行こうと思った時でした。

「ハリー来いよ。みんな君を待ってるよ!」

ハリーが立ち上がりかけたちょうどその時セドリックが小部屋から顔を突き出してハリーにこう呼びかけました。ハリーは完全に当惑しながら立ち上がりました。ダーズリーたちが来るなんてそんな事が有り得るんだろうか?

大広間を横切るとハリーは小部屋の扉を開けました。ハリーを待っていたのはダーズリー一家ではありませんでした。

3-3.そこにいたのは?
扉を開けるとそこにはセドリックとその両親がいました。ビクトール・クラムは隅のほうで黒い髪の父親それと母親とブルガリア語で早口で話していました。クラムの鉤鼻は父親譲りでした。部屋の反対側にはフラーがいました。

フラーの妹のカブリエールは母親と手を繋いでいます。ハリーを見て手を振ったのでハリーも手を振りました。フラーとハリーの関係は「第2の課題」でハリーが妹のガブリエールを助けてからは劇的に改善していたんですよね。

助けなくてもいいフラーの人質の妹のカブリエールをハリーが助けたのです。そして暖炉の前で笑顔を浮かべながらハリーを待っていたのが何とウィーズリーおばさんでした。さらにはビルもいておばさんがこう言ったのでした。

「びっくりでしょ!あなたを見に来たかったのよハリー!」

ハリーも思わず笑顔を浮かべながら近づいて行くとおばさんはこう言い屈んでハリーの頬にキスをしました。ビルもハリーに笑いかけると「元気かい?」と言い2人は握手をしました。さらにビルはハリーにこう言ったのでした。

「チャーリーも来たがったんだけど休みが取れなくてね。ホーンテールとの対戦の時の君は凄かったって言ってたよ」

フラーが相当関心がありそうな目で母親の肩越しにビルをちらちら見ていました。それに気がついたハリーはフラーにとっては長髪も牙のイヤリングも全く問題ではないのだと思いました。おばさんは問題にしていたんですよね。

「本当にうれしいです。僕一瞬考えちゃった。ダーズリー一家かと」

ハリーが口ごもりながらこう言うとおばさんは「ンンン」と口を固く結びました。おばさんはいつもハリーの前でダーズリー一家を批判するのは控えていました。でもその名前を聞く毎に何故かしら目がピカッと光るんですよね。

「学校はなつかしいよ。もう5年も来てないな。あのいかれた騎士の絵まだあるかい?カドガン卿の?」

ハリーは「あるある」と答えました。ビルが部屋の中を見回すと「太った婦人(レディ)」の友達バイオレットが絵の中からビルに向かってウィンクしました。ハリーの家族として呼ばれたのはウィーズリーおばさんとビルでした。

今日の最後に
ハーマイオニーは「第3の課題」当日の「魔法史」の試験の10分前にリータ・スキーターが未登録の「動物もどき」でコガネムシに変身するんだという事を見破りました。そしてそれを確認するために図書室に走ったのでした。

スキーターは今にして思えばハリー自身にハーマイオニーとさらにはその身近にいる人物の本来なら知る事のできない情報を記事にし過ぎてしまったのです。まず第1にはクリスマス・ダンスパーティの夜に入手した情報でした。

ハグリッドがハリーたち3人にさえ打ち明けていなかった自身が半巨人という事でした。さらに三校対抗試合の「第2の課題」ではその場のそれも至近距離にいなければ知る事ができなかったハーマイオニーとクラムの会話です。

それに加えてハリーが「占い学」の授業中に額の傷痕の痛みを訴えて教室を出て行った事とドラコ・マルフォイからハリーは蛇語が話せるという事を聞いた事でした。実を云うとハリーたちはその現場を目撃していたんですよね。

マクゴナガル先生の教室で3人が「第3の課題」に向けた練習をしている時にマルフォイが手をかざしてその手に向かって話しているのを見ていました。マルフォイのその手にはスキーターがいてその話をしていたというわけです。

スキーターはハーマイオニーの頭の良さをあまり知らず侮っていた。それが最大の敗因だと私はそう思いますね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.