FC2ブログ
学期最終日になり学期末パーティに出席するためにハリーにロンとハーマイオニーは大広間に行きました。ダンブルドアがこの場を借りて話したのはセドリックの事にヴォルデモートが復活した事とそこから生還したハリーの事でした。さらにボーバトンにダームストラング両校の人たちに向かって・・・(全3項目)

3-1.学期最終日になり
ヴォルデモートは復活しハリーはそれを目撃しました。ハリーはリトル・ハングルトンの教会墓地からセドリックの亡骸と共に命からがらホグワーツに戻って来ました。ヴォルデモートが欲しがったのはハリーの血だったのです。

ハリーが1年生の時に対決した際にはヴォルデモートはハリーに触れる事ができませんでした。しかし今はできる。ヴォルデモートがそれを克服するためには復活する時どうしてもハリーの血を取り込まなくてはなりませんでした。

そこで世間では死んだと思われていたバーテミウス・クラウチ・ジュニアをホグワーツに送りました。ポリジュース薬でマッド・アイ・ムーディに成り済ましてホグワーツに潜入しハリーが代表選手になるよう取り計らいました。

そしてハリーが優勝するよう措置を施し優勝杯を「移動キー」にする。こうしてハリーはヴォルデモートの元に送られハリーの血を取り込んでヴォルデモートは復活しました。クラウチ・ジュニアは真実薬で全てを告白しました。

学期最終日ハリーは重苦しい気持ちで荷造りをしていました。別れの宴に出るのが怖かったのです。例年なら学期末パーティは寮対抗の優勝が発表される祝いの宴です。ハリーは対抗試合終了後は一杯の大広間を避けていました。

他の生徒にじろじろ見られるのが嫌でほとんど人がいなくなってから食事をするようにしていました。ハリーにロンとハーマイオニーが大広間に入ると即座にいつもの優勝した寮の色で飾りつけがされていない事に気づきました。

今夜は教職員テーブルの後ろの壁に黒の垂れ幕がかかっていました。ハリーはすぐにそれがセドリックの喪に服している印だとそう気づきました。その教職員テーブルには本物のマッド・アイ・ムーディが座っていたんですよね。

木製の義足も「魔法の目」も元に戻っていました。ムーディは神経過敏になっていて誰かが話しかけるたびに飛び上がっていました。元々襲撃に対する恐怖心があったのに加えて10ヵ月も捕われの身になっていたから無理もない。

ますますひどくなったに違いないとハリーは思いました。カルカロフ校長の席は空いていました。クリスマス・ダンスパーティの時にスネイプから「逃げろ」と言われていたカルカロフ校長はスネイプの言う通りにしたようです。

カルカロフは今どこにいるのだろう?ヴォルデモートが捕まえたのだろうか?グリフィンドール生と一緒にテーブルに着きながらハリーはそんな事を考えていたのでした。

3-2.セドリック・ディゴリーのために
マダム・マクシームはまだ残っていてハグリッドと2人で静かに話していました。ヴォルデモートが復活した夜ダンブルドアはマクゴナガル先生にハグリッドとマダム・マクシームに会いたいからとそう申し入れたんですよね。

そしてそのマクゴナガル先生の隣にはスネイプがいました。スネイプもまたあの夜ダンブルドアに「君に何を頼まねばならぬのかもう判っておろう」などと言われて「大丈夫です」と応えると病室を去って行ったというわけです。

ハリーがスネイプを見るとスネイプの目が一瞬ハリーを見ました。表情を読むのは難しく普段通りの辛辣で不機嫌な表情に見えました。スネイプが目を逸らした後もハリーは暫くスネイプを見ていました。スネイプは何をした?

それにどうしてダンブルドアはスネイプが味方だと信じているのだろうか?ハリーは例の「占い学」の授業中に額の傷痕が痛んだ時に事前にシリウスに手紙で助言されていた通りにして校長室にダンブルドアに会いに行きました。

その時ダンブルドアは「憂いの篩」の中でスネイプは大きな身の危険を冒してスパイになりヴォルデモートに対抗したと言った。またしてもその任務に就くのだろうか?もしかしてもう既に死喰い人たちと接触したのだろうか?

本心からダンブルドアに寝返ったのではない。ヴォルデモート自身と同様に時が来るのを待っていたのだというふりをして?ダンブルドア校長が立ち上がりハリーは物思いから覚めました。大広間はいつもよりずっと静かでした。

ダンブルドアが立ち上がるとさらに水を打ったように静かになりました。ダンブルドアは生徒たちを見回すと「今年も終わりがやって来た」と言いました。一瞬置いてダンブルドアの目がハッフルパフのテーブルで止まりました。

4つあるテーブルの中でここが最も打ち沈んでいて哀しげな青い顔が並んでいました。ダンブルドアは「今夜は皆に色々と話したい事がある」と言った上でまず最初に1人の立派な生徒を失った事を悼もうとそう言ったのでした。

「本来ならここに座って皆と一緒にこの宴を楽しんでいるはずじゃった。さあみんな起立して杯を上げよう。セドリック・ディゴリーのために」

全員がダンブルドアの言葉に従い大広間にいた全員が起立しました。全員がゴブレットを上げて沈んだ声が集まり1つの大きな響きとなって「セドリック・ディゴリー」と唱和しました。ハリーはその瞬間チョウの顔を見ました。

涙が静かにチョウの頬を伝っていました。みんなと一緒に着席しながらハリーはうなだれてテーブルを見ていました。ダンブルドアの話は続きダンブルドアは言葉を尽くしてセドリックの事を称讃したというわけなんですよね。

セドリックはハッフルパフ寮の特性の多くを備えた模範的な生徒だった。忠実な良き友であり勤勉でフェアプレイを尊んだ。セドリックをよく知る者もそうでない者にもセドリックの死は皆それぞれに影響を与えたんだそうです。

だからダンブルドアはセドリックがどのようにして死んだのかを皆が正確に知る権利があると思うと言うのです。ハリーが顔を上げ見つめるとダンブルドアはセドリック・ディゴリーはヴォルデモートに殺害されたと言いました。

大広間に恐怖に駆られたざわめきが走りました。みんな一斉にまさかという面持ちで恐ろしそうにダンブルドアを見つめていました。ところがダンブルドアは平静そのものでした。しかし魔法省はこの事を話すのを望んでいない。

皆のご両親の中には自分が話した事で驚愕する人もいるだろうとダンブルドアは言うのです。その理由はヴォルデモートの復活を信じられないからだそうです。又は年端の行かない者に話すべきではないと考えるからだそうです。

しかしダンブルドアは大抵の場合は真実は嘘に勝ると考えているそうです。さらにセドリックが事故や自らの失敗で死んだと取り繕う事はセドリックの名誉を汚すものと信じる。だからこの場でこう発表したというわけですよね。

驚き恐れながら大広間にいるほとんど全員がダンブルドアを見ていました。スリザリンのテーブルでドラコ・マルフォイがクラッブとゴイルに何事か囁いていてハリーは立腹しましたが無理やりダンブルドアに視線を戻しました。

さらにダンブルドアの話は続いて・・・

3-3.セドリックの死に関連して
「セドリックの死に関連してもう1人の名前を挙げねばなるまい」ダンブルドアがこう言って名前を挙げたのがもちろんハリーというわけです。すると大広間に漣のようなざわめきが広がって何人かはハリーのほうを見ました。

そしてまた急いでダンブルドアに視線を戻しました。ダンブルドアはハリー・ポッターは辛くもヴォルデモートの手を逃れた。さらには自分の命を賭してセドリックの亡骸をホグワーツに連れ帰ったとそう言ったというわけです。

ヴォルデモートに対峙した魔法使いの中であらゆる意味でこれほどの勇気を示した者はそう多くはない。そういう勇気をハリーは見せてくれたんだそうです。それが故にダンブルドアはハリーを讃えたいとそう言ったんですよね。

ダンブルドアは厳かにハリーのほうを向き再びゴブレットを上げました。大広間のほとんど全ての者がダンブルドアに続きセドリックの時と同じくハリーの名前を唱和してゴブレットを上げました。しかしハリーは見ていました。

ドラコ・マルフォイにクラッブとゴイルさらにはスリザリン生の多くは席に着いたままでゴブレットに手も触れずにいたのでした。ダンブルドアも「魔法の目」を持たない以上はそれを見つける事はできなかったというわけです。

「三大魔法学校対抗試合の目的は魔法界の相互理解を深め進める事じゃ」

一同が再び席に着くとダンブルドアはこう言いました。今回の出来事つまりヴォルデモートの復活に照らせばそのような絆は以前にも増して重要になると言ってダンフルドアは他校の先生に生徒たちへと視線を移して行きました。

マダム・マクシームからハグリッドへ。フラー・デラクールからボーバトンの生徒たちへ。ビクトール・クラムからダームストラング生たちへ。その後ダンブルドアはダームストラング生に視線を留めながらこう言ったのでした。

「この大広間にいる全ての客人は好きな時にいつでもまたおいでくだされ」

さらにダンブルドアは「皆にもう一度言おう」と言った上でヴォルデモートの復活に鑑みて我々は結束すれば強くバラバラでは弱いとそう言いました。ヴォルデモートは不和と敵対感情を蔓延させる能力に長けているそうです。

それと戦うには同じくらい強い友情と信頼の絆を示すしかないのだそうです。目的を同じにして心を開けば習慣や言葉の違いは全く問題にはならないんだそうです。その一方でダンブルドアは間違いであって欲しいと強く願った。

我々は暗く困難な時を迎えようとしている。この大広間にいる者の中にも既に直接ヴォルデモートの手にかかって苦しんだ者もおる。皆の中にも家族を引き裂かれた者も多くいる。そして再びセドリックの事に触れたんですよね。

1週間前に1人の生徒が我々の只中から奪い去られた。セドリックを忘れてはいけない。正しい事と易き事のどちらかの選択を迫られた時には1人の善良な親切で勇敢な少年の身に何が起こったかを思い出して欲しいとの事でした。

たまたまヴォルデモートの通り道に迷い出たばかりに命を奪われたセドリック・ディゴリーを忘れてはいけないとダンブルドアはそう言ったのでした。

最後に
「ハリー・ポッターを讃えたい」ダンブルドアはこう言うと厳かにハリーのほうを向きゴブレットを上げました。大広間にいたほとんど全ての人がダンブルドアに続き起立してハリーの名前を唱和しゴブレットを上げたのでした。

ところがドラコ・マルフォイにクラッブとゴイルさらにはスリザリンの他の生徒の多くは起立せずゴブレットには触ろうともしていませんでした。マルフォイにクラッブとゴイルの父親はヴォルデモートの呼びかけに応じました。

リトル・ハングルトンの教会墓地に来ていたのです。これらの起立を拒否したスリザリン生は当然親が死喰い人で手紙でダンブルドアがヴォルデモートの復活を高らかに主張できるのはハリーのお陰だと知らされたんでしょうね。

ハリーが生きてホグワーツに戻って来なければ死喰い人以外は誰もヴォルデモートの復活を知らないはずだった。しかもハリーはヴォルデモートが復活した事を一番知られたくないダンブルドアに知らせてしまったんですよね。

これらのスリザリン生たちが起立を拒んだのはハリーのそうした行動に対して抗議の気持ちを表すものだったと私はそう思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2327-17234ad6