FC2ブログ
10月31日のハロウィンにフィルチの飼い猫ミセス・ノリスが襲われました。そして第2の事件はクィディッチの開幕戦グリフィンドール対スリザリン戦が行われた日の夜遅くに起きました。ハリーは病棟にいて第2の犠牲者が運ばれて来る所を目撃しました。運んで来たのはダンブルドアとマクゴナガル先生でした。(全3項目)

3-1.ミセス・ノリスが襲われた余波
それから数日というものは学校中がミセス・ノリスが襲われた話で持ち切りでした。犯人が現場に戻ると考えたのか?フィルチは事件現場を往ったり来たりする事で生徒たちの記憶を生々しいものにしていました。さらにでした。

事件現場の見張りをしていない時フィルチは血走った目で廊下を歩き回り油断している生徒に「音を立てて息をした」とか「うれしそうだった」と言いがかりをつけ罰則に持ち込もうとしました。ハリーの代わりというわけです。

そしてハリーたち3人の間では「ミセス・ノリスを襲ったのはドラコ・マルフォイでは?」という説が持ち上がりました。ハーマイオニーはそれを照明する方法が1つだけあると言うのです。ポリジュース薬を作るのだそうです。

数週間前の授業でスネイプが話していた。このポリジュース薬というのは自分以外の誰かに変身ができるのだそうです。今頃マルフォイはスリザリン寮の談話室でその自慢話の真っ最中かもしれない。それを聞くというわけです。

ただそのポリジュース薬の作り方が載っている本は図書室の禁書の棚にあって先生のサイン入りの許可証がないと借りる事ができない。そこでハリーたちはそのサインをロックハートから貰う事にしてまんまと成功したのでした。

一方ハリーはクィディッチの開幕戦となる対スリザリン戦を迎える事となりました。今年のスリザリン・チームは超強敵でした。マルフォイの父親のルシウス氏が息子をチームに入れて貰うためニンバス2001を寄贈したからです。

さらにおかしな事が発生しました。1つのブラッジャーが何故かしらハリーだけを狙って来るのです。ほんの一瞬の隙を捕らえてブラッジャーがハリーの右腕に当たってハリーは骨が折れた事を感じました。その直後の事でした。

「マルフォイの所に行け」

薄れる意識の中でこの事だけがハリーの脳裏に焼きついていました。ハリーはマルフォイの僅かに上を漂っていたスニッチを掴みグリフィンドールは勝利しました。しかしその後ロックハートがまたもやってしまったんですよね。

今度はマダム・ポンフリーの領域にズカズカと足を踏み入れて来ました。頼みもしないのにハリーの右腕を骨抜きにしてしまったのです。マダム・ポンフリーは憤慨し30分前まではちゃんとしていた腕を持ち上げこう言いました。

「まっすぐに私の所に来るべきでした!」

3-2.ハリーが病棟のベッドにいると
骨折ならあっという間に治せるそうですが骨を元通りに生やすとなると痛いし今夜は病棟に泊まらなくてはならないんだそうです。骨なしのゴムのような腕をパジャマの袖に通すのにかなり時間がかかりロンも激怒していました。

「ハーマイオニーこれでもロックハートの肩を持つって言うの?えっ?頼みもしないのに骨抜きにしてくれるなんて」

こう言うロンにハーマイオニーは「誰にだって間違いはあるわ。それにもう痛みはないんでしょう?ハリー?」と言いましたがハリーはそれに「ああ痛みもないけどおまけに何にも感じないよ」と答えたというわけなんですよね。

そこにグリフィンドール・チームの面々が見舞いにやって来てくれてケーキやら菓子やらを持ち込んで楽しいパーティを始めようとしました。しかしマダム・ポンフリーが鼻息も荒く入って来てこう言うと一同を追い出しました。

「この子は休息が必要なんですよ。骨を33本も再生させるんですから。出て行きなさい!出なさい!」

これが余計なお世話で1人になったハリーは誰にも邪魔されずに腕の痛みとたっぷり付き合う事になりました。しかしマダム・ポンフリーがしたこの行動が思わぬ副産物をハリーにもたらしました。ドビーがやって来たのでした。

ここでハリーは新学期初日の9月1日にキングズ・クロス駅の9と3/4番線への入口を塞いでいたのがドビーだと知ったのです。ハリーはドビーに声を荒げて「君のせいでロンも僕も退校処分になる所だったんだ」と抗議をしました。

さらに先程のクィディッチの試合でブラッジャーに細工をしていたのもドビーだと当の本人が告白しました。ハリーが大怪我をしてプリベット通り4番地に送り返されるようにしたんだとドビーはハリーにそう説明したのでした。

しかしドビーはこうも言いました。ハリーをここに留まらせるわけにはいかない。歴史は繰り返されようとしている。またしても「秘密の部屋」が開かれたからだ。ドビーからそう聞いてハリーはドビーにこう訊いたんですよね。

「今度は誰がそれを開いたの?以前に開いたのは誰だったの?」

でもドビーはハリーのこの質問に答えられないそうです。そんなドビーにハリーは「僕の親友の1人はマグル生まれだ。もし部屋が開かれたのなら彼女が真っ先にやられる」と言いました。ところがドビーは行ってしまいました。

外の廊下をこちらに向かって来る足音がしたからです。ハリーは再びベッドに潜り込み医務室の入口に目を向けました。足音が近づいて来るとダンブルドアが後ろ向きで入って来ました。石像のような物の片端を持っていました。

そのすぐ後にもう片方を持ったマクゴナガル先生が入って来ました。2人は持っていた物をベッドに降ろしました。そしてダンブルドアが「マダム・ポンフリーを」とそう言いマクゴナガル先生がどうやら呼びに行ったようでした。

ハリーは寝ているふりをしてじっと横たわっていました。

3-3.第2の犠牲者
すると慌しい声が聞こえて来たかと思うとマクゴナガル先生が姿を現わしそのすぐ後にマダム・ポンフリーが寝間着の上にカーディガンを羽織りながら従いて来ました。ハリーの耳にあっと息を呑む声が聞こえて来たんですよね。

「何があったのですか?」ベッドに置かれた石像の上に屈み込んでマダム・ポンフリーが囁くようにこう訊くとダンブルドアが「また襲われたのじゃ。ミネルバがこの子を階段の所で見つけてのう」とそう答えたというわけです。

「この子のそばに葡萄が一房落ちていました。多分この子はこっそりポッターの見舞いに来ようとしたのでしょう」

マクゴナガル先生がこう言いました。ハリーは胃袋が引っくり返る思いでした。ゆっくりと用心深くハリーは僅かに身を起こして向こうのベッドの石像を見ようとしました。目を大きく見開いていたのは石像ではなくて人でした。

ハリーの大ファンだと自称していたコリン・クリービーでした。手を前に突き出しカメラを持っていました。マダム・ポンフリーが「石になったのですか?」と囁きました。それにマクゴナガル先生が「そうです」と答えました。

「考えただけでもぞっとします。アルバスがココアを飲みたくなって階段を下りていらっしゃらなかったら一体どうなっていたかと思うと」

マクゴナガル先生はさらにこう言いコリン・クリービーを見つけた経緯を説明しました。ダンブルドアは少し前屈みになってコリンの指をこじ開けるようにして握り締めていたカメラを外してマクゴナガル先生がこう言いました。

「この子が襲った者の写真を撮っているとお思いですか?」

熱っぽくこう訊くマクゴナガル先生に何も答えずダンブルドアはカメラの裏蓋をこじ開けました。するとシューッと音を立ててカメラから蒸気が噴き出しそれを見てマダム・ポンフリーが「何て事でしょう!」と声を上げました。

3つ先のベッドからハリーの所まで焼けたプラスチックの臭いが漂って来ました。マダム・ポンフリーが腑に落ちないという顔をして「溶けてる。全部溶けてる」と言いマクゴナガル先生が急き込んでこう訊いたというわけです。

「アルバスこれはどういう意味なのでしょう?」

この問いにダンブルドアは「その意味は再び秘密の部屋が開かれたという事じゃ」と答えました。マダム・ポンフリーはハッと手で口を覆いました。マクゴナガル先生はダンブルドアをじっと見ました。次にこう訊いたのでした。

「でもアルバス。一体誰が?」

マクゴナガル先生のこの問いにダンブルドアは「誰がという問題ではないのじゃ。問題はどうやってじゃよ」と答えたのでした。ハリーは薄明かりの中でマクゴナガル先生の表情を見ました。ハリーも同じだったというわけです。

マクゴナガル先生もまたハリーと同様にダンブルドアの言葉の意味が分らないようだったのです。

今日の最後に
「秘密の部屋」は開かれた。ハリーはそれをドビーから聞かされさらに続けてダンブルドアの口からも聞きました。しかしここで問題になったのがダンブルドアがマクゴナガル先生とマダム・ポンフリーに言ったこの言葉でした。

「誰がという問題ではないのじゃ。問題はどうやってじゃよ」

ハリーもマクゴナガル先生もダンブルドアの言ったこの言葉の意味が分らなかったのだそうです。でも後の巻で明らかになった事を考えるとダンブルドアが言ったこの言葉は何だか意味深だとそう考えずにはいられないですよね。

この襲撃事件にもヴォルデモートが関わっているのですが「どう関わっているのか?」が問題というわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2331-4c479ed0