FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーの腕の骨は再生し翌朝には退院する事ができました。ところがロックハートの主宰で行なわれた「決闘クラブ」でハリーのとある能力が明らかになり何とハリーがスリザリンの継承者で一連の襲撃事件の犯人ではと学校中に疑われる事になってしまいました。そしてその翌日には・・・(全3項目)

3-1.決闘クラブがきっかけになって
日曜日の朝ハリーが目を覚ますと強張ってはいたものの腕の骨は再生していました。マダム・ポンフリーからは朝食を食べ終わったら帰ってよろしいと退院の許可が出ました。ロンとハーマイオニーは見舞いには来ませんでした。

それは何故かと云うとコリン・クリービーが襲われた事を聞きつけ2人はドラコ・マルフォイに吐かせるのは早ければ早いほうがいいという事でポリジュース薬の密造に取り掛かったというわけです。ところがだったんですよね。

ロックハートが主宰して大広間で行なわれた「決闘クラブ」でハリーが蛇語を解し話せる事が明らかになったのです。寮の名前にもなっていてホグワーツの創立者の1人のサラザール・スリザリンは蛇語を話せる事で有名でした。

そのためスリザリン寮のシンボルは蛇なんだそうです。ハリーはロンとハーマイオニーに蛇語を話せるなんて能力を持っている人はここホグワーツには掃いて捨てるほどいるだろうとそう言いましたがそれが大きな間違いでした。

「それがいないんだ。そんな能力はざらには持っていない」こう言った後にロンはハリーに「まずいよ」とも言いました。ハリーは相当に腹を立てて「何がまずいんだい?」と訊いた後にロンとハーマイオニーにこう言いました。

「みんなどうかしたんじゃないか?考えてもみてよ。もし僕がジャスティンを襲うなって蛇に言わなけりゃ」

こう言うハリーにロンはハリーが話したのは蛇語なので他の人たちにはハリーが何と話したのかなんて分らない。ロンでさえもハリーがまるで蛇をそそのかしているように見えてハリーがした事に「ぞっとした」と言うのです。

今度は学校中がハリーの事をスリザリンの子孫だと言い出すだろう。ロンがそう言うとハリーは自分は違うと即座に否定しました。しかしハーマイオニーは「それは証明しにくい事ね」と言うとその理由をこう説明したのでした。

「スリザリンは千年ほど前に生きていたんだからあなただという可能性も有り得るのよ」

ところが何と第3の襲撃事件が起きてハリーはその現場に遭遇してしまいアーニー・マクミランから「現行犯だ!」と言われて指差されてしまったんですよね。

3-2.マクゴナガル先生がハリーを連れて行ったのは?
当初ハリーは翌日の「薬草学」の授業の際に合同で一緒になるので蛇に襲われたハッフルパフ生のジャスティン・フィンチ・フレッチリーに蛇を止めたんだと説明するつもりでした。しかしその授業が休講になってしまいました。

天候が吹雪となりスプラウト先生がマンドレイクに靴下を履かせマフラーを巻かなくてはならなかったからです。厄介な作業なので他の誰にも任せられないんだそうです。苛立つハリーにハーマイオニーがこう言ったのでした。

「そんなに気になるんだったらこっちからジャスティンを探しに行けばいいじゃない」

ハリーはジャスティンを探しに図書室に行きました。けれども一緒に授業を受けるはずだったハッフルパフ生はいたもののジャスティンはそこにはいませんでした。そこでハリーはアーニー・マクミランに会ったというわけです。

アーニー・マクミランはハリーが蛇語を話せるのでスリザリンの継承者つまり一連の襲撃事件の犯人だとそう考えていました。そのため事件現場にいるハリーを見て「現行犯だ!」と言ってハリーの事を指差したというわけです。

襲われたのはそのジャスティン・フィンチ・フレッチリーとグリフィンドール塔付きのゴースト「ほとんど首なしニック」でした。ポルターガイストのピーブズが現れて囃し立てたためにその場は大混乱の大騒ぎになりました。

マクゴナガル先生が走って来て杖で大きな音を出し静かになった所で一同に自分の教室に戻るようにと命令しました。何とか騒ぎが収まりかけた時にアーニー・マクミランが現れハリーに「現行犯だ!」と言ったというわけです。

「お辞めなさいマクミラン!」

そんなアーニー・マクミランに向かってマクゴナガル先生はこう言って厳しくたしなめました。ピーブズは上のほうで意地の悪い笑いを浮かべて成り行きを見ながらふわふわしていました。ピーブズは大混乱が好きなんですよね。

「お黙りなさいピーブズ」

マクゴナガル先生がこう一喝しました。ピーブズはハリーに向かって大きく舌を出すと後ろに引っ込むようにしてズームアウトして消えて行きました。ジャスティンはフリットウィック先生とシニストラ先生が運んで行きました。

しかし「ほとんど首なしニック」をどうしたものか誰も思いつきません。結局マクゴナガル先生が大きなうちわを作ってアーニー・マクミランに持たせてニックを階段の一番上まで煽り上げるようにと言いつけたというわけです。

「おいでなさいポッター」

アーニー・マクミランがいなくなると残ったのはマクゴナガル先生とハリーだけでした。こう言う先生にハリーは「先生。誓って言います。僕やってません」と言いました。しかしマクゴナガル先生は素っ気なくこう応えました。

「ポッター私の手に負えない事です」

2人は押し黙って歩きました。角を曲がると先生は途方もなく醜い大きな石の怪獣像の前で立ち止まると「レモン・キャンデー!」と言いました。これが合言葉のようで怪獣像は突然生きた本物になり跳んで脇に寄ったのでした。

その背後の壁が左右に割れました。一体どうなる事かと恐れて頭が一杯だったハリーも怖さを忘れて驚きました。壁の裏には螺旋階段がありエスカレーターのように滑らかに上に動いていました。2人はそれに一緒に乗りました。

ハリーは前方に輝くような樫の扉を見ました。扉にはグリフィンの形をしたノック用の金具がついています。ハリーはここで気づきました。ここはダンブルドア校長の住処に違いない。ハリーは初めて校長室にやって来たのです。

2人は螺旋階段の一番上で降りてマクゴナガル先生が扉を叩きました。音もなく扉が開いて2人は中に入りました。マクゴナガル先生はハリーに待っていなさいと告げました。そしてハリーをそこに残して校長室を出て行きました。

自分では判断せず全てをダンブルドアの手に委ねたというわけなんですよね。

3-3.イースター休暇明けに
結局ダンブルドアもハリーが一連の襲撃事件の犯人ではないとそう確信をしていたのでハリーを即座に解き放ち寮に戻らせたんですよね。ところがこれからぱったりと襲撃事件が起きなくなってしまったというわけなんですよね。

スリザリンの継承者は腰砕けになって再び50年の眠りについたんだろうとハリーは思いました。しかしそうではありませんでした。イースター休暇が明けクィディッチのグリフィンドール対ハッフルパフ戦があったその日でした。

両チームの選手がピッチに出て箒に跨りまさに試合が始まろうとしていたその時でした。マクゴナガル先生が巨大な紫色のメガホンを持って行進歩調で腕を大きく振りながら半ば走るようにやって来たかと思うとこう言いました。

「この試合は中止です」

マクゴナガル先生は満員のスタジアムに向かってメガホンでこうアナウンスしました。野次や怒号が乱れ飛びました。グリフィンドール・チームのキャプテンのオリバー・ウッドもマクゴナガル先生に箒で駆け寄り抗議しました。

「全生徒はそれぞれの寮の談話室に戻りなさい。そこで寮監から詳しい話があります。皆さんできるだけ急いで!」

そんなオリバー・ウッドの抗議には耳も貸さずにマクゴナガル先生はメガホンでこう叫び続けました。そして不思議な事にはハリーに「私と一緒にいらっしゃい」と言うのです。自分が犯人じゃないのは明らかなのに何故呼ぶ?

さらにマクゴナガル先生はハリーに従いて来たロンにも「あなたも一緒に来たほうがよいでしょう」と言うのです。ハリーとロンはマクゴナガル先生に従いて城に戻り大理石の階段を上がりました。3人が行ったのは医務室でした。

「少しショックを受けるかもしれませんが。また襲われました。また2人一緒にです」

近くまで来た時にマクゴナガル先生は驚くほど優しい声でこう言いました。1人はレイブンクローの6年生で監督生の女子生徒でした。その隣のベッドで身動きもせずに見開いた目がガラス玉のようになっていた生徒が問題でした。

「ハーマイオニー!」

ロンがこう呻き声を上げました。マクゴナガル先生によれば2人は図書室の近くで発見された。そして2人のそばには小さな丸い鏡が落ちていたのだそうです。マクゴナガル先生はその鏡をハリーとロンに見せるとこう言いました。

「2人ともこれが何だか説明できないでしょうね?2人のそばの床に落ちていたのですが」

ハリーもロンもその理由が分らず首を横に振りました。マクゴナガル先生は重苦しい口調で「グリフィンドール塔まであなたたちを送って行きましょう。私もいずれにせよ生徒たちに説明しないとなりません」と言ったのでした。

マクゴナガル先生はグリフィンドールの寮監だからです。談話室で先生は全校生徒は夕方6時までに各寮の談話室に戻る事と言い渡しました。それ以後は決して寮を出てはならないとも言ったのでした。それだけではありません。

授業に行く時は必ず先生が1人引率します。トイレに行く時も必ず先生に付き添って貰ってくださいとの事でした。クィディッチの試合も練習も全て延期だそうです。それ以外のクラブ活動もまた一切してはいけないんだそうです。

「言うまでもない事ですが私はこれほど落胆した事はありません。これまでの襲撃事件の犯人が捕まらない限り学校が閉鎖される可能性もあります。犯人について何か心当たりがある生徒は申し出るよう強く望みます」

最後にこう言うとマクゴナガル先生は少しぎこちなく談話室から出て行きました。ところが「そんな事をしたらさらに事態が悪化してしまうのでは?」というとんでもない最悪中の最悪の出来事が起きてしまったというわけです。

ダンブルドア校長が停職になったのです。

今日の最後に
ハリーは1年生の学期末試験終了直後に「賢者の石」が狙われるのなら今夜だと考えてダンブルドアに知らせようと思って校長室を探しましたがマクゴナガル先生がそんなハリーにダンブルドア校長先生は留守だと言いました。

そんなハリーを初めて校長室に連れて行ってくれたのがマクゴナガル先生だなんて何だか奇妙で不思議な巡り合せですよね。その時マクゴナガル先生が校長室に入るために言った合言葉が「レモン・キャンデー」だったのでした。

実はこの「レモン・キャンデー」は後にも先にもマクゴナガル先生が一度だけプリベット通り4番地に行った際にダンブルドアがマクゴナガル先生に勧めたお菓子だったんですよね。ダンブルドアはこれが好きなんだそうです。

その時マクゴナガル先生はレモン・キャンデーなど食べている場合ではないと「結構です」と言って断っています。ヴォルデモートがハリーに凋落させられた日の夜ダンブルドアはマクゴナガル先生にレモン・キャンデーを勧めた。

その断ったお菓子つまり「レモン・キャンデー」がハリーが初めて校長室に足を踏み入れる時の合言葉だなんてこれもまた何だか不思議な巡り合せですよね。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.