FC2ブログ
ハリーを巡って激しい主導権争いをシリウスとして来たウィーズリーおばさんだったのですがそのシリウスが死んでしまい約1年間はハリーとおばさんの関係は落ち着きを取り戻しました。ところが今度はハリーとおばさんの間に問題が持ち上がってしまったのです。そのためにおばさんは・・・(全3項目)

3-1.諦めないおばさん
このようにしてハリーを巡って激しい主導権争いをしたシリウスとウィーズリーおばさんだったのですがハリーにとってはシリウスが死ぬという最悪中の最悪の展開で2人のこの争いは決着をするという事になってしまいました。

ところがこれでハリーとおばさんの関係が元通りの良好になると思ったらそうは問屋が卸しませんでした。取りあえず1年間ハリーとおばさんの関係は元の状態に戻ったものの最終学年の年に違う問題が持ち上がったんですよね。

ヴォルデモートの分霊箱を4つ見つけて破壊しなければヴォルデモートを真に滅ぼす事はできない。個人教授を通じてダンブルドアからその事を教えられたハリーは学校には戻らずに分霊箱を探す旅に出る事を決意したのでした。

ロンとハーマイオニーもハリーに同行すると言ってくれました。そしてハリーがプリベット通り4番地を出て「隠れ穴」に入った翌日の事でした。分霊箱の話が出たついでに言っておきたい事があるとロンがハリーに言いました。

おばさんは分霊箱の事をロンやハーマイオニーから聞き出そうと躍起になっているのだそうです。次はハリーの番だから覚悟をしておけとの事でした。実を云うと父親のアーサー氏にルーピンもその事を訊いて来たんだそうです。

でもハリーはダンブルドアから自分たち2人以外には話さないように言われていると説明したら訊いて来なくなったそうです。しかしおばさんは諦めない。そしてロンの予想は的中しそれから数時間も経たない内に起こりました。

昼食の少し前におばさんはハリーに頼み事があると言ってみんなから引き離しました。ハリーのリュックサックから出て来たと思われる片方だけの男物の靴下がハリーの物かどうかを確かめて欲しいという口実だったんですよね。

台所の隣にある小さな洗い場にハリーを追い詰めるや否やおばさんの遠回しな追及が始まりました。おばさんはまずは何気ない軽い調子で始めました。ハリーに向かっておばさんはこのように言って来たというわけなんですよね。

「ロンとハーマイオニーはどうやらあなたたち3人ともホグワーツ校を退学すると考えているらしいのよ」

ハリーが「あー。あの。ええ。そうです」と応えると・・・

ウィーズリーおばさんは?

3-2.何気なくが露骨に
おばさんは「ねえどうして勉強を辞めてしまうのかしら?」と訊いて来ました。その問いにハリーは口ごもって「あのダンブルドアが僕に」と言った後に「やるべき事を残して」と言うと言葉を続けてこう言ったというわけです。

「ロンとハーマイオニーはその事を知っています。それで2人とも一緒に来たいって」

これに対しておばさんは「やるべき事ってどんな事なの?」と再び質問をぶつけて来ました。ハリーが「ごめんなさい。僕言えない」と謝りつつも答えるとおばさんはこう言ってハリーは自分の質問に答えるべきだと言いました。

「あのね率直に言ってアーサーと私は知る権利があると思うの。それにグレンジャーご夫妻もそうおっしゃるはずよ!」

この「子を心配する親心」攻撃作戦をハリーは前から恐れていました。こう迫ればハリーは「答えなくてはならない」とそう考えるだろうというわけです。そこでハリーは気合を入れるとおばさんの目をまっすぐに見たのでした。

ところがそのせいでおばさんの褐色の目が愛するジニーの目と全く同じ色合いである事に気がついてしまいハリーは「これには弱い」と思う事となりました。それでもハリーはおばさんにこう言って教える事を固辞したのでした。

「おばさん。他の誰にも知られないようにというのがダンブルドアの願いでした。すみません。ロンもハーマイオニーも一緒に来る必要はないんです。2人が選ぶ事です」

すると今や遠回しをかなぐり捨てたおばさんは「あなただって行く必要はないわ!」と言って来ました。3人ともようやく成人に達したばかりで全くナンセンスだとおばさんはそう言うのです。ハリーは誤解しているに違いない。

ダンブルドアが何か仕事をさせる必要があったのなら騎士団全員が指揮下にいたから何故ハリーが1人でしなくてはならないとおばさんはそう言うのです。多分ダンブルドアは誰かにと言っただけなのにハリーがそう思い込んだ。

「誤解なんかしていません。僕でなければならない事なんです」

そう主張するおばさんに向かってハリーはきっぱりこう応えました。そして自分の物かどうかを見分けるはずの靴下の片方を返すとハリーはおばさんにこう言いました。その靴下には金色のパピリスの模様がついていたのでした。

「それにこれは僕のじゃないです。僕パドルミア・ユナイテッドのサポーターじゃありません」

おばさんは「あらそうだったわね」と何気ない口調に戻ってこう応えましたが相当に気になる戻り方でした。そしてハリーがまだここにいる間はビルとフラーの結婚式の準備を手伝って貰っても構わないかしらと言って来ました。

まだまだやる事が沢山残っているとの事でした。ハリーは急に話題が変わった事にかなりの引っかかりを感じながら「いえ。あの。もちろん構いません」と答えました。その結婚式の準備の手伝いというのが問題だったのでした。

おばさんは「助かるわ」と言うと洗い場から出て行きながら微笑んだというわけなんですよね。

3-3.結婚式の準備で大忙しに
その時を境にしておばさんはハリーにロンとハーマイオニーを結婚式の準備で大忙しにしてくれました。あまりにも忙しくて何も考える時間がないほどでした。しかし2日間休む暇もなくしていると疑問が浮かんで来たのでした。

ハリーは「おばさんには別の意図があるのでは?」と疑い始めました。おばさんが言いつける仕事の全てがハリーたち3人を別々に引き離しておく目的で行なわれているとそう思えて来ました。ジニーがこう指摘してくれました。

「ママはね3人が一緒に計画するのを阻止すればあなたたちの出発を遅らせる事ができるだろうって考えているんだわ」

3日目の夜に一緒に夕食の食器をテーブルに並べながらジニーが声を潜めてハリーにこう言いました。確かに「隠れ穴」に最初に入った日だけでハリーがおばさんと話して以降は誰もいない所で2人と話す機会は全くありません。

「でもそれじゃおばさんはその後どうなると思っているんだろう?僕たちをここに足止めしてヴォローヴァン・パイなんか作らせている間に誰かがヴォルデモートの息の根を止めてくれるとでも言うのか?」

深く考えもせずにうっかりと心の中を漏らしてしまってハリーはジニーの顔が青ざめるのに気づきました。ジニーは「それじゃ本当なのね?あなたがしようとしている事はそれなのね?」とハリーに向かって訊いて来たのでした。

ハリーは冗談だと言ってごまかしました。おばさんの策略はその後も続きました。おばさんはロンに自分の部屋を片付けろと命じましたがハリーが「手伝うよ。僕が散らかした物もあるし」と言うと別の仕事を言いつけたのです。

アーサー氏の手伝いをして鶏小屋の掃除をして欲しいと言い続けてハーマイオニーにフラーのご両親デラクール夫妻のためにシーツを取り代えてくれと頼みました。要するにつまりはおばさんは露骨に策に打って出て来たのです。

しかし8月1日のビルとフラーの結婚式を死喰い人集団が急襲してハリーたち3人はどさくさに紛れて分霊箱を探す旅に出てしまいました。おばさんの必死の策略も全ては8月1日に気泡と化してしまったというわけなんですよね。

最後に
ハリーを巡って激しい主導権争いをして来たシリウスが死んでそれから約1年間はハリーとウィーズリーおばさんの関係は元の鞘に収まりました。ところがこうして今度はハリーとおばさんの間に争い事が起きてしまいました。

ヴォルデモートの分霊箱を見つけて破壊するというダンブルドアがハリーに託した使命を巡ってというわけです。もちろんおばさんの「子を心配する親心攻撃作戦」やビルとフラーの結婚式の準備を手伝わせる策略もありました。

でもここで厄介なのはハリーにとっては余計なお世話でありがた迷惑なのは重々判っているのですがそもそもおばさんがそうして来るのは一重にも二重にもハリーの事を心配しての事なのでハリーも邪険には扱えないんですよね。

そこが問題というわけです。でもいくらおばさんがハリーたち3人の出発を遅らせようと策を巡らせても残念ながら準備の大半はハーマイオニーがしていたのでおばさんの妨害工作は実はほとんど無駄で徒労だったんですよね。

そんな問題もホグワーツの戦いでハリーがヴォルデモートを倒した事で万事解決という事になったというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2339-fb815051