FC2ブログ
ハリーはロックハートの部屋で罰則を受けている時に謎の声を聞く事となりました。ロックハートはその声が聞こえないと言いました。ところがそれはどうやらハリーにしか聞こえない声のようでした。その事は10月31日にハリーが再び聞く事になって判明しました。(全3項目)

3-1.例のあの声を追って行ったら
このようにしてハリーはギルデロイ・ロックハートから大好きだと高らかに宣言されてしまいましたがハリーは生きている人間のみならず死んだ人たちの間でも超有名人でした。それが思わぬ事態へと展開して行ったんですよね。

ハリーは管理人アーガス・フィルチに罰則を科されそうになっている所をグリフィンドール塔付きのゴースト「ほとんど首なしニック」に助けられ窮地を免れましたが代わりにニックの「絶命日パーティ」に出る事になりました。

ニックに出席して貰えれば大歓迎ですと言われてロンとハーマイオニーも行く事になりました。しかしパーティが行なわれた地下牢はゴーストが放つ冷気で冷え切っていてロンが「もう我慢できないよ」とついに音を上げました。

その日は実は10月31日で大広間ではハロウィン・パーティが開催されていました。生きている人間が食べられる物など全くなかったのでハリーたち3人は腹ペコでした。デザートぐらい残っているかもしれないと3人は急ぎました。

その時ハリーは例のあの声を聞きました。ハリーはよろよろとして立ち止まり壁にすがって全身を耳にして声を聞きました。そして仄暗い灯りに照らされた通路の隅から隅まで目を細めてじっと見回したというわけなんですよね。

ハーマイオニーが「ハリー一体何を?」と訊いて来ましたがハリーは「またあの声なんだ。ちょっと黙っててて」と答えました。ハリーは急き込んで「ほら聞こえる!」と言いましたがロンとハーマイオニーは凍りついています。

声は段々弱くなって来ました。ハリーはその声が確かに移動しているとそう思いました。上のほうに遠ざかって行く。ハリーは移動して行く声を追いかけて3階への階段を一度に三段ずつも吹っ飛ばして駆け上がって行きました。

「ハリー一体これはどういう事だい?僕には何にも聞こえなかった」

ロンがこう言いました。するとハーマイオニーがハッと息を呑み廊下の隅を指差しました。ハーマイオニーが「見て!」と言った先の壁には文字が光っていました。その下の松明の腕木にミセス・ノリスがぶら下がっていました。

秘密の部屋は開かれたり
継承者の敵よ、気をつけよ


光る文字はこう書かれていたのでした。

3-2.再びロックハートの部屋へ
暫くの間3人は動きませんでした。やおらロンが「ここを離れよう」と言いました。関わりにならないほうがいいというわけです。でもハリーは戸惑いながら「助けてあげるべきじゃないかな」と反対意見を述べたんですよね。

それにロンが「僕の言う通りにして。ここにいる所を見られないほうがいい」と言いましたが時既に遅しでした。大広間でのパーティが終わったらしく生徒たちが大挙してハリーたちのいる所へと押しかけて来てしまいました。

前のほうにいた生徒がぶら下がったミセス・ノリスを見てしゃべるのを辞めました。沈黙が生徒たちの群れに広がりその光景を前で見ようと押し合いました。その時沈黙を破って誰かが叫びました。ドラコ・マルフォイでした。

「継承者の敵よ気をつけよ!次はお前たちの番だぞ。穢れた血め!」

マルフォイの大声で引き寄せられたようで飼い主のアーガス・フィルチが「何だ何だ?何事だ?」と言いながらやって来ました。フィルチはハリーを見て「お前だな!」と金切り声で叫びハリーが犯人だとそう主張したのでした。

そこにダンブルドア校長が数人の先生を従えて到着しました。そして素早くハリーたち3人の脇を通り抜けるとミセス・ノリスをぶら下がっていた松明の腕木から外しました。次にダンブルドアはこう呼びかけたというわけです。

「アーガス一緒に来なさい。ミスター・ポッター。ミスター・ウィーズリー。ミス・グレンジャー。君たちもおいで」

ロックハートがいそいそと進み出て「校長先生。私の部屋が一番近いです。すぐ上です。どうぞご自由に」と言い人垣が無言のまま左右に割れ一行を通しました。こうしてハリーは再びロックハートの部屋に行く事になりました。

灯りの消えたロックハートの部屋に入ると何やら壁面があたふたと動きました。ハリーが目をやると写真のロックハートが髪にカーラーを巻いたまま物陰に隠れる所でした。ダンブルドアはミセス・ノリスを机の上に乗せました。

そして調べ始めました。ダンブルドアは長い鼻の先があと少しでつくほどに近づいてミセス・ノリスを隈なく調べていました。マクゴナガル先生も身を屈めてダンブルドアとほとんど同じぐらい近づき目を凝らして見ていました。

スネイプはその後ろで漠然と半分影の中に立ち何とも奇妙な表情をしていました。まるで笑うのを必死に我慢していかのようでした。そしてロックハートは周りをうろうろしながらあれやこれやと意見を述べ立てていたのでした。

猫を殺害したのは呪いに違いありません。多分「異形変身拷問の呪い」でしょう。何度も見た事がありますよ。私がその場に居合わせなかったのはまことに残念。猫を救うぴったりの反対呪文を知っていたと述べ立てていました。

非常によく似た事件がウグドゥグで起こった事がありましたともロックハートはそう言いました。次々と襲われる事件でロックハートの自伝に一部始終が書いてありロックハートが町の住人に色々な魔除けを授けたのだそうです。

それであっという間に一件落着したそうです。壁の写真のロックハートが本人の話に合わせて一斉に頷いていました。1人はヘヤネットを外すのを忘れていました。ここでダンブルドアがようやく体を起し優しくこう言いました。

「アーガス。猫は死んでおらんよ」

ロックハートはこれまで自分が未然に防いだ殺人事件の数を数えている最中でしたがダンブルドアがミセス・ノリスは死んでいないとそう言ったので慌てて数えるのを辞めました。ミセス・ノリスが生きているのは想定外だった。

そういう事だったようですね。(笑)

3-3.とても気まずい沈黙
死んでない?それじゃどうしてこんなに固まって冷たくなっているんだと訊くフィルチに対してダンブルドアは「石になっただけじゃ」と答えたのでした。するとそれを聞いたロックハートがこう言ったというわけなんですよね。

「やっぱり!私もそう思いました!」

つい先程まで自分が未然に防いだ殺人事件の数を数えていたというのに「よく言うよ!」という感じですよね。ただ「どうしてそうなったのか?」についてはダンブルドアは答える事ができないそうです。分らない事は分らない。

ロックハートとダンブルドアはそこが違う。つまり正直で謙虚というわけです。フィルチは引き続きハリーが犯人だとそう主張しましたがダンブルドアは2年生のハリーがそんな事ができるはずがないときっぱり否定をしました。

それから暫くはスネイプとマクゴナガル先生の間でハリーを巡って議論になりました。ハリーの権利を一部取り上げてクィディッチのグリフィンドール・チームから外すべきだと言うスネイプにマクゴナガル先生が反論しました。

当然マクゴナガル先生はそんな必要などないと反論しました。それにダンブルドアが「疑わしきは罰せずじゃよ」とスネイプにきっぱり言いましたがスネイプとフィルチはびとく憤慨したのでした。フィルチはこう言うのです。

「私の猫が石にされたんだ!罰を受けさせなけりゃ収まらん!」

そんなフィルチにダンブルドアは「君の猫は治してあげられますぞ」と穏やかに言いました。それはスプラウト先生が最近マンドレイクを手に入れたからだそうです。十分に成長したならすぐに蘇生させる薬を作らせましょうぞ。

「私がそれをお作りしましょう。私は何百回作ったか分らないぐらいですよ。マンドレイク回復薬なんて眠ってたって作れます」

ロックハートは突然口を挟むとこう言いました。するとスネイプが「お伺いしますがね。この学校では我輩が魔法薬の担当教師のはずだが」と冷たく言ったのでした。その場にはとても気まずい沈黙が流れたというわけですよね。

ハリーたち3人はダンブルドアに「帰ってよろしい」と言われてロックハートの部屋を出たというわけなんですよね。

今日の最後に
ここでもロックハートはやはりという感じで醜態をさらしました。分らない事は分らないと言えばいいのに知ったかぶりをして意見をあれやこれやと述べ立てる。当然の成り行きでやはり的外れな内容に終始したというわけです。

さらにここでも他人の領域にズカズカと足を踏み入れて来ました。学期2日目にはスブラウト先生に任せておけばいいのに「暴れ柳」の治療に手を出しましたよね。そのお陰でスプラウト先生をひどく不機嫌にしてしまいました。

突然マンドレイク回復薬を自分が作ると口を挟んでスネイプから「この学校では我輩が魔法薬の担当教師のはずだが」と冷たく言われてその場にはとても気まずい沈黙が流れたというわけです。ここでもまたやってしまいました。

でもまだロックハートは懲りないんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2351-fb7214b3