FC2ブログ
ミセス・ノリスを襲った犯人は一体誰なのか?ハリーとロンの意見は一致しました。ハーマイオニーが言うにはそれを証明する方法が1つだけあるそうです。それは自分以外の誰かに変身できるポリジュース薬という魔法薬を作る事なんですが問題が1つある。そこでハリーたち3人がした事とは?(全3項目)

3-1.禁書を借りるため
「だけど一体何者かしら?」その議論はハーマイオニーのこの一言で始まりました。出来損ないのスクイブやマグル出身の子をホグワーツから追い出したいと願っているのは誰と問うハーマイオニーにロンがこう言って来ました。

「それでは考えてみましょう。我々の知っている人の中でマグル生まれは屑だと思っている人物は誰でしょう?」

これを聞いてハーマイオニーは当初「まさか!」という顔をしました。しかしハリーもロンの意見に賛同しました。あいつの家系は全部スリザリン出身だ。あいつはいつもそれを自慢している。あいつの父親もどう見ても悪玉だ。

ハリーとロンが言い出したのは「ドラコ・マルフォイ犯人説」でした。するとハーマイオニーはこう言うのです。私たちがスリザリンの談話室に入り込んでマルフォイに正体を気づかれる事なく質問をすればそれが証明できる。

それは唯一ポリジュース薬という魔法薬を作れば可能なんだそうです。数週間前の授業でスネイプが話していたそうです。それは自分以外の誰かに変身できる薬なのですが製造方法が書かれた「最も強力な薬」は禁書の棚にある。

つまりその本を借りるには先生のサイン入りの許可証を貰う事というわけです。でも作るつもりはないけどそんな本が読みたいと言えばそれは変だと思われるだろうとロンは言いました。それにハーマイオニーはこう答えました。

「理論的な興味だけなんだって思い込ませればもしかしたら上手く行くかも」

ロンは懐疑的で「なーに言ってるんだか。先生だってそんなに甘くないぜ」と言った後さらに「でも。騙されるとしたら。よっぽど鈍い先生だな」と言いました。そこでハーマイオニーはあの先生からサインを貰う事にしました。

ギルデロイ・ロックハートというわけです。

3-2.この日の授業で
ピクシー小妖精の悲惨な事件以来ロックハートは教室に生き物を持って来なくなりました。その代わり自分の著書を拾い読みし時折その中で劇的な場面を演じてみせました。再現するのに相手役に使われたのが大抵ハリーでした。

ハリーがこれまでに無理やりに演じさせられた役は「おしゃべり呪い」を解いて貰ったトランシルバニアの田舎っぺに鼻風邪を引いた雪男にロックハートにやっつけられてレタスしか食べなくなった吸血鬼などだったんですよね。

今日の「闇の魔術に対する防衛術」の授業でもハリーはまたも生徒の前に引っ張り出され狼男をやらされる羽目になりました。でも今日はロックハートを上機嫌にしておかなければならないというちゃんとした理由がありました。

それは前述のようにポリジュース薬の製造方法が書かれた「最も強力な薬」を借りるためにロックハートにサインを貰うためでした。そうでなければハリーはこんな役は断る所でした。だから今回は我慢というわけなんですよね。

今回ハリーが演じた狼男はロックハートが言うには信じられない事に自分は飛びかかって相手を床に叩きつけた。そして片手で何とか押さえつけもう一方の手で杖を喉元に突きつけ残った力を振り絞って術をかけたんだそうです。

それは非常に複雑な「異形戻しの術」だったのだそうです。敵は哀れな呻き声を上げて毛が抜け落ち牙は縮み人の姿に戻ったとの事でした。簡単だが効果的でその村は満月のたびに狼男に襲われる恐怖から救われたんだそうです。

そしてロックハートは永久に英雄と称えられる事になったのだそうです。ここで終業のベルが鳴ってロックハートは立ち上がりました。すると最後にこう言って生徒たちに宿題を出して生徒たちは教室を出て行き始めたのでした。

「宿題。ワガワガの狼男が私に敗北した事についての詩を書くこと!一番よく書けた生徒にはサイン入りの私はマジックを進呈!」

ハリーは教室の一番後ろに戻りそこで待機していたロンにハーマイオニーと一緒になると「用意は?」と呟きました。ハリーの問いにハーマイオニーが神経をピリピリさせながら「みんないなくなるまで待つのよ」と答えました。

「いいわ」と言うとハーマイオニーは紙切れを1枚しっかりと握り締めロックハートの机に近づいて行きました。ハリーとロンがすぐ後から従いて行きました。ハーマイオニーは口ごもりながらロックハートにこう言いました。

「あの。ロックハート先生?私あの。図書室からこの本を借りたいんです。参考に読むだけです」

3-3.見もせずにサイン
ハーマイオニーは微かに手を震わせながら紙を差し出しました。そして事の経緯を説明しました。問題はその本が「禁書」の棚にありそれでどなたか先生にサインをいただかないといけないんです。次の言葉が利いたようでした。

それはロックハートの「グールお化けとのクールな散策」に出て来るゆっくり効く毒薬を理解するのにきっと役立つという言葉でした。ロックハートは紙を受け取るとハーマイオニーににっこりと笑いかけながらこう言いました。

「あぁグールお化けとのクールな散策ね!私の一番のお気に入りの本と言えるかもしれない。面白かった?」

最後の「面白かった?」という問いにハーマイオニーは熱を込め「はい先生。本当に素晴らしいわ。先生が最後のグールを茶漉しで引っ掛けるやり方なんて」と答えました。するとロックハートはにこやかにこう言ったのでした。

「そうね学年の最優秀生をちょっと応援してあげても誰も文句は言わないでしょう」

すると何とロックハートはとてつもなく大きな孔雀の羽根ペンを取り出して「どうです。素敵でしょう?これはいつもは本のサイン用なんですがね」と言いました。ロンは呆れ顔でしたがロックハートは何か勘違いしたようです。

ロックハートはそのとてつもなく大きな羽根ペンでとてつもなく大きな丸文字ですらすらとサインをするとその紙をハーマイオニーに返しました。ハーマイオニーはその紙をもたもたと丸めカバンに潜り込ませたというわけです。

その間にロックハートはハリーに話しかけて来ました。それは明日はシーズン最初のクィディッチ試合だという事でした。何でもロックハートもシーカーでナショナル・チームに入らないかと誘いを受けたとの事なんだそうです。

でも闇の魔力を根絶する事に生涯を捧げる生き方を選んだのだそうです。だから軽い個人訓練を必要とするなら遠慮なくとの事でした。いつでも喜んで自分より能力の劣る選手に経験を伝授するとロックハートは言ったのでした。

ハリーは喉から曖昧な音を出し急いでロンとハーマイオニーの後を追いました。そして3人でサインを確認しながらハリーは「信じられないよ。僕たちが何の本を借りるのか見もしなかったよ」と言いロンはこう言ったのでした。

「そりゃあいつ能無しだもの。どうでもいいけど。僕たちは欲しいものを手に入れたんだし」

ハーマイオニーは図書室に向かって半分走りながら「能無しなんかじゃないわ」と抗議しました。けれどもロックハートがサインしてくれたのでハリーたち3人は禁書の棚にある「最も強力な薬」を借りる事ができたんですよね。

今日の最後に
「そりゃあいつ能無しだもの」こう言ったロンは初授業でピクシー小妖精の後始末を押しつけられ「ご本人はやったとおっしゃいますがね」と早々にロックハートの事を疑い始めたというわけです。ハーマイオニーは違いました。

そんなロンにハーマイオニーは「能無しなんかじゃないわ」と抗議しました。それは本に書かれている事がロックハート本人がしているとそう信じているからというわけですよね。だからこれだけ考えが乖離するというわけです。

そんなロックハートがサインをしてくれたのでハリーたちは禁書の棚にある「最も強力な薬」を借りる事ができました。サインを求められれば応じずにはいられない。ロックハートがそういう人だからこその事だったんですよね。

もちろんハーマイオニーのお陰でもあるんですけどね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2352-eb2438c0