FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。


セブルス・スネイプ語録集「謎のプリンス」編(22)(28回シリーズ)

ダンブルドアの指摘に対してマルフォイは終始強気に受け答えしました。しかしダンブルドアの鋭い指摘に思わず口を歪める事はありました。ただマルフォイのスネイプに対する気持ちはどうやら決定的に悪くなったようでスネイプの事を常に「あいつ」と呼びました。(全3項目)

3-1.キャビネット棚は修理できたが
マルフォイは実は自分が命を狙っていたダンブルドアに褒められた事で皮肉にも勇気と慰めを得たようで「そうなんだ!」と言いました。しかしそれは「姿をくらますキャビネット棚」を修理できたからこそ言えた事でした。

「しかし時にはキャビネット棚を修理できないのではないかと思った事もあったのじゃろうな?」

ダンブルドアは言葉を続けマルフォイにこう言いました。そこで粗雑で軽率な方法を使おうとした。どう考えても他の者の手に渡ってしまうのに呪われたネックレスを自分に送った事もあったとダンブルドアは指摘しました。

さらには自分が飲む可能性はほとんどないのにも関わらず蜂蜜酒に毒を入れた事もあった。前述の策略ではケイティ・ベルがそして蜂蜜酒のほうではロンが危うく命を落とす所でした。しかし2人とも生き永らえたんですよね。

「そうだ。だけどそれでも誰が仕組んだのか分からなかっただろう?」

こう言うとマルフォイはせせら笑いました。ところが何とダンブルドアは「実は判っておった。君に間違いないと思っておった」とそう答えました。それを聞いてマルフォイは「じゃ何故止めなかった?」と訊いたのでした。

「そうしようとしたのじゃよドラコ。スネイプ先生がわしの命を受けて君を見張っておった」

こう答えるダンブルドアにマルフォイは「あいつは校長の命令で動いていたんじゃない。僕の母上に約束して」と反論してそんなマルフォイにダンブルドアはこう言ってスネイプは自分の命令で動いていると言ったのでした。

「もちろんドラコ。スネイプ先生は君にはそう言うじゃろう。しかし」

ダンブルドアがここまで言った所で・・・

3-2.スネイプを巡って
マルフォイはダンブルドアに「あいつは二重スパイだ。あんたも老いぼれたものだ。あいつは校長のために働いていたんじゃない。あんたがそう思い込んでいただけだ!」と言いました。でもダンブルドアはこう言うのです。

「その点は意見が違うと認め合わねばならぬのうドラコ。わしはスネイプ先生を信じておるのじゃ」

これに対しマルフォイは「それじゃあんたには事態が分ってないって事だ!」と言い返しました。それはスネイプが自分を助けたいと散々持ちかけて来たからだとマルフォイは言うのです。全部自分の手柄にしたかったんだ。

一枚加わりたかったんだ。ネックレスを仕掛けた件も何をしているのかとかあれは愚かしい事だとか全部台無しにしてしまったかもしれんなどと言って来たんだそうです。しかし「必要の部屋」でしている事は教えなかった。

明日あいつが目を覚ました時には全部終わっていてあいつはもう闇の帝王のお気に入りじゃなくなるんだとマルフォイはそう言うのです。僕に比べればあいつは何者でもなくゼロになるとマルフォイは言ってみせたのでした。

それを聞いてダンブルドアは「満足じゃろうな。誰でも一生懸命やった事を褒めて欲しいものじゃ」と穏やかに言いました。その一方でホグズミードの誰かがケイティ・ベルにネックレスを手渡すためには共犯者が必要だ。

それは「服従の呪文」をかけられたマダム・ロスメルタだとそう指摘しました。それを聞いてマルフォイは「やっと判ったようだな」と言ってダンブルドアの事を嘲ったというわけです。するとその時の事だったんですよね。

下のほうから今度はもっと大きな声で叫び声が聞こえて来ました。マルフォイはビクッとして再び振り返りましたがダンブルドアにすぐに視線を戻しました。ダンブルドアは言葉を続けて一連の事件の真相を語ったのでした。

哀れなロスメルタが店のトイレで待ち伏せをして1人でやって来たホグワーツの学生の誰かにネックレスを渡すよう命令された。自分へのクリスマスプレゼントだとそう信じてスラグホーンに送る前に代わって毒を盛ったんだ。

哀れむべきフィルチはロスメルタのボトルを調べようなどとは思うまい。ここでダンブルドアはマルフォイに監視をくぐり抜けマダム・ロスメルタと一体どうやって連絡を取り合っていたのかの方法を訊いたというわけです。

「コインに呪文をかけた。僕が1枚あっちがもう1枚だ。それで僕が命令を送る事ができた」

それは昨年度ハーマイオニーがダンブルドア軍団のメンバーに練習日を伝えるために取った方法です。マルフォイもまた同じ方法でマダム・ロスメルタに指示を出していた。ダンブルドアはそう指摘したというわけですよね。

3-3.マルフォイの侮蔑的な発言に
マルフォイと話しながらダンブルドアの体の位置は少しずつずれ落ちていました。そんな中でコインによる伝達方法について説明をしながらマルフォイは歪んだ笑いを浮かべながらこのように言ったというわけなんですよね。

「あああいつらからヒントを得たんだ。蜂蜜酒に毒を入れるヒントも穢れた血のグレンジャーから貰った。図書室であいつがフィルチは毒物を見つけられないと話しているのを聞いたんだ」

マルフォイがハーマイオニーの事を「穢れた血」と呼んだ事を受けてダンブルドアは「わしの前でそのような侮蔑的な言葉は使わないで欲しいものじゃ」と言いました。今にも自分に殺害をされるというのに気になるのか?

そう言ってマルフォイが残忍な笑い声を上げるとダンブルドアは「気になるのじゃよ」と答えました。しかし返す言葉でダンブルドアは今にも自分を殺害するという事については長い時間が経ったしここには2人しかいない。

自分は今は丸腰で君が夢にも思わなかったほど無防備じゃ。にも関わらず君はまだ行動を起こさない。ダンブルドアがこう指摘をするとマルフォイはひどく苦い物を口にしたかのようにその口を思わず歪めたというわけです。

「さて今夜の事じゃが。どのように事が起こったのかわしには少し分らぬ所がある。君はわしが学校を出た事を知っていたのかね?いやなるほど」

ダンブルドアはマルフォイが自分が指摘した事を聞いて思わず口を歪めた事には一切触れず自分がした質問に自分で答えたというわけなんですよね。

今日の最後に
スネイプはスラグホーンのクリスマス・パーティ会場にマルフォイがフィルチに連れられて来た際ケイティ・ベルのネックレス事件の事を「お粗末で愚かしいものだった」とそれはもう酷評の限りを尽くしていたんですよね。

それに対してマルフォイは自分はあの事件には一切関わっていない。別の人物がやった事と完全否定していました。しかし今回ダンブルドアに指摘された時には一転して自分がやらせた事だと認めたというわけなんですよね。

そしてスネイプの事を終始「あいつ」と呼び明日あいつが目を覚ました時には全部終わっていてあいつはもう闇の帝王のお気に入りじゃなくなるんだ。僕に比べればあいつは何者でもなくゼロになるとまで言ってみせました。

しかしダンブルドアに暗にいつになったら自分を殺害するんだと指摘されても口を歪ませるだけで一向に実行には踏み切れません。スネイプの事を「あいつ」呼ばわりし散々酷評の限りを尽くしてもなおできないんですよね。

情けないの極みというわけなんですよね。

<< セブルス・スネイプ語録集「謎のプリンス」編(23)(28回シリーズ)  TopPage  セブルス・スネイプ語録集「謎のプリンス」編(21)(28回シリーズ) >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2401-d07fd199




Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad