FC2ブログ
「僕には手に負えない!僕にはできないよハリー!」こう訴えるロンをハリーは懸命に励ましました。するとロンはようやく震える両手で剣を持ち上げ分魂箱を破壊しようとしました。しかし破壊されてなるものかとばかりに分魂箱は必死の抵抗を見せて来たのでした。それを見てロンは?(全3項目)

3-1.ロケットついに開く!
「僕には手に負えない!僕にはできないよハリー!」こう訴えるとロンはグリフィンドールの剣を脇に引きずり首を振りながら後退りしました。そんなロンに向かってハリーはこう言ってロンを励ましたというわけですよね。

「君にはできる。できるんだ!君はたった今剣を手に入れた。それを使うのは君なんだって事が僕には判るんだ。頼むからそいつをやっつけてくれロン」

最後に名前を呼ばれた事が刺激剤の役目を果たしたようでした。ロンはゴクリと唾を飲み込むと鼻からはまだ激しい息遣いが聞こえたものの岩のほうへと近づいて行きました。そしてロンはかすれ声でこう言ったんですよね。

「合図してくれ」

ハリーは「3つ数えたらだ」と言うとロケットを見下ろし目を細めて「S」の文字に集中して蛇を思い浮かべました。ロケットの中身は囚われたゴキブリのようにガタガタ動いています。首の切り傷はまだ焼けるように痛む。

そうでなかったら哀れみをかけてしまったかもしれない。そう思いながらハリーは3つ数えて最後に蛇語で「開け」と言いました。その一言はシューッと息が漏れるような唸り声でした。するとカチッと小さな音が鳴りました。

その音と共にロケットの金色の2つの蓋が開きました。2つに分かれたガラスケースの裏側で生きた目が1つずつ瞬いていました。細い瞳孔が縦に刻まれた真っ赤な眼になる前のトム・リドルのようにハンサムな黒い両眼でした。

ハリーはロケットが動かないように岩の上で押さえながら「刺せ」と言いました。ロンは震える両手で剣を持ち上げ切っ先を激しく動き回っている両眼へと向けました。すると分魂箱の最後の悪あがきが始まったんですよね。

3-2.分魂箱の必死の抵抗
ハリーはロケットをしっかりと押さえつけながら空っぽになった2つの窓から血が流れ出すのを早くも想像しながら身構えました。するとその時です。分魂箱から何と声が聞こえて来ました。分魂箱はこう言って来たのでした。

「お前の心を見たぞ。お前の心は俺様のものだ」

ハリーはロンに「聞くな!刺すんだ!」と厳しく言い渡しました。しかしヴォルデモートの分魂箱の金のロケットはむざむざこのまま破壊されてなるものかとばかりにロンに向かってこう言って来たというわけなんですよね。

「お前の夢を俺様は見たぞロナルド・ウィーズリー。そして俺様はお前の恐れも見たのだ。お前の夢見た望みは全て可能だ。しかしお前の恐れもまた全て起り得るぞ」

ハリーはその声を周りの木々に響き渡らせながら「刺せ!」と叫びました。しかしロンは剣の先を小刻みに震わせながらリドルの両眼をじっと見つめました。ロンがたじろいだのに気を良くしたのか分魂箱はこう言いました。

「母親の愛情がいつも一番少なかった。母親は娘が欲しかったのだ。今も愛されていない。あの娘はお前の友人のほうを好んだ。お前はいつも2番目だ。永遠に誰かの陰だ」

ハリーは再び「ロン刺せ。今すぐ!」と叫びました。押さえつけているロケットが激しく震えているのが判ってハリーはこれから起こるであろう事を恐れました。ロンは剣を一段と高く掲げました。するとその時の事でした。

リドルの両眼が真っ赤に光ったかと思うとロケットの2つの窓つまり2つの眼からグロテスクな泡のようにハリーとハーマイオニーの奇妙に歪んだ顔が吹き出して来ました。ロンは驚きギャッと叫んで後退りしてしまいました。

見る見る内にロケットから2つの姿が最初は胸がそして腰が両足が最後にはハリーとハーマイオニーの姿が1つの根から生える2本の木のように並んでロケットから立ち上がるとロンと本物のハリーの上でゆらゆらと揺れました。

ロケットが突然焼けるように白熱して熱くなったので本物のハリーは急いで指を引っ込めました。ハリーは「ロン!」と大声で呼びかけました。そのロンは催眠術にかかったように立ち上がった姿をじっと見つめていました。

「何故戻った?僕たちは君がいないほうが良かったのに幸せだったのにいなくなって喜んでいたのに。2人で笑ったさ君の愚かさを臆病さを思い上がりを」

相づちを打つようなリドル・ハーマイオニーの「思い上がりだわ!」の声が響き渡りました。破壊を阻止するための必死の抵抗というわけです。

3-3.リドル・ハリーにリドル・ハーマイオニー
分魂箱から立ち上がったハーマイオニーは本物よりもっと美しくしかも凄みがありました。ロンの目の前でそのハーマイオニーはゆらゆら揺れながら高笑いしました。ロンは剣を力なく脇にぶら下げ怯えた顔をしていました。

怯えた顔の一方でロンは目が離せずに金縛りになって立ちすくんでいました。リドル・ハリーに続いてリドル・ハーマイオニーもまたロンに向かって情け容赦ない言葉を浴びせかけて来ました。こんな言葉だったんですよね。

「あなたなんかに誰も目もくれないわ。ハリー・ポッターと並んだら誰があなたに注目するというの?選ばれし者に比べたらあなたは何をしたというの?生き残った男の子に比べたらあなたは一体何なの?」

ハリーは声を張り上げ「ロン刺せ。刺すんだ!」と言いましたがロンは動きません。大きく見開いた両目にリドル・ハリーとリドル・ハーマイオニーが映っています。2人の髪は炎の如くメラメラと立ち上がっていたのでした。

目は赤く光り2人の声は毒々しい二重奏を奏でていたのでした。リドル・ハリーはせせら笑いリドル・ハーマイオニーは嘲り笑っていました。今度はリドル・ハリーがロンに対し情け容赦ない言葉を浴びせかけて来たのでした。

「君のママが打ち明けたぞ。息子にするなら僕のほうが良かったのにって。喜んで取り替えるのにって」

するとリドル・ハーマイオニーが追い打ちをかけるようにこう言いました。そして口ずさむようにしてそう言うと蛇のように体を伸ばしました。リドル・ハリーに巻きついて強く抱き締めました。2人は唇を重ねたのでした。

「誰だって彼を選ぶわ。女なら誰があなたなんかを選ぶ?あなたはクズよクズ。彼に比べればクズよ」

宙に揺れるリドル・ハリーとリドル・ハーマイオニーの前で地上のロンの顔は苦悶に歪んでいました。震える両腕でロンは剣を高く振りかざしました。

今日の最後に
ロンはずっとずっと心に葛藤を抱えたままその事をハリーにもハーマイオニーにも打ち明けられずにいました。それは何故かしら自分の周りには極めて優秀な人が集まって来るというのに自分には秀でた能力がない事です。

長男のビルと三男のパーシーは首席で監督生でビルはグリンゴッツにそしてパーシーは魔法省に就職しました。次男のチャーリーは今はルーマニアでドラゴン使いをしています。フレッドとジョージもまた成績優秀でした。

そしてフレッドとジョージはダイアゴン横丁に悪戯専門店ウィーズリー・ウィザード・ウィーズを開店し店は大繁盛しています。そしてハーマイオニーも学年トップの成績でふくろう試験は1つを除いて全て「O・優」でした。

そしてハリーは言わずと知れた超有名人で数々の試練を乗り越えて来ましたし牡鹿の有体の守護霊を何と3年生の時に創り出せるようになりました。それなのにロンは人に胸を張って言える「これ」という事が全くありません。

時にアルバス・ダンブルドアはその人が決して他人に知られたくない事を一番知られたくない人に知らしめてしまうという残酷な仕打ちをする事があります。ハリーは5年生の時にセブルス・スネイプの課外授業を受けました。

ハリーはスネイプがダンブルドアから借りた「憂いの篩」を覗き込んでスネイプが決してハリーには知られたくない事実を知ってしまった事がありました。今回リドル・ハリーとリドル・ハーマイオニーが言った事もでした。

ロンが決してハリーには知られたくない事だったんですよね。だからロンはあそこまで激しく躊躇したのです。でもこれで私は良かったんだとそう思いますね。これでハリーとロンの間には隠し事が一切なくなったからです。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2471-97559b49