FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ようやくシリウスに出した手紙の返事が来たもののシリウスが帰って来るなどと言い出したがために心配事が増えてしまったハリーでしたが・・・一方授業はますます難しく苛酷になって来ました。特に「闇の魔術に対する防衛術」がそうでした。(全4項目)

4-1.再びシリウスへ・・・
翌朝早々と目が覚めたハリーは薄明かりの中で着替え談話室に戻ると即座にシリウス宛ての手紙を書いて「戻って来なくていいです」と急いでしたためるとヘドウィグに持たせました。

ヘドウィグは2週間以上かけて遠い所からはるばるシリウスの返事を持ち帰って来たのにハリーが素っ気無い態度を取ってしまったため相当怒っていましたが最終的にはハリーの手紙を持って行ってくれました。

一方「闇の魔術」の授業では驚くべきことにムーディが「服従の呪文」を全ての生徒に順番にかけて生徒がそれに抵抗できるかどうか?を試すと言い出しました。

同類であるヒトに対して使用することは違法だと訴えるハーマイオニーにムーディはダンブルドアの依頼で体験的におまえたちに教えるよう言われたのだと言って実行に踏み切りました。

こうして「その授業」は始まり呪いのせいでクラスメイトが次々と世にもおかしなことをするのをハリーは見ました。誰1人として抵抗できた生徒はいません。術を解かれた時初めて我に返るのでした。

そしてハリーの順番が巡って来ました。呪いをかけられると最高にすばらしい気分となり漠然とした幸福感だけが頭に残りました。

周りのみんなが自分を見つめていることを、ぼんやりと意識しながらその場に立っているとムーディが「机に飛び乗れ」と命令する声が聞こえて来ました。ハリーは膝を曲げ跳躍の準備をしました。

しかし!「待てよ。なぜ?」頭の中で別の声が目覚めました。なおも続くムーディの命令に再び別の声が「気が進まない。嫌だ、そんなこと」

ハリーが唯一ムーディのかけた「服従の呪文」に抵抗したのです!

4-2.当然のことですが・・・
そんなわけでムーディはハリーの力量を発揮させると言って続けて4回も練習させ、ついにはハリーが完全に呪文を破るところまで続けさせました。

どうしてダンブルドアがムーディに「こんな授業」をやらせたのか?というと当然ハリーがヴォルデモートと直接対決した時に備えてのことだったのは言うまでもありません。

そもそも今年度「闇の魔術」の教師にマッド・アイ・ムーディを起用したのはハリーの「服従の呪文」に抵抗する力を引き出すのが最大の目的だったんですね。
4-3.いよいよ両校の代表団が・・・
ハリーもロンも4年生になって宿題の量が明らかに増えていることに気づいていました。「魔法史」を教えるゴーストのビンズ先生は「子鬼の反乱」についてのレポートを毎週提出させたり・・・

フリットウィック先生は「呼び寄せ呪文」の授業に備えて3冊も余計に参考書を読むように命じたり、ムーディ先生も「服従の呪文」への抵抗について何か読めと言うのでした。

そうこうする内に10月も残り1週間余りとなり玄関ホールにボーバトンとダームストラング両校の代表団が10月30日に到着するという掲示が張り出されました。

それ以来ハリーがどこに行っても「三校対抗試合」の話で持ち切りでした。誰がホグワーツの代表選手に立候補するのか?試合はどんな内容か?両校の生徒は自分たちとどう違うのか?などなど・・・

城がことさら念入りに掃除され甲冑たちもピカピカになって動く時もギシギシ軋まなくなり各先生方も妙に緊張する中いよいよ10月30日の朝がやって来ました。

ジョージとハーマイオニーが屋敷しもべ妖精について熱い議論を戦わせていると、いつものようにふくろうたちがサーッと羽音を立てて大広間に入って来ました。

ハリーが急いで見上げるとヘドウィグがこちらに向かって飛んで来るのが見えました。するとハーマイオニーも話をするのをパッ!とやめました。

周りの様子を窺って安全なのを確かめるとハリーはシリウスの手紙をロンとハーマイオニーにヒソヒソ声で読んで聞かせました。シリウスの手紙にはこう書かれてありました。

無理するな、ハリー。
わたしはもう帰国して、ちゃんと隠れている。ホグワーツで起こっていることはすべて知らせてほしい。ヘドウィグは使わないように。次々に違うふくろうを使いなさい。わたしのことは心配せずに、自分のことだけを注意していなさい。君の傷痕についてわたしが言ったことを忘れないように。
(手紙全文)

4-4.この場面でのダンブルドア
両校の代表団を出迎えるために1年生を先頭に玄関ホールに整列した生徒と先生方でしたがボーバトンの代表団が近づいて来るのを最初に気づいたのは最後尾にいたダンブルドアでした。

ボーバトンの校長マダム・マクシームはハグリッドと3センチと違わないのではないかというほどの巨体の持ち主で後に半巨人だということが明らかになります。

翌年の夏休みにはヴォルデモートの復活を受けて再び巨人が闇の陣営につかないようにとマダム・マクシームとハグリッドがダンブルドア側の使者として巨人の所に赴くことになるのですが・・・

ダンブルドアが何故に「三大魔法学校対抗試合」を復活させたのか?といえばハグリッドとマダム・マクシームを引き合わせるためでもあったんですね。

つまりは来年のことをも視野に入れていたというわけです。

本日の最後に
この後引き続きダームストラングの代表団が到着して元死喰い人のカルカロフが「この学校」の校長として登場するわけですが・・・

この人(カルカロフ)を何故ホグワーツに呼び寄せたのか?といえばスネイプと共に腕に焼き付けられた「闇の印」の状態を把握・確認するためだったのではないかな?と私は思います。

本日の記事で取り上げたのは・・・
第4巻「炎のゴブレット」より第15章「ボーバトンとダームストラング」でした。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.