FC2ブログ

ハリポタ通の館(やかた)

ここではハリーポッター・シリーズに関する様々な情報や私の推測(妄想?)をお届けしています。毎週、日曜・月曜・水曜・木曜更新。

ハリーはクリスマス休暇明けからダンブルドア校長の肝煎りで閉心術という魔法を学ぶために何とスネイプの課外授業を受ける事になりました。ところがハリーはなかなか閉心術を習得する事ができずむしろ事態は悪化するばかりだったのですが・・・(全3項目)

3-1.スネイプが12番地に
そしてそれはクリスマス休暇の最終日の事でした。魔法チェスをしているハリーとロンの所にウィーズリーおばさんがやって来てハリーにスネイプが会いに来たとそう告げたんですよね。ハリーは恐怖で呆然としたのでした。

ハリーが厨房の扉を開けるとそこにはシリウスとスネイプがいました。2人は共に長テーブルに座り目を背けて反対方向を睨みつけていました。その場にはお互いの嫌悪感で重苦しい沈黙が流れていたというわけなんですよね。

「校長が君に伝えるようにと我輩をよこしたのだポッター。校長は来学期に君が閉心術を学ぶ事をお望みだ」

ハリーと向き合うとスネイプはハリーにこう告げました。スネイプの説明によれば「閉心術」とは外部からの侵入に対して心を防衛する魔法だそうです。世には知られていない分野の魔法ですが非常に役に立つんだそうです。

ハリーの心臓が急速に鼓動を始めました。自分はヴォルデモートに取り憑かれていないとみんなが認めた。そこでハリーは思わず何故自分がその閉心術とかいう魔法を学ばなくてはいけないのかとスネイプに質問をしました。

その問いにスネイプは何故ならダンブルドア校長がそうするのが良いとの考えだからだとさらりと答えました。1週間に一度個人教授を受ける。しかし誰にも言うな。特にドローレス・アンブリッジにはとの事なんだそうです。

そこでハリーは「はい」と応えたその後に「誰が教えてくださるのですか?」と訊きました。するとスネイプは眉を吊り上げ「我輩だ」と答えました。ハリーは腸が溶けて行くような恐ろしい感覚に襲われたというわけです。

スネイプと課外授業。こんな目に遭うなんて自分は何をしたって言うんだ?ハリーは助けを求めてシリウスを見ました。シリウスはどうしてダンブルドアが教えないんだ。何で君なんだとスネイプに食ってかかったのでした。

「多分あまり喜ばしくない仕事を委譲するのは校長の特権なのだろう。言っておくが我輩がこの仕事を懇願したわけではない」

こう答えるとスネイプは立ち上がり月曜日の夕方6時に自分の研究室に来るのだとハリーに告げました。誰かに訊かれたら「魔法薬」の補習だと言えとの事です。こうしてハリーはスネイプの課外授業を受ける事になりました。

3-2.スネイプの課外授業
翌日ハリーを含めた在校生一同はルーピンとトンクスの護衛付きで「夜の騎士(ナイト)バス」でホグワーツに帰りました。ルーピンと一同は校門前で握手を交わし最後にハリーの番が来てルーピンはハリーにこう言いました。

「ハリー、君がスネイプを嫌っているのは知っている。だがあの人は優秀な閉心術士だ。それに私たち全員がシリウスも含めて君が身を護る術を学んで欲しいと思っている。だから頑張るんだ。いいね?」

ハリーはルーピンの顔を見ながら「うん判りました」と重苦しく答えました。そして問題の月曜日になってハリーはその日の一日中ほとんどを晩の事を恐れて過ごしました。午前中は二時限続きの「魔法薬学」の授業でした。

スネイプはいつも通りにいやらしくハリーの怯えた気持ちを和らげるのには全く役に立ちませんでした。しかもDAのメンバーが授業の合間に廊下で入れ替わり立ち替わりやって来ては今夜会合はないのかと訊いて来るのです。

その日ハリーはチョウ・チャンとバレンタインデーにデートに行く約束をしました。しかしそんなうれしい輝かしさも不吉な気持ちを明るくしてはくれませんでした。スネイプの研究室に向かう一歩毎に不吉さが募りました。

研究室に辿り着くとハリーは扉の前に立ち止まりここ以外ならどこでも行くのにと思いました。それから深呼吸をすると扉をノックしてハリーは部屋に入りました。そこでハリーの目を引いたのは「憂いの篩」だったのです。

一体何のためにあるのだろうと訝っていたハリーはスネイプが冷たく薄暗がりの中から扉を閉めるのだと言って来たため飛び上がったのでした。ハリーは言われた通りにしました。まるで自分自身を牢に閉じ込めたようです。

そのためハリーはぞっとしました。ハリーが部屋の中に戻るとスネイプは明るい所に移動していました。そして机の前にある椅子を黙って指しました。ハリーは座りスネイプも腰を下しました。こうして2人は向き合いました。

ここでスネイプはハリーの質問に答える形で何故ハリーが閉心術を学ばなくてはならないのかの説明をしました。ここでハリーが知らされたのが闇の帝王ことヴォルデモートは開心術に長けているという事だったんですよね。

ヴォルデモートは誰かが嘘をつくとほとんど必ず見破る。そのため閉心術に長けた者だけが自分が言っている事は実は嘘だという感情も記憶も閉じ込める事ができヴォルデモートの前でたとえ虚偽を口にしても見破られない。

それならダンブルドアは何故ハリーにそれを辞めさせたいのか?ハリーは蛇がアーサー氏を襲うのを見た。もしハリーがそれを見なかったらダンブルドアはアーサー氏を助けられなかった。自分とてこんなのは好きじゃない。

でも役に立ったじゃないですか?こう問うハリーにスネイプはこう答えました。どうやらヴォルデモートはハリーとの間のこの絆に気がついていなかったらしい。今まではハリーのみがヴォルデモートと感情を共有していた。

しかしクリスマス直前にハリーが見たのはヴォルデモートの思考にあまりに深く侵入したのでヴォルデモートは今やハリーとの間に築かれたこの絆の事を知っている。だからハリーは閉心術を学ばなくてはならないそうです。

話が前後しますがヴォルデモートは相当遠くにいるがハリーが1才の時に殺害し損ねた際何らかの絆を創り出し通常の原則がどうやらハリーには当て嵌まらない。それがためにハリーは閉心術を学ばなくてはならないそうです。

3-3.初めての成果
こうしてダンブルドア校長の肝煎りでクリスマス休暇明けから始まったハリーが閉心術を習得するためのスネイプの課外授業だったのですが進捗状況は到底順調には程遠い有り様でむしろ毎回下手になって行くようでした。

スネイプの課外授業が始まる前は額の傷痕が痛むといっても時々でしたし大抵は夜でした。あるいはヴォルデモートの考えている事や気分が時折閃くという奇妙な経験の後に痛みました。ところが近頃はそれが変わりました。

ほとんど絶え間なくちくちくと痛みました。さらにはある時点でハリーの身に起こっている事とは無関係に頻繁に感情が揺れ動いて苛立ったり楽しくなったりしました。そういう時には必ず額の傷痕に激痛が走ったのでした。

何だか徐々にヴォルデモートのちょっとした気分の揺れに波長を合わせるアンテナになって行くような気がしてハリーはぞっとしました。こんなに感覚が鋭くなったのはスネイプの課外授業が始まってからだったんですよね。

加えてハリーは毎晩のように「神秘部」の入口に続く廊下を歩く夢を見るようになっていました。夢はいつも真っ黒な扉の前で何かを渇望しながら立ち尽くす所で頂点に達するのです。ハーマイオニーはこういう意見でした。

「多分病気の場合とおんなじじゃないかしら。熱が出たりなんかするじゃない。病気は一旦悪くなってから良くなるのよ」

これにハリーは「スネイプとの練習のせいでひどくなっているんだ。傷痕の痛みはもう沢山だ。毎晩あの廊下を歩くのはもううんざりして来た」ときっぱりと言うといまいましげに額を擦るとこう言ったというわけですよね。

「あの扉が開いてくれたらなあ。扉を見つめて立っているのはもう嫌だ」

するとハーマイオニーはダンブルドアはハリーに廊下の夢なんか見ないで欲しいからスネイプに閉心術を教えるよう頼んだのだからもう少し一生懸命練習しなくてはならないと言いました。それにハリーはこう反論しました。

「ちゃんとやってるよ!君も一度やってみろよ。スネイプが頭の中に入り込もうとするんだ。楽しくてしょうがないってわけには行かないだろ!」

そんなスネイプとの課外授業でしたがスネイプが一度だけ「今のは確実に進歩だ」と言わしめた時がありました。それはルーナのお父さんが発行する雑誌「ザ・クィブラー」にハリーのインタビュー記事が載った直後でした。

ハリーが自分の杖を上げて「プロテゴ!護れ!」と唱えた時でした。その時には何故かスネイプの姿がはっきり見えました。スネイプはよろめきました。スネイプの杖が上に吹き飛んでハリーから逸れました。するとでした。

ハリーの頭は自分のものではない記憶で満たされました。鉤鼻の男が縮こまっている女性を怒鳴りつけ隅のほうでは小さな黒い髪の男の子が泣いています。脂っこい髪の十代の少年が暗い寝室にぽつんと座っていたのでした。

杖を天井に向けて蠅を撃ち落としています。痩せた男の子が乗り手を振り落とそうとする暴れ箒に乗ろうとしているのを女の子が笑っています。ハリーが見たのはスネイプの過去の記憶の数々だったというわけなんですよね。

「君に盾の呪文を使えと教えた憶えはないが。確かに有効だった」

スネイプはハリーにこう言ったのでした。

最後に
あまり喜ばしくない仕事を委譲するのは校長の特権なのだろう。グリモールド・プレイス12番地にやって来て何故ダンブルドアではなく自分がハリーに閉心術を教えるのかの理由を問われた時スネイプはこう答えましたよね。

もちろん自分が大嫌いなジェームズ・ポッターにそっくりのハリーに個人教授を施すなど我慢がならないというのもあるんですがそれならスネイプはダンブルドアが教えないのは校長の特権などとは言わないと私は思います。

ダンブルドアにとってハリーはお気に入りの生徒だからです。スネイプがハリーに閉心術を教える仕事を「喜ばしくない仕事」と言ったのはハリーが開心術に長けていてスネイプもダンブルドアもそれを知っているからです。

私はそう思いますね。もしもハリーに呪文を撥ね返されて自分の頭の中の記憶を覗き込まれたら他の人よりも深い奥底までも覗き込まれてしまう。その事があったのでスネイプはハリーに閉心術を教える仕事を嫌ったのです。

だから「これだけは見られたくない」という記憶をダンブルドアから「憂いの篩」を借りて移し替えていたというわけなんですよね。でも最後にはハリーに見られてしまうという最悪の展開が待ち受けていたというわけです。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アナログ時計(黒)

プロフィール

トキメキぼーい

管理人:トキメキぼーい
当サイトのポリシー
継続は力なり!
我が道を行く!

好きな作家
J.K.ローリング
北杜夫
江戸川乱歩
二ノ宮知子
椎名軽穂
羽海野チカ
荒川弘、他

好きな作曲家
ショスタコーヴィチ
メンデルスゾーン
ニールセン、他多数

好きな歌い手
遊佐未森
小田和正
スピッツ
他これもまた多数

愛知県名古屋市在住
血液型O型

トラックバックは
承認制にしました。

コメントも
承認制にしました。

毎週
日曜
月曜
水曜
木曜日更新

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright ©ハリポタ通の館(やかた). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.