FC2ブログ
ハリーは居間の外の花壇に寝転んで7時のニュースを聞いていました。ところが「バシッ」という音が響き渡った事がきっかけでダーズリー夫妻に見つかってしまいました。そのためしばしの間ハリーはバーノン叔父さんにペチュニア叔母さんと押し問答をする羽目になってしまったのでした。(全3項目)

3-1.押し問答に
バーノン叔父さんはレースのカーテン越しに睨みつけている向かいの7番地の奥方に手を振りながら大声で「気持ちのよい夜ですな!」と挨拶をすると続けてあの音は我が家が出した音ではないとばかりにこう言ったのでした。

「今しがた車がバックファイアしたのをお聞きになりましたか?わしもペチュニアもびっくり仰天で!」

詮索好きのご近所の顔があちらこちらの窓から全員引っ込むまで叔父さんは狂気じみた恐ろしい顔でにっこり笑い続けました。それから笑顔が一転して怒りのしかめ面に変わるとハリーを手招きしたというわけなんですよね。

ハリーは数歩近寄りましたが叔父さんが両手を伸ばして再び首締めに取り掛からないように用心し距離を保って立ち止まりました。叔父さんは怒りで声を震わせながらハリーに向かってこうがなり立てたというわけですよね。

「小僧一体全体あれは何のつもりだ?」

ハリーは「あれって何のこと?」と冷たく訊き返しました。通りの左右に目を走らせハリーはあのバシッという音の正体が見えるかもしれないとまだ期待していました。叔父さんはあくまでもハリーだと思っているようです。

「よーいドンのピストルのような騒音を出しおって。我が家のすぐ前で」

叔父さんがまだ言葉を言い終わらない内にハリーは「あの音を出したのは僕じゃない」ときっぱり言いました。すると今度は叔母さんが叔父さんの隣にひどく怒った顔で現れました。そしてハリーに向かってこう言いました。

「お前はどうして窓の下でこそこそしていたんだい?」

すると叔父さんは「そうだ。ペチュニアいい事を言ってくれた!」と言いハリーに「小僧。我が家の窓の下で何をしとった?」と問い詰めて来たのでハリーはしかたなく「ニュースを聞いてた」とそう答えたというわけです。

叔父さんと叔母さんは顔を見合せました。そして叔父さんが「ニュースを聞いてただと!またか?」と言ったのでした。

3-2.プリベット通りを歩きながら
ハリーは「だってニュースは毎日変わるもの」と答えました。それに叔父さんは「小僧。わしをごまかす気か!何を企んでおるのか本当の事を言え」と言った後にこうも言いました。ハリーの言う事は嘘というわけですよね。

「ニュースを聞いてたなんぞ戯言は聞き飽きた!お前にははっきりわかっとるはずだ。あの輩は」

またも言葉の途中で今度は叔母さんが「バーノン駄目よ!」と囁きました。叔父さんは声を落としてハリーに聞き取れないほどになって叔父さんは「あの輩の事はわしらのニュースには出て来ん!」と言葉を言い終えました。

それにハリーは「叔父さんの知ってる限りではね」と応えました。ダーズリー夫妻はほんのちょっとの間ハリーをじろじろ見ていました。やがて今度は叔母さんが口を開くとハリーに向かってこう言ったというわけですよね。

「お前って子は嫌な嘘つきだよ。それじゃああの」

叔母さんもここで声を潜めてハリーはほとんど読唇術で続きの言葉を読み取らなくてはなりませんでした。叔母さんはハリーに「ふくろうたちは何してるんだい?お前にニュースを運んで来ないのかい?」と訊いて来ました。

これを聞き叔父さんは「はっはーん!参ったか小僧!お前らのニュースは全てあの鳥どもが運んで来るという事ぐらいわしらが知らんとでも思ったか!」と勝ち誇ったように囁きました。そう言われハリーは一瞬迷いました。

ここで本当の事を言うのはハリーにとって辛い事です。もっともそれを認めるのがハリーにとってどんなに辛いのかはダーズリー夫妻には分りはしないんですよね。ハリーは無表情な声でこう言ったというわけなんですよね。

「ふくろうたちは僕にニュースを運んで来ないんだ」

これに叔母さんは「信じないよ」と即座に言い叔父さんも「わしもだ」と力んで言いました。そしてさらに叔父さんは「お前がへんてこりんな事を企んでるのは判ってるんだよ。わしらは馬鹿じゃないぞ」と言ったのでした。

あくまでもハリーが「ニュースを聞きたい」と言っているのは嘘で何か別の企みがあるとダーズリー夫妻はそう思っているというわけです。そんなダーズリー夫妻にハリーは「あ。それこそ僕にはニュースだ」と言いました。

ハリーは気が立っていました。ハリーはダーズリー夫妻が呼び止める間も与えずくるりと背を向けると前庭の芝生を横切って低い塀を跨ぐと大股で通りを歩き出しました。厄介な事になったとハリーには判っていたのでした。

後で2人と顔を合わせた時に無礼のつけを払う事になる。しかし今はあまり気にはなりませんでした。ハリーの頭にはもっと差し迫った問題のほうが引っかかっていたからでした。それは先程の「バシッ」という音の事でした。

あの音は誰かが「姿現わし」か「姿くらまし」をした音に違いない。ハリーはかつて屋敷しもべ妖精のドビーが姿を消す時あの「バシッ」という音を聞いた事がありました。もしやドビーがここプリベット通りにいるのか?

今この瞬間にドビーが自分を追けているなんて事があるのだろうか?そう思いついた途端にハリーは突然後ろを振り返ってプリベット通りをじっと見つめました。しかし通りには人の気配は全くないように見えたんですよね。

それにドビーが透明になる方法を知らないのは確かでした。ハリーはどこを歩いているのかの意識をほとんどせずに歩き続けました。最近は頻繁にこのあたりを行き来していたので足が勝手に気に入った道へと運んでくれる。

数歩歩く毎にハリーは背後を振り返りました。枯れかけたベゴニアの花の中に横たわっていた時自分の近くに魔法界の誰かがいたのは間違いない。何故話しかけて来なかった?何故接触して来ない?数々の疑問が湧きました。

どうして今も隠れているんだ?ところが苛立ちが最高潮に達すると確かだと思っていた事が崩れて来るのです。結局あれは魔法の音ではなかったのかもしれない。ほんの少しでいいから魔法界からの接触が欲しいと願った。

そのあまりに至極当たり前の音に過剰反応してしまっただけなのかもしれない。近所の家で何かが壊れた音だったのかもしれない。そうではないと自信を持って言い切れるのか?ハリーは胃に鈍い重苦しい感覚を覚えました。

3-3.募るハリーの不満
知らず知らずの内にこの夏中ずっとハリーを苦しめて来た絶望感がまたしても押し寄せて来ました。明日もまた目覚まし時計で5時に起こされるだろう。それは「日刊予言者新聞」を配達して来るふくろうに金を払うためです。

しかし購読を続ける意味があるのだろうか?近頃ハリーは一面記事に目を通すとすぐに新聞を捨ててしまうのです。新聞を発行している間抜けな連中はいつになったらヴォルデモートが戻って来た事に気がつくのだろうか?

いつ大見出しに謳うのだろうか?ハリーはその記事だけ気にしていました。運が良ければ他のふくろうがロンやハーマイオニーからの手紙も運んで来る。もっとも2人が届ける手紙もハリーの欲しい情報をもたらさないのです。

2人の手紙がハリーに何かニュースをもたらすかもしれないという期待はとうの昔に打ち砕かれていたのでした。とある日にハーマイオニーから届いた手紙にも「例のあの事についてはあまり書けないの」と綴られていました。

何でも当然だけど手紙が行方不明になる事も考えて重要な事は書かないようにと言われているのだそうです。2人はとても忙しくしているものの詳しい事は書けないんだそうです。随分と色んな事が起こっているとの事でした。

それは会った時に全部話すそうです。しかしその手紙を読んでハリーは「でもいつ僕に会うつもりなのだろう?」と思いました。はっきりとした日付けは誰も気にしていないじゃないかとハリーはそう思ったというわけです。

ハーマイオニーは誕生祝いのカードに「私たちもうすぐ会えると思うわ」と走り書きして来ました。でももうすぐっていつなんだとハリーは思いました。2人の手紙の漠然としたヒントから察して思い当たる事がありました。

どうやらハーマイオニーとロンは同じ場所にいるらしい。多分「隠れ穴」だろう。自分がプリベット通りに釘づけになっているのに2人が「隠れ穴」で楽しくやっていると思うとやり切れないとハリーはそう思ったのでした。

実はあんまり腹が立ったのでハリーは誕生日に2人が贈ってくれたハニーデュークスのチョコレート2箱を開けもせずに捨ててしまいました。その夜の夕食に叔母さんが萎びたサラダを出したのでハリーは後悔をしたのでした。

それにロンもハーマイオニーも何が忙しいのだろうとハリーは思いました。どうして自分は忙しくないのだろうと同時に思いました。2人よりも自分のほうがずっと対処能力があるのは証明済みだからというわけなんですよね。

自分のした事をみんなは忘れてしまったのだろうか?あの墓地でセドリックが殺害されるのを目撃し墓石に縛りつけられて死にかかったのは自分じゃないかとハリーはそう思いました。そんな時ハリーは一体どうしたのか?

ハリーはこの夏休みに入ってからもう何百回も「考えるな」と自分に厳しく言い聞かせて来ました。墓場での事は悪夢の中で繰り返すだけで十分だ。目覚めている時にまで考え込まなくていいとハリーはそう思ったのでした。

ハリーは角を曲がってマグノリア・クレセント通りの小道に入りました。小道の中程でガレージに沿って延びる狭い路地の入口の前を通りました。ここはハリーが名付け親のシリウスに初めて目を止めた所だったんですよね。

今日の最後に
バーノン叔父さんはハリーに「あの輩の事はわしらのニュースには出て来ん!」と言いました。それに対してハリーは「叔父さんの知ってる限りではね」と反論しました。ハリーの念頭にはシリウスの事があったんでしょう。

それはハリーが3年生の時でした。魔法大臣コーネリウス・ファッジがマグルの首相に伝えてハリーの名付け親のシリウスが脱獄した事がマグルのテレビのニュースで報道されたのでした。叔父さんもハリーもそれを見ました。

当サイトでは「実はペチュニア叔母さんはシリウスが何者なのかを知っていた」という見解です。後の巻でペチュニア叔母さんはホグワーツに旅立つリリーを見送るためキングス・クロス駅に来た事が明らかになっています。

それならばシリウスは何せリリーの夫の無二の親友なのですからニュースを見て「シリウス・ブラックってあのシリウスなの?」とハリーやバーノン叔父さんそれに息子のダドリーとは全く違う感情を抱いていたんですよね。

シリウスの事があるからこそハリーは「魔法界に関連したニュースが流れるかもしれない」とそう思ってテレビのニュース番組の内容をチェックしていたというわけなんですよね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2505-c51d8e6f