FC2ブログ
取り巻きのダドリー軍団が消えた後ハリーはダドリーと並んで帰路につきました。当初はハリーがダドリーをからかって挑発しダドリーが自制心を総動員するという構図になっていましたがダドリーが反撃に打って出て来ました。ところがそこに突如として異変が起きたのでした。一体それは?(全3項目)

3-1.ダドリーと歩きながら
ビッグDなんてかっこいい名前だ。だけど僕にとっちゃ君はいつまで経ってもちっちゃなダドリー坊やだな。ハリーがこう言ってからかって来るのでダドリーは拳を握って「黙れって言ってるんだ!」と言ったというわけです。

ハリーが「あの連中はママが君をそう呼んでいるのを知らないのか?」と問うのに対してダドリーはまたも「黙れよ」と言葉を返しました。そんなダドリーに向かってハリーはさらにこう言って挑発したというわけですよね。

「ママにも黙れって言えるかい?かわい子ちゃんとかダディちゃんなんてのはどうだい?じゃあ僕もそう呼んでいいかい?」

ダドリーは黙っていました。ハリーを殴りたいのを我慢するのに自制心を総動員しているようです。そこで今度はハリーは戦術を変えてニヤニヤ笑いを止めながらダドリーに向かってこう問いかけたというわけなんですよね。

「それで今夜は誰を殴ったんだい?また10才の子か?一昨日の晩マーク・エバンズを殴ったのは知ってるぞ」

ダドリーは唸るように「あいつがそうさせたんだ」と答えハリーが「へーそうかい」と言うとダドリーは「生言いやがった」と言いました。それにハリーはこう言葉を返しました。これもやはり挑発の言葉だったんですよね。

「そうかな?君が後ろ足で歩く事を覚えた豚みたいだとか言ったかい?そりゃダッド生意気じゃないな。本当だもの」

ダドリーの顎の筋肉がひくひく痙攣しました。ダドリーをそれだけ怒らせたと思うとハリーは大いに満足でした。鬱憤を唯一の捌け口のダドリーに注ぎ込んでいるような気がしました。2人は角を曲がって狭い路地に入りました。

そこはハリーがシリウスを最初に見かけた場所でマグノリア・クレセント通りからウィステリア・ウォークへの近道になっていました。路地には人影もなく街灯がないので路地の両端に伸びる道よりずっと暗かったのでした。

路地の片側はガレージの壁でもう片側は高い塀になっていてその挟間に足音が吸い込まれて行きました。すると今度は一呼吸置いてダドリーがハリーに話しかけて来ました。ダドリーはハリーにこう問いかけて来たのでした。

「あれを持ってるから自分は偉いと思ってるんだろう?」

3-2.ダドリーと言い合いに
ハリーが「あれって?」と訊き返すとダドリーは「あれ。お前が隠しているあれだよ」と言いました。ハリーはまたニヤッと笑うとダドリーに向かってこう言ったのでした。それはまたしても挑発する言葉だったんですよね。

「ダド見かけほど馬鹿じゃないんだな?歩きながら同時に話すなんて芸当は君みたいな馬鹿面じゃできないと思ったけど」

ハリーは杖を引っ張り出しました。ダドリーはそれを横目で見ました。そしてすぐさま「許されてないだろ。知ってるぞ。お前の通ってるあのへんちくりんな学校から追い出されるんだ」と言いましたがハリーも負けません。

「学校が校則を変えたかもしれないだろう?ビッグD?」

これにダドリーは「変えてないさ」と言ってはみたもののその声は自信たっぷりとは言えませんでした。ハリーはそんなダドリーを見て笑いましたがダドリーはそんなハリーに歯を剥いてこう言ったというわけなんですよね。

「お前なんかそいつがなけりゃ俺にかかって来る度胸もないんだ。そうだろう?」

これにハリーは「君のほうは4人の仲間に護衛して貰わなきゃ10才の子供を打ちのめす事もできないんだ」と言い返しました。さらに続けてダドリーが最近始めたボクシングについてこう悪意に満ちた言葉を投げかけたのです。

「君が散々宣伝してるほらボクシングのタイトルだっけ?相手は何歳だったんだい?7つ?8つ?」

このハリーの問いにダドリーは「教えてやろう。16だ」と答えました。それにダドリーがやっつけた後20分も気絶していたんだそうです。しかもその相手はハリーの2倍も重かったそうです。続けてダドリーはこう言いました。

「お前が杖を取り出したってパパに言ってやるから覚えてろ」

これにハリーは「今度はパパに言いつけるのかい?パパの可愛いボクシング・チャンピオンちゃんはハリーの凄い杖が怖いのかい?」と言葉を返しました。ダドリーはそんなハリーをこう言って嘲ったというわけですよね。

「夜はそんなに度胸がないくせに。そうだろう?」

こう言うダドリーにハリーは「もう夜だよ。ダッド坊や。こんな風にあたりが暗くなると夜って呼ぶんだよ」と相変わらずのからかい口調で言いました。するとダドリーは「お前がベッドに入った時の事さ!」と凄みました。

ダドリーの顔からほんの僅かに読み取れる表情は奇妙に勝ち誇っていました。ハリーはさっぱりわけが分りませんでした。何の事を言っているんだというわけです。そこでハリーはダドリーにこう問いかけたというわけです。

「僕がベッドでは度胸がないって何を言ってるんだ?僕が何を怖がるっていうんだ?枕か何かかい?」

3-3.突然真っ暗闇に
ダドリーは息を弾ませ「昨日の夜聞いたぞ。お前の寝言を。呻いてたぞ」と言ってハリーは「何を言ってるんだ?」と繰り返しました。しかし胃袋が落ち込むようなひやりとした感覚が走りました。あの夢を見ていたのです。

昨夜ハリーはあの墓場に戻った夢を見ていたのです。ダドリーは吠えるような耳障りな笑い声を上げてそれから甲高い声で口真似をしました。ハリーが見ていたのはセドリック・ディゴリーが殺害される夢だったんですよね。

「セドリックって誰だ?お前のボーイフレンドか?」と訊くダドリーにハリーは君は嘘をついていると反射的に答えたものの口の中は乾き切っていました。ダドリーが嘘をついていない事がハリーには判っていたからでした。

嘘でダドリーがセドリックの事を知っているはずがないからです。自分の口真似を続けるダドリーにハリーは「黙れ!黙れダドリー。さもないと!」と低い声で言うとダドリーに杖を向けダドリーはハリーにこう言いました。

「そいつを僕に向けるな!」

ダドリーは路地の壁際まで後退りしました。ハリーは杖をまっすぐダドリーの心臓に向けていました。ダドリーに対する14年間の憎しみが脈打つのをハリーは感じていました。今ダドリーをやっつけられたらどんなにいいか。

徹底的に呪いをかけてダドリーに触角を生やし口も利けない虫けらのように家まで這って帰らせたい。今度はハリーが「その事は二度と口にするな。判ったか?」と凄む番でした。そんなハリーにダドリーはこう言いました。

「そいつをどっか他の所に向けろ!」

しかしハリーはそれでは自分に対する答えになっていないとばかりに「聞こえないのか?判ったかって言ってるんだ」と言いましたがダドリーは「そいつを他の所に向けろ!」と同じ言葉を繰り返すばかりだったんですよね。

ところがここでダドリーが冷水を浴びせられたかのように奇妙な身の毛のよだつ声を上げて息を呑みました。何かが夜を変えました。星を散りばめた群青色の空が突然光を奪われて真っ暗闇になってしまったというわけです。

星も月も路地の両端にある街灯の明かりも消え去りました。遠くに聞こえた車の音も木々の囁きも途絶えました。とろりとした宵が突然突き刺すように身を切るように冷たくなりました。まるで2人に目隠しをしたかのようです。

巨大な手が分厚い冷たいマントを落とし路地全体を覆ったかのようでした。一瞬ハリーはそんなつもりはなく必死で我慢していたのに魔法を使ってしまったのかとそう思いました。しかしやがて理性が感覚に追いつきました。

自分には星を消す力はない。

今日の最後に
ハリーのダドリーに対する物言いは「そこまで言うかい?」というぐらいにえげつなくて凄まじいですね。しかしダドリーのハリーの杖に対する恐怖心もまた「そこまで怖いかい?」というぐらい半端ないといった感じです。

ハリーはこの4年間に種々形を変えて何度もヴォルデモートと対決して来ました。そのため数々の修羅場をくぐり抜けて来たので精神的な成長の度合いは同年代の15才よりも高いと私はそう思いますね。だからというわけです。

ハリーから見ればダドリーは今でも「ちっちゃなダドリー坊や」というわけです。ダドリーはハリーに「お前が杖を取り出したってパパに言ってやるから覚えてろ」と言いました。私はとても子供っぽい発言だと思いますね。

それはやはりダドリーが両親が揃っているという境遇が成せる技だと私はそう思いますね。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2507-0b563486