FC2ブログ
年寄りのフィッグばあさんでは到底無理なのでハリーが申し出てダドリーはハリーが担ぎ上げて自宅に運ぶ事になりました。その途中でマンダンガス・フレッチャーが現れてダンブルドアに知らせる事になりました。そしてようやくハリーは自宅のプリベット通り4番地に到着したのですが・・・(全3項目)

3-1.マンダンガスが知らせに
どうにも身の置き場がないような様子でマンダンガスは何せいい商売のチャンスだったもんでなどと言い訳をしましたがフィッグばあさんは手提げ袋を抱えた腕を振り上げマンダンガスの顔と首のあたりを張り飛ばしました。

「痛え。やーめろ。やーめろ。このくそ婆あ!誰かダンブルドアに知らせねえと!」

フィッグばあさんは缶詰入り手提げ袋をぶん回してどこもかしこもお構いなしにマンダンガスを打ちました。それからマンダンガスに向かって「その。通り。だわい」と言ったその後にこうも言ったというわけなんですよね。

「それに。お前が。知らせに。行け。そして。自分で。ダンブルドアに。言うんだ。どうして。お前が。その場に。いなかったのかって!」

マンダンガスは身をすくめて腕で顔を覆いながら「とさかを立てるなって!行くから。俺が行くからよう!」と言いました。そして再び「バシッ」と音がしてマンダンガスの姿が消えフィッグばあさんはこう言ったのでした。

「ダンブルドアがあいつを死刑にすりゃいいんだ!」

フィッグばあさんは怒り狂っていてハリーに向かって「さあハリー早く。何をぐずぐずしてるんだい?」と言いました。ハリーは大荷物のダドリーを抱えていて歩くのがやっとと言いたかったのですが言わない事にしました。

既に息絶え絶えだったので息の無駄使いはしない事にしたのです。半死半生のダドリーを揺すり上げよろよろとハリーは前進しました。プリベット通りに入るとフィッグばあさんはハリーに「戸口まで送るよ」と言いました。

そしてフィッグばあさんはしゃべり続けました。連中がまだその辺にいるかもしれん。ああ全く。何てひどいこった。そいでお前さんは自分で奴らを撃退しなきゃならなかった。さらにフィッグばあさんはこうも言いました。

「そいでダンブルドアはどんな事があってもお前さんに魔法を使わせるなってあたしらにお言いつけなすった。まあこぼれた魔法薬盆に帰らずってとこか。しかし猫の尾を踏んじまったね」

3-2.帰宅すると4番地は大騒ぎに
ハリーは喘ぎながら「それじゃ。ダンブルドアは。ずっと僕を。追けさせてたの?」と訊きフィッグばあさんは「もちろんさ。ダンブルドアがお前さんを1人でほっつき歩かせると思うかい?」と答えさらにこう言いました。

「6月にあんな事が起こった後で?まさかあんたもう少し賢いかと思ってたよ。さあ。家の中に入ってじっとしてるんだよ。誰かがまもなくあんたに連絡して来るはずだ」

急き込んで問いに答えたフィッグばあさんにハリーも急いで「あばあさんはどうするの?」と訊くとフィッグばあさんは「あたしゃまっすぐ家に帰るさ」と暗闇をじっと見回して身震いしながら言うとさらにこう言いました。

「指令が来るのを待たなきゃならないんでね。とにかく家の中にいるんだよ。お休み」

ハリーは「待って。まだ行かないで!僕知りたい事が」と言いましたがフィッグばあさんはスリッパをパタパタ手提げ袋をカタカタ鳴らしてもう小走りに駆け出していてハリーは追いすがるように「待って!」と叫びました。

ダンブルドアと接触のある人なら誰でもいいから訊きたい事がごまんとありました。しかしあっという間にフィッグばあさんは闇に呑まれて行ってしまいました。ハリーはダドリーを背負い直すとゆっくり歩いて行きました。

4番地の庭の小道を進んで行くと玄関の明かりは点いていました。ハリーは杖をジーンズのベルトに挟み込んでベルを鳴らすとペチュニア叔母さんがやって来るのを見ていました。叔母さんの輪郭が段々大きくなって来ました。

「ダドちゃん!遅かったわね。ママはとっても。とっても。ダドちゃん!どうしたの?」

ハリーは横を向いてダドリーを見ました。そしてダドリーの腋の下からさっと身を引きました。間一髪ダドリーは一瞬ぐらりとしました。顔は青ざめていました。そしてダドリーは口を開けると玄関マットに嘔吐をしました。

「ダドちゃん!ダドちゃんどうしたの?バーノン?バーノン!」

叔母さんに名前を呼ばれてバーノン叔父さんが居間から出て来ました。興奮した時の常で口髭をあっちにゆらゆらこっちへゆらゆらさせながら叔父さんは叔母さんを助けに急ぎ叔母さんもダドリーを助けようとしていました。

叔母さんは嘔吐物の海に足を踏み入れないようにしながらぐらぐらしているダドリーを何とかして玄関に上げようとしていました。叔母さんは叔父さんに「バーノンこの子病気だわ!」と訴え叔父さんはこう言ったのでした。

「坊主どうした?何があった?ポルキスの奥さんが夕食に異物でも食わせたのか?」

その一方叔母さんは「泥だらけじゃないの。坊やどうしたの?地面に寝転んでたの?」と言い叔父さんは「待てよ。チンピラにやられたんじゃあるまいな?え?坊主」と言ってそれを聞いて叔母さんは悲鳴を上げたのでした。

「バーノン警察に電話よ!警察を呼んで!ダドちゃん。かわい子ちゃん。ママにお話して!チンピラに何をされたの?」

てんやわんやの大騒ぎで2人ともハリーに気づかないようでした。そのほうが好都合とハリーは思いました。ハリーは叔父さんが扉を閉める直前に家の中に滑り込みました。ダーズリー一家は台所に向かって前進していました。

ダーズリー一家が騒々しく前進している間ハリーは慎重にこっそりと階段に向かいました。叔父さんはダドリーに「坊主誰にやられた?名前を言いなさい。捕まえてやる。心配するな」と言い叔母さんはこう言ったのでした。

「しっ!バーノン何か言おうとしてますよ!ダドちゃんなあに?ママに言ってご覧!」

3-3.ハリーも台所へ
その時ハリーは階段の一番下の段に足を掛けていました。ダドリーが声を取り戻し「あいつ」と言ってハリーは階段に足をつけたままで凍りつき顔をしかめると爆発に備え身構えました。叔父さんがハリーにこう言いました。

「小僧!こっちへ来い!」

恐れと怒りが入り交じった気持ちでハリーはゆっくりと足を階段から離し徹底的に磨き上げられた台所へと入って行ったというわけです。そこは表が暗かっただけに妙に現実離れしていて輝いていたというわけなんですよね。

叔母さんは真っ青でじっとりした顔のダドリーを椅子のほうへと連れて行きました。叔父さんは水切り籠の前に立って怪しむように目を細くしてハリーを睨みつけると脅すように「息子に何をした?」と訊いて来たのでした。

ハリーは「何にも」と答えながら叔父さんはどうせ信じないという事がはっきり判っていました。ついさっき7時のニュースが終わった時にも叔父さんはハリーの言う事を一切何も信じなかったという事があったばかりでした。

叔母さんもそうでした。叔母さんはダドリーの革ジャンの前をスポンジできれいに拭いながら声を震わせ「ダドちゃん。あの子が何をしたの?あれ。ねえ例のあれなの?あの子が使ったの?あの子のあれを?」と訊きました。

そう問われてダドリーはゆっくりとそしてびくびくしながら頷きました。それを見て取って叔母さんは喚き叔父さんは拳を振り上げました。そんな叔父さんに向かってハリーは「やってない!」と鋭く言いこうも言いました。

「僕はダドリーに何にもしていない。僕じゃない。あれは」

ちょうどその時コノハズクが台所の窓からサーッと入って来ました。

今日の最後に
ハリーとダーズリー夫妻の間には互いに相手の事を信じる信頼感が全くなくあるのは不信感と猜疑心だけです。そのためハリーもバーノン叔父さんのどちらも相手の事を一切信用する気持ちはないというわけなんですよね。

一方ダーズリー夫妻は息子ダドリーの事を溺愛していてハリーも呆れるほどの親馬鹿です。つまりは叔父さんにとっては息子ダドリーの言う事は誰の言う事よりも絶対でダドリーの言う事なら100%信用するというわけです。

だからハリーの主張とダドリーの主張のどちらを信じるのかと云えばそれは絶対に100%ダトリーのほうというわけなんですよね。ハリーもそれが判っているので関わりたくはなかったのですが関わる事になってしまいました。
Secret

TrackBackURL
→http://tokimekiboy.blog43.fc2.com/tb.php/2510-a092868e